Smart Communication Design Company
ホーム > サービス > システム開発 > CMS構築 > CMS構築ツール(SITE PUBLIS)

CMS構築ツール(SITE PUBLIS)

概要

SITE PUBLISとは

SITE PUBLISは、ドラッグ&ドロップの直感的な操作性と、承認ワークフロー、コンテンツの世代管理、権限設定、操作ログ分析など、企業サイトの運営に必要な機能を標準搭載したエンタープライズ向けの商用CMSです。また、大規模組織・高負荷な大規模サイトでの導入実績も豊富な動的配信型のCMSです。

特長

ブロック方式による簡単で柔軟なコンテンツ編集

SITE PUBLISはWebページの構成要素をブロック単位で管理するブロック型のCMSです。ドラッグ&ドロップの直感的な操作で、様々な機能を持ったブロックを自由に追加、削除、編集が可能です。またドラッグ&ドロップで好きな場所へ自由にブロックを移動できるため、HTMLなどの専門的な知識なしに簡単にWebページのレイアウトを変更することができます。

複数サイト運営の共通基盤としてスケール可能なエンタープライズ向けCMS

SITE PUBLISをWebサイト運営の共通基盤として、企業内で管理する複数のWebサイトを「集約」することで、横断的で組織的なマーケティング施策の実現や、サーバインフラの統合・Webコンテンツ資産の共有によるコスト削減など、より戦略的な企業のWeb活用をサポートします。また、企業内の他システムとのデータ連携機能開発など、SITE PUBLISをWebプレゼンテーション層の開発フレームワークとして活用することで、短期間で高品質な機能拡張が可能です。

国産商用CMSゆえの確かな品質と実績

SITE PUBLISは、CMS専業メーカーにより製造・サポートされる国産の商用CMSです。国内事情に合わせた時々のトレンドを取り込みながらバージョンを重ね現在も進化を続けています。2000年に開発スタートし10年を超える歴史を持ち、2014年には新たに編集機能などのインターフェースを全面刷新したSITE PUBLIS4シリーズがリリースされました。

詳細

ミツエーリンクスの導入アプローチ

SITE PUBLISに限らずCMS製品による数多くのサイト構築経験で培ったノウハウをベースとして、SITE PUBLISの特性を活かした「企業サイト運営基盤」の構築をサポートします。ミツエーリンクスでは、組織的な日々の改善や効果が求められる企業サイトにおいてはCMS導入後の運用フェーズこそが重要との考えから「運用ファースト」を標榜し、企業サイト運営の「インフラとしてのCMS導入」をサポートします。

SITE PUBLISその他の特性

他にも高度な企業サイト運営を支援する次のような仕組みを備えています。

プラグインによる機能追加・拡張

無料プラグイン、プラグイン開発による機能拡張・追加が可能。内蔵されるWebアプリケーション開発フレームワークを利用した、より高度なアプリケーション開発にも対応。

編集用サーバと公開用サーバの分離

SITE PUBLISを稼働させるサーバ構成を編集用サーバと公開用サーバに分離した、よりセキュアで高パフォーマンスな構成にも対応可能。

LDAP連携オプション

SITE PUBLIS管理ユーザーの、LDAP連携による他システムとのログイン環境の一元管理にも対応可能。

マルチデバイス対応

PC、スマートフォン、タブレットなどデバイスの違いによって、表示を切り替えることができ、各デバイスに最適化したコンテンツ配信が可能。Webページ内の表示ブロック単位での出しわけにも対応。

多言語対応

サイト運営者が利用する編集サーバの管理画面は日本語・英語の切替えに対応。

Pick Up