2014年5月16日 弊社スタッフがCG-ARTS協会 Webデザイナー検定の文部科学大臣賞を受賞

弊社スタッフが、公益財団法人 画像情報教育振興協会(CG-ARTS協会)が主催するCG-ARTS検定「Webデザイナー検定 エキスパート」2013年前期において、最も優秀な成績を修めた者に授与される「文部科学大臣奨励賞 個人賞」を受賞いたしましたので、お知らせします。

弊社では新卒研修の一環としてすべての新入社員が「Webデザイナー検定 エキスパート」を受験しています。
受賞したのは2013年度新卒入社のスタッフで、現在はマークアップエンジニアとして活躍しています。

CG-ARTS協会とは

CG-ARTS協会は、コンピュータを利用した画像情報分野の人材育成と文化振興の一翼を担うべく1991年に設立された公益財団法人です。画像情報に関連する産業や文化の新たな誕生とその成長に貢献するため、「人材育成」「文化振興」を柱にさまざまな活動をおこなっています。

Webデザイナー検定とは

CG-ARTS協会では、画像を中心とした情報分野のスキルアップを図る5つの検定試験を実施しています。「Webデザイナー検定」は、そのうちコンセプトから運用まで「Web制作」の知識の習得を評価する検定です。各種Webサイトのデザインにおいて、一定の条件(コンセプト・日程・予算など)のもとに、コンセプトメイキング・制作・テスト・評価・運用を行うための、知識や技術が求められます。

弊社は、Webデザイナー検定の教育内容を推奨しています。