Smart Communication Design Company
ホーム > 会社情報 > CSRへの取り組み > 社会貢献活動 > 2006年~2008年

社会貢献活動

2006年~2008年

2008年10月1日 セーブ・ザ・チルドレンへ寄付

ミツエーリンクスは、セーブ・ザ・チルドレンへの寄付を行いました。
セーブ・ザ・チルドレンは、子どもの権利を守り、子どもたちがより良い生活を送ることができるようにすることを目的とした、子どもたちのための民間の国際援助団体(NGO)です。現在、世界で27カ国のそれぞれ独立した組織がパートナーを組み、世界最大のネットワークを活かして、120カ国以上で活動を展開しています。

2008年5月~ エコキャップ運動に参加

エコキャップ運動とは、ペットボトルのキャップを集めてリサイクルし、その収益で世界の子供にワクチンを届ける運動です。
弊社では、社内の数カ所にキャップ専用の収集箱を設置して、ペットボトルのキャップを収集しています。集めたキャップは、ワクチン寄贈団体を通じて、東南アジアなどの子どもたちにワクチンとして提供する予定です。

2008年5月27日 中国大地震救援金へ寄付

ミツエーリンクスは、日本赤十字社を通じて「中国大地震救援金」に寄付を行いました。本救援金は、2008年5月12日に発生した中国四川省の地震における被災者の救援活動に活用されます。

2008年5月27日 ミャンマー・サイクロン災害被災者救援金へ寄付

ミツエーリンクスは、日本赤十字社を通じて「ミャンマー・サイクロン災害被災者救援金」に寄付を行いました。本救援金は、2008年5月2日にミャンマー連邦を襲ったサイクロン災害における被災者の救援活動に活用されます。

2006~2011年度のCSR活動について

ミツエーリンクスは、2006~2011年度にかけて、エチオピアの首都に所在するアベベチ・ゴベナ孤児院への支援活動を展開いたします。つきましては、これまで定期的に実施してきた寄付等のCSR活動に関する経営資源をこの活動に集中していく所存です。

2006年4月11日 アベベチ・ゴベナ孤児院へ寄付

ミツエーリンクスは、エチオピアの首都に所在するアベベチ・ゴベナ孤児院を訪問し支援金を寄付いたしました。この孤児院では経済的な理由やAIDS/HIV感染により親を亡くした子供たちを受け入れ、シェルターと教育を無料で提供しているNGO団体です。現在約160名の孤児たちがこの施設で暮らしています。

また、敷地内には孤児院のほかにもクリニック、幼稚園、小中学校、職業訓練学校を設け子供たち、そして周辺地域の人々を助けるさまざまなプログラムを運営しております。

今後ミツエーリンクスではCSR活動の一環としてこの団体を5年間にわたって支援する計画を立てており、詳しい活動予定に関しては後日CSRサイトにて公開する予定です。

2006年1月5日 特定非営利活動法人カンボジアの教育を支える会へ寄付

ミツエーリンクスは、カンボジアの未来を担う子どもたちの教育を支えていくことを目的として、1999年に設立された団体、特定非営利活動法人カンボジアの教育を支える会への寄付を行いました。

カンボジアは今日、学校不足や教師不足などにより、教育に関して難しい問題を抱えています。カンボジアの教育を支える会はひとりでも多くの子どもに教育の機会を与え、充実した学校生活を送ってもらえるように、授業内容の提言や学校設備・授業備品のサポートなどを行っています。また、カンボジアと日本の国境を越えた交流事業を行い、子どもたちの相互理解を深め、世界観を広げる手助けもしています。