Smart Communication Design Company
ホーム > 会社情報 > CSRへの取り組み > CSRについての考え方

CSRについての考え方

CSRのテーマは「Symbiosis(共生)」

CSRとはCorporate Social Responsibilityの頭文字を取った略語で、企業の社会的責任を意味します。

21世紀の情報社会は、国境を越えた「地球村」の時代といえるでしょう。企業活動におけるグローバルスタンダードとは、新たなルールに基づく平等あるいは競争だと認識します。また経営資源の概念は、「人、もの、金」という時代から、「社会、環境、経済」と広範囲になります。これらをバランスよくコントロールしながら「共存、均衡、公正」を維持し、企業の持続的発展を考えなければならない時代が21世紀だと考えます。

私達のCSR(企業の社会的責任)の捉え方は、一企業の活動は地球規模に影響を及ぼし、同時に、地球上で発生している全ての事象は、一企業にも影響を受ける時代であることを前提に、基本ルールを守りながら企業活動することが、まわり回って企業の持続性を支えるというものです。

また、私達の時代がよければいいというだけでなく、後輩、さらに子孫の時代においても、彼らが「社会、環境、経済」の資源を必要と感じたとき、それを満たすことが可能でなければならないということを前提に、企業の「持続可能性」活動に励まなければならないと考えます。

さらに、企業および市場の成長には、透明性、バランス、公正さが不可欠であり、可能な限り国際標準の規格を取り入れ、継続的改善活動を実施することが、CSR(企業の社会的責任)の一歩であると考えます。

ミツエーリンクスでは、CSRの取り組みを、日本文化でもある「Symbiosis(共生)」を中心テーマとし、顧客、従業員、パートナー企業、求職者、地域社会、金融機関、行政など、当社と何らかの利害関係があるステークホルダーに対し、具体的かつ実効性のある配慮行動に努めております。

取り組みと関連方針

品質への取り組み

「お客様の生の声を聞き、それを真摯に受け止め、それによってサービスを変革し続ける」という精神で、日々業務の標準化や改善活動に取り組んでいます。

情報セキュリティ・個人情報保護への取り組み

インフォメーションインテグレータとして、情報セキュリティの確保を当社の重要な社会的責任として捉え、情報資産を適正に扱うポリシーを定義し、運用しています。

公正な事業活動・人材育成への取り組み

コンプライアンス・ガイドラインを策定し、コンプライアンス意識の向上を図るとともに、風通しの良い企業風土づくりに努めています。

CSR関連方針