Smart Communication Design Company
ホーム > 採用情報 > スタッフ紹介 > 先輩からのメッセージ > フロント系 > Webディレクター

先輩からのメッセージ

クライアントとの関係構築が楽しいです。

2015年12月18日
Webディレクター
T.A.

入社の経緯

自分は周りの友人達から少し遅れて就職活動をスタート、業界希望も特に定まらず、どんな仕事が世の中にあるのかもよくわからないまま、情報収集や活動前準備が不足した状態でした。

就職サイトで見つけたミツエーリンクスの説明会に来た理由は、2日後に会社説明会が開催される予定でちょうどよかったから(笑)。もちろんWebサイトは日常的に使っていて制作業務に興味はあったのですが、この業界で働くことを強く希望していたわけではないまま、どうしてなのか内定まで進んでしまったんです。

大学では、応用生物科学科で大腸菌のDNAに別の遺伝子を組みこんで一晩培養して、増えた大腸菌を調べ、といったことをしていました。同じ学科の友人の多くは化粧品や食品関係に就職をするような環境です。Web制作の仕事は学校で勉強していたこととは全然違っていて、志望理由もうまく言えなかったのですが、会話の中でキラッと光るなにかを見出してもらえたのでしょうかね。

なにはともあれミツエーリンクスに内定をもらったので、その後は会社説明会でおやつがもらえる菓子メーカーに行ったり、乗馬クラブを運営する企業で乗馬体験をさせてもらったりして、楽しく就活をしていましたが、最後はやっぱりミツエーリンクスに決めました。自由な社風であることと、社内見学をしたときの社内の雰囲気が自分に合いそうだなと思えたことが決め手でしたね。

入社後の苦労

入社後は新入社員研修に参加しました。ミツエーリンクスでは、研修後に自分がすすみたい職種の希望を出すことができます。専門的なことを勉強してきた同期には、知識はとても及びません。自分はHTMLとは何かをぼんやり聞いたことがあるくらいの感覚で、デザインもできない、プログラムもわからないという状態でした。ディレクターが何をするのかもよくわからない状態ではありましたが、デザイナーもプログラマーも専門的な知識が必要だと思っていたので必然的に残ったWebディレクターという職種を志望しました(当時はデザイナー、コーダー、ディレクターの3つの職種のみ募集がありました。)。今思うと、学生時代にやってきたことに関わらず努力次第でどの職種もやらせてもらえる会社だと思います。

希望は通り、研修を経てWebディレクターとして配属されました。まずは先輩に同行して話をメモする議事録担当からスタート。大規模サイトのリニューアルを担当する上司のアシスタントをしてWeb制作の一連の流れを覚えつつ、2年上の先輩にマンツーマンで指導してもらいました。発注書の処理や検収・納品処理の流れ、クライアントとのやりとりなど、Webディレクターに必要なすべてを教わりました。初めてメインディレクターとして案件に関わったのは入社一年目くらいだったと思います。マンツーマンでついてくれた先輩とは今もよく遊んでいて、バンドを一緒にする仲間です。

「自分らしさ」が出せるように

4年目になったあたりから、クライアントとのコミュニケーションのとり方がわかってきて随分やりやすくなりました。先輩たちの姿を見て勉強してはきたのですが、自分らしさが出せるようになったと思います。冗談を言い合ったり、趣味の話をしたりとか、真面目に取り組みながらも徐々に距離を縮めて関係構築していくことも覚えてきました。電話越しでも笑いながら話してくれたりすると嬉しいんですよね。

社内のベテラン制作スタッフに、これでは制作できないなどと戻されたりしていたものも、調整の仕方を覚えてきたら楽に進められるようになってきました。一人立ちして自分らしさが出せたり、クライアントと関係構築できるようになるまではけっこう時間がかかったな、と思います。やっぱり、案件をうまく進めることができると自信につながりますし、毎年「大変だったなぁ」と思う案件がありますが、それを乗りこえると成長を実感できます。

Webディレクターのタイプとして、念入りにスケジュールをたてて進めるタイプと、最後に帳尻を合わせるタイプがあれば、自分は後者。そのやり方がクライアントや社内制作スタッフにマッチするかにもよると思いますし、本当は計画的に進めたほうがいいのでしょうけれど、案件を進めるうえではなにかしら問題は発生するので、そのときにどう解決するかはその時々で考えるほうが楽だし、面白いですね。

今の目標

6年目になり、売上を上げることと、後輩の指導をすることが役割として追加されてきました。いまは売上を伸ばしている時期で、売上に対する意識は高く持つようにしています。同僚に負けたくない気持ちで追いつけ追い越せという感じですし、後輩も伸びてきており負けていられません。

また、後輩の相談に乗ったり、外出同行に出ることがかなり増えていますね。いまはレスポンシブWebデザインやWebアクセシビリティなどもあって、以前より制作の難易度が上がっているので、自分が新人の頃とは違うかなと考えたり、自分の2、3年目がどんな感じだったかを思い出せず、後輩たちにどこまで求めていいのか考えたりして悩みます。

自分のメインの業務と後輩指導、バランスがなかなか難しいですが、これから後輩社員がどんどん仕事ができるようになって切磋琢磨しながら仕事を頑張れるといいかなと思います。

採用に関するお問い合わせ先

株式会社ミツエーリンクス
採用担当:新田
TEL:03-5937-2892
FAX:03-5937-9039
jinji@mitsue.co.jp