ホーム > ナレッジ > 用語集 > Web制作用語集 > HTML用語集 > name属性

HTML用語集

name属性

name属性は、要素に名前を設定するための属性です。また、コントロールやアプレット、フレームなどの名前を設定する目的にも使用されます。

属性値に任意の文字列を指定することで、要素に名前を設定することができます。設定された名前はスタイルシートやスクリプト、ユーザーエージェントから要素を特定する際などに用いられます。

なお、XHTML 1.1では、a要素map要素にはname属性を設定することができなくなったため、代わりにid属性を使用する必要があります。

参考

HTML 4.01 Specification
7.4.4 Meta data
12.2 The A element
13.2 Including an image: the IMG element
13.3.2 Object initialization: the PARAM element
13.4 Including an applet: the APPLET element
13.6.1 Client-side image maps: the MAP and AREA elements
16.2.2 The FRAME element
17.3 The FORM element
17.4 The INPUT element
17.5 The BUTTON element
17.6 The SELECT, OPTGROUP, and OPTION elements

この属性が設定可能な要素

この属性が定義されているDTD

この属性がDTD内で定義されていることを○で示しています。

HTML 4.01 XHTML 1.0 XHTML 1.1
Strict Transitional Frameset Strict Transitional Frameset