Smart Communication Design Company
ホーム > サービス > ユーザビリティ

ユーザビリティ

“使いやすさ”は前提条件となり、これからはエクスペリエンス(認知体験)の最大化が求められる時代に

ユーザーエクスペリエンスの追求と最大化が、 メディアとしての価値を最大化する

useful(役に立つ)、usable(使いやすい)、valuable(価値がある)、desirable(好ましい)、findable(見つけやすい)、credible(信頼できる)、accessible(アクセスしやすい)

Webサイトは「ユーザビリティ」から「ユーザーエクスペリエンス(UX)」へ

「ユーザビリティ」とは、ユーザーが所定の目的を効率よく達成できることを阻害する要因を取り除く考え方です。

一方で「ユーザーエクスペリエンス」は、さらにユーザーの認知体験、例えば"楽しかった"、"心地よかった"、"興味をひかれた"、なども含む概念です。

近年では、「ユーザビリティ」の認知拡大と共に、多くのWebサイトがその考え方を取り入れるようになり、さらに上を目指していくためには、「ユーザーエクスペリエンス(UX)」を最大化すべきという考え方にシフトしてきています。

「ユーザーエクスペリエンスデザイン」という考え方

ユーザーエクスペリエンスの優れたWebサイトをデザインするためには、 ユーザーの要求を調査によって明らかにし、さらに、作り上げたものを評価していくという、一連のサイクルを回していくことが重要であると言われています。このデザイン手法は、「ユーザーエクスペリエンスデザイン」と呼ばれており、ISO 9241-210にも規定されています。

情報端末の多様化に伴ってUX技術が変われば、ユーザーも変わる

近年ではスマートフォンやタブレット端末の登場により、情報端末の多様化やユーザーのWebサイト閲覧状況、つまりは、ユーザーの生活をも変化させています。

それによって、Webサイトに求められるユーザーエクスペリエンスの最適化がさらに重要となってきています。

ミツエーリンクスのアプローチ

人間中心設計のサイクル。ユーザーを中心に置いた調査、設計、評価を行う。

Webサイトのユーザーエクスペリエンスを最大化するための各種手法をご提供いたします

ユーザーのニーズに最も適した情報設計およびインタフェースの設計を行うため、

  • ユーザー調査とユーザビリティ評価を専任とするユーザビリティエンジニア
  • Webサイトの振る舞いを構想・定義するインタラクションデザイナー

といった、「調査・評価者」「設計者」を擁する体制で、独自のノウハウや客観的な調査結果に基づき、具体的な改善施策をご提案します。

ユーザビリティサービス一覧

アプリケーションUIデザイン
ターゲットユーザーのゴール達成を最大限に支援するアプリケーションのUIをデザイン
Webユーザビリティテスト
サイトに潜むユーザビリティ上の問題点やユーザーのニーズを客観的な事実として導き出す
アイトラッキング分析 / スマートフォン・タブレット端末向けユーザビリティテスト
リモート・ユーザビリティテスト
「質」と「量」を兼ね備えたまったく新しいユーザーエクスペリエンス調査
エキスパートレビュー
Webサイトの「使いやすさ」を専任のアナリストが客観的に評価、実践的な知見に基づいた具体的な改善施策を提案
入力フォーム最適化(EFO)
ユーザーテストスタジオ レンタル
ユーザビリティテストやユーザー調査の実施に利用できる専用施設・機材を完備したテストスタジオ
ユーザー調査
行動観察を重視するコンテキスチュアル・インクワイアリー法によりWebサイトに対するユーザーの潜在的な要求を抽出
ペルソナ・シナリオ作成 / グローバルユーザー調査
UXデザインワークショップ開催
ユーザー中心設計という文化を組織に定着させる足掛かりとなる、ユーザーエクスペリエンスデザイン体験の場を提供

Pick Up