INTERVIEW人を知る

CAREER INTERVIEW03 異業種からWeb業界へ、コピペからのスタート

UI開発者 K.M

業種からWeb業界に転職

ミツエーリンクスに転職する前は、大手飲料メーカーのルート営業として、3トントラックに乗ってスーパーや自動販売機など、担当のエリアを回るという日々を過ごしていました。今とはだいぶ異なる業種ですね!職場環境に不安があり、転職を考えだしたときに「これからはWebが来る!」と思い立ち、Web のスクールに入学して、HTMLやCSS、JavaScriptなどを一通り習いました。しかし、短い期間でしたので身に付くまでは至らず、「未経験」でも受け入れてくれそうな会社を中心に探していました。ミツエーリンクスも転職サイトで数社ヒットした中の1つでしたが、選んだのは本当に偶然で、まさに運命の出会いとなりました。

他社も応募していましたが、ミツエーリンクスの面接が一番和やかな雰囲気で、居心地のよさを感じたことを覚えています。しかし、同時に受けたスキルテストの結果は散々で、デザイナーは厳しいけれど、制作物の品質をチェックする部門で勉強しながらであればぜひとのことで、無事に採用になりました。実は、そこからさらに運がよく、入社直前に空きがでたということで、なんとデザイナー職で入社できることになったんです。でもスキルが… と伝えたら「人間性を買いました」といっていただけたことがとてもうれしく、安心して入社することができました。

入社3年でリーダー職に、マネジメントの道へ

配属先は運用部門で、サイトの初歩的な更新業務を担当することになったのですが、本当に当時は「コピペ」も知らないレベル(教えていただいたときは「作業が楽になる~!」と感激でした)で、先輩方にとても迷惑をかけたように思います。コピペにはじまり、1つ1つできることが増え、気がつけば2~3年の月日が流れ、その中で転機となったできことが2つありました。

 

入社当初は、デザイナーを志望していたのですが、担当したデザインに対してお客様からあまりよい反応がもらえず、向いてないのかな…悩み始めたときに出会ったのがFlashコンテンツです。「動き」や「間」を表現することに面白みを感じ、積極的に取り組むようになりました。その後は、スクリプトなども組めるようになり、進むべき道がデザイナーからマークアップエンジニアに変わりました。実務を通して、自分の得意分野に気づくことができたんです。

 

そしてもう1つは、入社して3年目にチームリーダーを任せていただいたことです。朝礼と夕礼を自主的に取り入れるなど、実務の傍らチーム運営に力を入れることも多くなりました。マネジメント業務が増えることで、Web制作技術を高めることに専念できなくなる不安はありましたが、得意分野に絞って能力を高めることに決めて、両立を目指しました。

クリエイティブディレクターの第一号に任命

現在は、運用部門のマネージャーとして、部門の人材育成や社内の稼働調整などに従事しながらも、プレイヤーとしては、最近新設された「クリエイティブディレクター」として日々の業務を行っています。

 

 基本的にミツエーリンクスの制作職は、お客様と接することが少ないのですが、クリエイティブディレクターは、ディレクターを介さずにお客様と直接コミュニケーションをとりながら、制作業務を行うといった職種になります。自分は、この職種の構想段階から携わっていて、概念や定義、役割など、ゼロから作っていきました。会社にない仕組みを作るという作業は大変でもありましたが、その分やりがいもあり楽しみながら取り組むことができました。現在、7名のクリエイティブディレクターが活動していますが、お客様とのコミュニケーションロスの軽減につながっていますし、とてもうまくいっています。

 

今後の目標は「文化」を創っていくこと

クリエイティブディレクターの初期導入を終え、課題なども見えてきました。今後は、今まで作り上げてきた「クリエイティブディレクター」のノウハウを社内に還元して、文化にしていくことが大きな目標です。制作職でもお客さまとコミュニケーションをとることが当たり前にできるように、今までディレクターが受けていた研修を制作向けにも実施するなど、すでに取り組みははじまっています。

それから、マネージャーとしての立場からは、もっとたくさん優秀な人材を輩出していきたいという思いがあります。今でもOJTで先輩が後輩を育てていますが、それをさらにすすめて、積極的に声をかけたり面倒をみたりなど自然に後輩のサポートをしている先輩の姿を見て後輩もそうなっていく、それを文化にしていきたいですね!