ホーム > ナレッジ > 用語集 > Web「経営革新ツール」用語集 > マネジメントシステム用語集 > オブザベーション(観察事項)

マネジメントシステム用語集

オブザベーション(観察事項)

オブザベーション(観察事項)とは、マネジメントシステムの内部監査、第三者審査における不適合の結果の度合いの中でも最も軽微な指摘です。「マネジメントシステムの計画が存在し実施もしているが、こういう風にしたらもっとよくなる」などの提案的な内容を指摘するために使われます。マイナー不適合とメジャー不適合は、即是正の対象となるのに対し、オブザーベーション指摘事項は、採用するかどうかを組織が判断することができます。