Smart Communication Design Company
ホーム > ニュース > ニュースリリース > 「倫理法令遵守マネジメント・システム規格 ECS2000」を日本初で導入
2002年11月28日

「インフォメーション・インテグレータ」のミツエーリンクス、
「倫理法令遵守マネジメント・システム規格 ECS2000」を日本初で導入

株式会社ミツエーリンクス(東京都中野区 代表取締役・髙橋 仁 以下ミツエーリンクス)は、企業倫理やコンプライアンス に関する「倫理法令遵守マネジメント・システム規格 ECS2000」を日本で初めて導入致しました。

株式会社ミツエーリンクスでは、21世紀型企業のキーワードといわれる企業倫理・社会的責任のマネジメントシステムECS2000を採用し、1年前から着手、構築・運用を経て自己宣言致しました。
世界の市場は本格的なグローバリゼーションの時代を迎え、企業は一層の誠実さと透明性を求められています。弊社は、ECS2000の活動を通じて、不正な取引や良心に反する企業活動を事前に防ぐための自浄メカニズムと主体的改善メカニズムを社内に持ち、公正かつ責任あるビジネスを実践することを目指します。

また、ミツエーリンクスは、開発するコンテンツ・システムに関して、設計段階から考慮すべき法的規制を定義し、法的リスクの少ないビジネスプロセスを構築して参ります。

株式会社ミツエーリンクスについて

ミツエーリンクスは、1990年というIT分野の黎明期ともいえる時期から、ITビジネス支援事業としてデジタルコンテンツを中心としたユニークなサービスを供給、現在数多くの実績を誇る国内屈指の「インフォメーション・インテグレータ」です。企業に求められる様々な要件について、顧客企業様の経営戦略に基くコンサルティング、マーケティング、分析、プランニング、設計・構造化、デザイン、制作、大規模アプリケーション開発、顧客コミュニケーションの計画・展開、およびサイトの運用・保守にいたる包括的なサービスを提供しています。これらのサービスはユニークで独創的な方法論に基づいて提供され、これにより全てのサービスを有機的に統合、一貫性を保持したプロジェクト・マネジメント、プロジェクト・リスクマネジメント、ユザビリティ・マネジメントを実現可能にしています。

また、ミツエーリンクスは、品質マネジメントの国際規格ISO9001認証取得/環境マネジメントシステムの国際規格ISO14001認証取得/苦情対応マネジメント規格JIS Z 9920(ISO10002)準拠/情報セキュリティ管理の英国規格BS7799認証取得/情報セキュリティ管理の適合性評価制度ISMS認証取得/コンプライアンスマネジメント規格ECS2000準拠等/人間中心設計(ユーザビリティ)の国際規格ISO13407準拠等、日本は元より世界最大級のプロセスマネジメントにおける国際規格保有企業です。

弊社についての詳細は 以下のWebサイトよりご覧頂けます。

  • ミツエーリンクスWebサイト:http://www.mitsue.co.jp/
  • ECS2000の詳細ページ:http://www.mitsue.co.jp/company/management/2000.html

〔商標〕
記載されている会社名、製品名等の固有名詞は、各社の登録商標または商標です。