Smart Communication Design Company
ホーム > スペシャル > 障害者差別解消法に対応!これから取り組むWebアクセシビリティ

障害者差別解消法に対応!これから取り組むWebアクセシビリティ

2016年4月1日、障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律、いわゆる障害者差別解消法が施行されました。これは、国連の「障害者の権利に関する条約」に日本が批准する一環として整備された国内法です。

障害者差別解消法は、障害を理由とした不当な差別を禁止し、障害者への合理的配慮の提供を義務付け、またそのための環境整備を求めています。この法律の対象分野は、日常生活および社会生活全般にかかわる分野と幅広く、中にはWebサイトも含まれます。

Webサイトで公開するコンテンツのアクセシビリティを確保、維持、向上させることは、単に障害者差別解消法に対応するのみならず、高齢者・障害者を含め多様な訪問者が、より多様な使い方、例えばさまざまなデバイスでもって利用可能にすることにも繋がります。

ミツエーリンクスでは、障害者差別解消法への対応に止まることのない、より優れたユーザー体験を提供しWebサイトの機会・価値・信頼を最大化するための、さまざまなアクセシビリティ関連サービスをご提供しています。

Webサイトのアクセシビリティを継続的に維持・向上させる豊富なサービス

1. 現状把握

アクセシビリティ ユーザーテスト実施中の様子

既に運用中のWebサイトをお持ちであれば、まずは現状把握の実施をお勧めします。特別アクセシビリティに注力されてこなかったとしても、Webの特性上、ある程度のアクセシビリティは確保できているもの。具体的にどれくらい確保できているか、逆に確保できていないかを確認し、以後のアクセシビリティ対応の方針策定に向けた材料とするのです。そこでご利用いただきたいのが、Webアクセシビリティ診断サービス。必要に応じ、視覚障害当事者がスクリーン・リーダーを使い、音声での読み上げ確認を行うスクリーン・リーダー テストや、アクセシビリティ ユーザーテストもご検討ください。

2. 方針策定

現状把握を実施したら、その結果を踏まえて、Webアクセシビリティに特化したサイトの運営方針を策定します。既存のWebサイトが存在せず、新規に構築する場合であれば、この方針策定からWebアクセシビリティへの取組みをスタートさせることになります。

Webアクセシビリティは、もちろん高ければ高いほど望ましいと言えますが、しかし実現不可能な目標、方針を掲げてしまっては「絵に描いた餅」です。Webアクセシビリティ コンサルティングサービスをご利用いただき、サイト固有のポリシーやKPI、運営体制、予算などを踏まえ、より現実的で達成可能な方針を、適切に策定しましょう。

3. 新規サイト構築/既存サイトリニューアル

策定したアクセシビリティ方針に従い、新規にWebサイトを構築、ないし既存のWebサイトをリニューアルするには、Webアクセシビリティ 構築支援サービスをご利用ください。多くの場合、国際的に利用されているWebコンテンツのアクセシビリティガイドラインであるWCAG 2.0や、また2016年3月の改正でWCAG 2.0と一致規格となったJIS X 8341-3に準拠して構築、ないしリニューアルすることになります。

特定の技術分野に紐付いたアクセシビリティ対応に関するサービスも、各種取り揃えています。

4. サイト運用支援/Webアクセシビリティ監査(試験)

新規にサイトを構築、ないし既存サイトをリニューアルした直後にだけ、Webアクセシビリティが確保されているようでは、対応としては不十分。その後の運用を通じ、追加ないし更新されるコンテンツについても、固有の方針に従ってWebアクセシビリティを確保できるよう、継続的な取り組みが必要となります。

Webアクセシビリティ運用支援サービスでは、まさにその運用を通じてのアクセシビリティの維持、向上のための各種施策をご提供しています。大規模サイトであれば特に、アクセシビリティ品質の監査を効率的に実現可能なアクセシビリティチェックツール(WorldSpace Comply)の活用をご提案します。

アクセシビリティチェックツール(WorldSpace Comply)の操作画面

5. デザインガイドラインの制作・更新ほか

Webサイトを構成するさまざまなUI部品(「モジュール」)がガイドラインによって管理されることを示す概念図

方針策定の項でご紹介したWebアクセシビリティ コンサルティングでも、アクセシビリティに関するガイドラインの制作をご提供していますが、より広く包括的にWebサイトのデザインルールを文書化し、共有のうえ遵守可能にしたいというお客様には、デザインガイドライン制作を承ります。合わせて、サイトガバナンスの強化、そのための体制整備といったご相談にも柔軟に対応します。

出張アクセシビリティセミナーの模様

また、Webサイトの運用に携わる方々に向け教育や研修の実施、トレーニングの支援なども提供しています。出張アクセシビリティセミナーはその一例であり、Webアクセシビリティがなぜ重要か、またどうすれば確保できるのか、具体的に既存コンテンツを題材として解説します。