Smart Communication Design Company
ホーム > 会社情報 > CSRへの取り組み > 社会貢献活動

社会貢献活動

ミツエーリンクスは「心は形を求め、形は心をすすめる」の精神をもって社会に貢献していきたいと考えています。私達がおこなっている活動をご紹介します。

2015年~

2016年7月1日 公益財団法人 スペシャルオリンピックス日本へ寄付

ミツエーリンクスは、公益財団法人 スペシャルオリンピックス日本へ寄付をおこないました。スペシャルオリンピックスとは、知的障害のある人たちに様々なスポーツトレーニングとその成果の発表の場である競技会を、年間を通じ提供している国際的なスポーツ組織です。スペシャルオリンピックスは非営利活動で、運営はボランティアと善意の寄付によっておこなわれており、寄付金はスペシャルオリンピックスの運営に使われるということです。

2016年4月19日 平成28年熊本地震災害義援金へ寄付

ミツエーリンクスは、日本赤十字社を通じて、平成28年熊本地震災害義援金への寄付を行いました。
義援金は、被災地に設置された義援金配分委員会を通じて、全額が被災された皆様に届くということです。

被災されたみなさまには、心よりお見舞い申しあげます。

2016年4月8日 国境なき医師団へ寄付

ミツエーリンクスは、国境なき医師団への寄付を行いました。

国境なき医師団(Médecins Sans Frontières=MSF)は、 中立・独立・公平な立場で医療・人道援助活動を行う民間・非営利の国際団体です。紛争や自然災害の被害者や、貧困などさまざまな理由で保健医療サービスを受けられない人びとなどの緊急性の高い医療ニーズに応えることを目的としています。

2016年1月22日 認定NPO法人国境なき子どもたち(KnK)へ寄付

ミツエーリンクスは、認定NPO法人国境なき子どもたち(KnK)へ寄付を行いました。

世界の、主に他の援助機関による支援の枠から外れがちな子どもたちに対し、適切な職業に就き、地域社会の一員として尊厳ある人生を歩めるよう、教育や職業訓練を提供するために使われます。

2015年10月8日 赤い羽根共同募金を通じて、台風第18号による災害義援金を募集している自治体へ寄付

平成27年9月、台風18号等による記録的な雨が降り大きな被害が生じたため、宮城県(大崎市、大和町)、茨城県(古河市Koga City、常総市等)、栃木県(鹿沼市、小山市等)に災害救助法が適用されました。
被災された皆さまには心よりお見舞い申し上げます。

ミツエーリンクスは、赤い羽根共同募金を通じて平成27年台風第18号による大雨等災害義援金を募集している自治体へ寄付を行いました。
義援金は、被災状況に応じて中央共同募金会が被災県に全額を送金され、その後、各県で構成される義援金配分委員会を通じて被災者に配分されるということです。

2015年7月3日 ユニセフ(国際連合児童基金)へ寄付

ミツエーリンクスは、公益財団法人日本ユニセフ協会を通じてユニセフへ寄付を行いました。

寄付金は、ユニセフの活動を通じて、世界190以上の国と地域で子どもたちの生存と健やかな成長を守るために、保健、栄養、水と衛生、教育、子どもの保護などの分野で役立てられます。

2015年5月8日 公益社団法人 企業メセナ協議会へ寄付

ミツエーリンクスは、公益社団法人 企業メセナ協議会 への寄付を行いました。
企業メセナ協議会は、企業による芸術文化支援(メセナ)活動の活性化を目的に1990年に設立された、日本で唯一のメセナ専門の中間支援機関です。企業メセナの社会的意義を発信し、文化振興の基盤を整備するために、調査研究、顕彰、助成、情報誌の発行、コンサルティング、国際交流等の事業を多面的に行われています。

2015年1月9日 国際NGOルーム・トゥ・リードへ寄付

ミツエーリンクスは、国際NGOルーム・トゥ・リードへの寄付を行いました。
ルーム・トゥ・リードは「子どもの教育が世界を変える」という信念のもと、質の高い教育によって全ての子どもが自己の能力を活かし、地域社会、そして世界に貢献することができるような世界の創造を目指し、活動されています。