Smart Communication Design Company
ホーム > サービス > システム開発 > 音声AIチャネル創出プログラム for Amazon Echo

音声AIチャネル創出プログラム for Amazon Echo

Amazon Alexaとコンテンツ資産を活用した、音声対話による新たな顧客接点(Tech-Touch)創出を、企業さまと「共」に「創」る、共創プログラム

国内でも「Amazon Echo」をはじめとするスマートスピーカーが相次いで発売されました。今後、音声インターフェース「Voice User Interface(VUI)」を搭載したデバイスが急速に普及し、あらゆるものが音声で操作可能になる「音声インターフェース時代」の到来が予想されます。企業においては、来るべき 音声インターフェース時代 に向けた準備が必要です。

本プログラムは、クラウドベースの音声サービス「Amazon Alexa」と、企業さまが保有する「コンテンツ資産(データ)」をAPI化して組み合わせることで、スマートスピーカーを利用した、企業とそのお客さまとの音声対話による接点、デジタルチャネル「Tech-Touch(テックタッチ)」の創出を、企業さまと「共」に「創」る、共創プログラムです。

このような新しいユーザー体験(ボイスエクスペリエンス)の創出を一緒に推進していただける企業さまをお待ちしております。

音声UIからタスク依頼し、クラウドベースの音声サービス(Amazon Alexa)を経由してAPIサーバー(ミツエーリンクス提供APIサービス on AWS)がデータを検索して応答する。ユーザーとAmazon EchoはHome / Office Networkに接続されており、クラウドベースの音声サービスとAPIサーバーはInternet上にある。

Amazon Echo、Amazon Alexaとは

Amazon Alexa とは?

Alexa – Amazon Echoを支える頭脳

Amazon Echoを支える頭脳であるAlexaは、クラウドに構築され、常に進化し、賢くなっています。Alexaに話しかけるだけで、音楽の再生、ニュースやスケジュールの読み上げ、タイマーやアラームのセット、プロ野球や大相撲などスポーツ結果の確認など、日常のさまざまな場面で役に立ちます。Echoの遠隔音声コントロール技術により、部屋中のさまざまな場所からでも、話しかけるだけで、これらのすべてを行うことができます。

Amazon Echo とは?

Amazon Echo – ハンズフリーで利用が可能、いつでも待機、直ぐに反応

Echoは、音声による操作で、常にハンズフリーで利用でき、いつでも反応します。お客様が部屋のさまざまなところから声をかけ、各種の情報や音楽の再生、ニュース、天気などの情報を求めると、Alexaが直ぐに対応します。Echoは、遠隔音声認識技術と7つのマイクアレイにより、部屋中のさまざまなところから発せられる音声を明確に聞き取ります。また、それぞれのマイクの信号を合成する先進のビームフォーミング技術により、ノイズや反響音、さらには音声指示以外の話し声さえも抑制します。Echoの先進的なオーディオデザインには、専用のツイーター、2.5インチ ダウンファイアーウーファーを組み合わせ、部屋全体に鮮明なボーカルとダイナミックな低音レスポンスを実現するDolbyプロセッシングが採用されています。

サービス概要

次のような課題をお持ちの企業さまと一緒に、企業のコミュニケーションチャネルにおけるデジタルシフト推進に貢献します。

  • 今後、音声検索、音声インターフェース(VUI)が一般に普及した際に、自社のサービス・製品を消費者にどう伝えコミュニケーションしていくべきか、後追いにならないために、導入最初期である今から準備しておきたい(PoCしたい)
  • 音声検索、音声インターフェース(VUI)の黎明期に、先行事例を発信することで、注目を集めたい、広告宣伝効果を狙いたい

サービス特長

本プログラムに参加いただくことで、企業さまは次のようなベネフィットが得られます。

本プログラムのベネフィット

新しいデジタルチャネル創出による先進性のアピール

音声インターフェース(VUI)の黎明期に、先導的事例を発信することで、組織内や業界内にコミュニケーションチャネルにおけるデジタルシフトの取り組みをアピールすることができます。

コンテンツ資産API化によるチャネル創出の促進

自社が保有するコンテンツ資産(データ)を構造化しAPI化することで、より早く柔軟に、音声インターフェース(VUI)に限定されない、新たな顧客接点(テックタッチ)創出の可能性を切り拓くことができます。

プロジェクト実行のアウトソース

APIサーバーの構築から運用保守(マネージドサービス)、Alexaスキル開発・公開申請支援、Alexaスキルホスティングなど、プロジェクト実行に必要な業務をアウトソースいただけます。

サービス詳細

Amazonが提供するクラウドベースの音声サービス「Amazon Alexa」、AWS(Amazon Web Services、アマゾン ウェブ サービス)が提供する「Amazon AI」ソリューションを活用した、各種ITサービスの提供を通じて、企業さまの「PoC(Proof of Concept)プロジェクト」を支援します。

各種ITサービス(例)

  • コンテンツデータ(構造化データ)のAPI公開支援
  • APIサーバーの構築支援
  • APIサーバーの運用・保守支援(マネージドサービス)
  • APIを活用した、Alexaに対応したスキル開発支援
  • Alexaスキル公開支援(申請準備、認定申請)
  • Alexaスキル ホスティングサービス提供

プログラム参加要件

本プログラムでは、次のような参加要件を満たし、デジタルチャネル創出のベータテストを一緒に推進いただける企業さまをお待ちしております。

  • 音声インターフェース(VUI)向けに使用可能な独自の“コンテンツ資産(データ)”を保有されていて、コンテンツ資産をご提供いただけること
  • Alexaスキル公開時など、本プログラムを通じて得た成果物・実績について、共同もしくは相互にプレスリリースを実施いただけること
  • 本プログラムを通じて得た成果物やノウハウの共同利用に賛同いただけること
  • 2020年を越えて、新しいデジタルチャネル「Tech-Touch(テックタッチ)」創出に主体的に取り組む体制をご提供いただけること

お問い合わせ

本プログラムへの参加を具体的にご検討いただける企業さまは、「お問い合わせ・ご相談フォーム」よりご相談ください。なお、恐れ入りますが、従前の参加要件を満たせない場合や、Alexaスキル開発のみのご依頼、高いSLAが要求されるミッションクリティカルな事案などにつきましては、ただ今のところ対象外とさせていただきます。

Pick Up