Smart Communication Design Company
ホーム > 実績紹介 > ピックアップ > NRIシステムテクノ様 発足5周年記念ムービーの制作

変化を目に見える形に、インナーブランディングの醸成に貢献 NRIシステムテクノ様 発足5周年記念ムービーの制作

NRIシステムテクノ様の「発足5周年記念ムービー」の制作を当社の映像・サウンド部門のスタッフがお手伝いさせていただきました。

動画の制作目的と当社のアプローチ

動画制作の目的

発足からの軌跡をムービーという目に見える形にすることで、社員が会社の変化を実感し、今後に向け思いを新たにするきっかけとしたい

当社の提案プラン

お客様の原案、脚本を「どう撮るか」。最適な撮影プランをご提案

お客様は、発足からの軌跡を形にするために、疾走感のある映像とそれに寄り添う音楽を求められており、それには明確なイメージがありました。お客様の原案、脚本をもとに、当社からは絵コンテの展開案や撮影方法、使用機材などについて専門的な知見からアドバイスをさせていただき、実現したいイメージの映像化がスタートしました。

「疾走感」を表現するための楽曲もオリジナルで制作

動画に使用している楽曲は、お客様が持つ音を表現するために当社のBGM制作担当スタッフがオリジナルで作曲を行いました。映像の展開に合わせながら、ベースの音楽でさわやかな疾走感、テンポで心の動きを表現しています。お客様には収録スタジオに何度も足を運んでいただき、二人三脚で作り上げていきました。

5年間の軌跡を形にするために、1年ごとにその年の象徴的な取り組みを差し込んでいます。社員が会社に向けて走る姿は、5年間の変革への思い、心の動きとシンクロさせた表現となっています。撮影は、お客様の監修の下、オフィスがある周辺の地域で行いました。
登場する女性が手に持つパスポートは社員のみなさまへの隠されたメッセージになっています。

お客さまの声

NRIシステムテクノのご担当者様にお話を伺いました。

  • NRIシステムテクノ株式会社
    管理本部副本部長 兼 経営企画部長
    松尾 様

会社の「走り抜けた5年間の軌跡」を形にしたい

どのような経緯でムービーの制作を考えられたのでしょうか?

NRIシステムテクノ(以下NST)は、2012年に株式会社野村総合研究所の資本を受け入れ、そのグループ企業として新たにスタートし、今回のムービーはその5周年を記念して企画したものです。発足以前、当社はIT会社として中長期的に成長を果たしていく上での課題を抱えており、この解決に向けて変革を推進し実現することが、当社が新たなスタートを切る目的そのものでした。この5年間、たくさんの社員が自分を変えよう、会社を変えようと様々なチャレンジに挑みました。本当に走り抜けた5年間でした。この5年間の変化をはっきりと意識するために、そしてこれからも続く変革を最後まで走り抜けるために、この5年間を目に見えるもの、形にあるものにして、社員の心の傍においておきたいという思いがありました。数あるコンテンツの中からムービーという媒体を選んだのは、2年前に会社紹介をムービーで作成した際、得られた効果が予想以上でその訴求力の高さをあらためて認識し、今回の目的にも非常にマッチすると考えたからです。

ミツエーリンクスを選定いただいた理由について

動画制作は、「何を作りたいか」ということと「どう作るか」ということかと思います。まず、「何を作りたいか」は、制作を依頼する前にわたくしの方で原案・脚本を用意し、各社には「どう作るか」のご提案をお願いしました。

その中で、ミツエーリンクスを選定したのは、過去に一度動画の制作をお手伝いいただいた実績があったこと。それから、原案の内容をとても理解し寄り添ってくださり、どうイメージを実現していくかにあたっての提案がどれも具体的で、懸念がありそうな部分に対し、的を射たご意見をいただいたところに、プロの仕事を感じたからです。

「作ろうと思ったものができたときが完成」というプロ意識が当たり前にある

スタッフの対応、印象はいかがでしたでしょうか?

ミツエーリンクスのスタッフのみなさまは、当たり前のように「プロの仕事」をきちんとやってくださるという印象があります。このムービーの原案は、ジョン・レノンの「Starting Over」に着想を得たもので、ムービーのタイトルになっています。同曲をBGMとして使用したかったのですが、権利処理に課題があり、オリジナルで楽曲を制作することを選択肢の1つとしてご提案いただきました。

オリジナルの楽曲制作は、ギャンブルではありましたが、この原案の狙いを成立させるにはこれしかないと思い、お願いをし、何度もスタジオに入り、お打ち合わせをしながらともに作り上げていきました。一方、並行して映像も、表現のトーンと疾走感を研ぎ澄ませていく作業をともに続けました。場面変換の前に入れる効果音を1つ完成させるのに1週間かかったこともありました。

作ろうと思ったものができたときが完成という、プロとしての当たり前の意識を持って取り組んでくださっていることを実感した瞬間でした。

動画の持つ説得力をあらためて実感

動画の公開後の効果はいかがでしたでしょうか?

制作したムービーは、横浜のホテルで開催した5周年記念のパーティーのオープニングで上映しました。社員には初披露の場であり、上映後は質問攻めに合うなど、たくさんの反響がありました。

後日、当社のある中堅社員が、(退社した社員も参加する)同期会でムービーの上映をしたところ、「NSTになる前にはこんなこと思いもつかなかった」、「会社が変わったことを実感した」という感想が口々に聞かれたそうです。それから主に若手の社員からなのですが、「両親に見せたいので、会社のホームページにはいつ載るか教えてください」いう問い合わせがたくさんありました。このムービーは社員向けに作ったものではありますが、ご家族やさらにはこれから当社に就職を希望される学生の方にも、見てもらいたいという思いもありましたので、大変にうれしい反応でしたね。

やはり、何百の言葉よりも映像には説得力があるとあらためて感じることができましたし、今後も会社を紹介する媒体としてムービーは積極的に活用していきたいと考えています。

案件基本情報

クライアント企業様
NRIシステムテクノ株式会社
導入サービス
映像制作/音声制作
プロジェクトスタッフ
BGM制作担当:浦
制作当初より、細部にいたるまで明確なビジョンをお持ちでしたので、イメージのすり合せや、デモの修正にじっくり時間をかけることができました。ハードルが高かっただけに、応えることができてとてもうれしく思います。