Smart Communication Design Company
ホーム > ニュース > お知らせ > 「MTDDC Meetup TOKYO 2016」に当社スタッフが登壇
2016年10月18日

「MTDDC Meetup TOKYO 2016」に当社スタッフが登壇

2016年11月12日に催される「MTDDC Meetup TOKYO 2016」に、当社スタッフが登壇いたします。

イベント
MTDDC Meetup TOKYO 2016
日時
2016年11月12日(土)11:00〜20:00(開場 10:30)
会場
コワーキングスペースMONO(お台場テレコムセンター)
参加費
早割:2,000円(1名)、一般:3,000円(1名)

当社スタッフのセッション1

登壇者
取締役 藤田 拓
タイトル
WordPressとDrupalの頭痛がするほどすごいところ ~海外CMSと国産CMSの顕著な違いについて~
時間
14:10~14:50
会場
Room B
概要
各統計ではWordPressとDrupalの世界的シェアは圧倒的です。しかし、WordPressはまだしもDrupalは日本でまだまだメジャーではありません。CMSのシェアは国ごとで違います。日本では国産CMSが強いというのは当然のことでしょう。
では、世界的なシェアというのは参考にならないのでしょうか?いえ、そんなことはありません。日本国内ターゲットのCMSでは見られない様々な特徴があるのです。
今回は多言語対応やマーケティング対応を含めたその拡張性、コミュニティ等を取り上げ、その2大CMSのすごい特徴をご紹介したいと思います。

当社スタッフのセッション2

登壇者
取締役社長 兼 CTO 木達 一仁
タイトル
今さら聞けない!?Webアクセシビリティに取り組む理由
時間
15:00〜15:40
会場
Room B
概要
Movable Typeを使っていようといまいと、Webサイトを構築し運用するうえで、コンテンツにおけるアクセシビリティ品質の確保は今や、必須の要件となりつつあります。その理由や背景を解説し、誰もが「つながる」ことのできる、アクセシブルなWebサイトのデザインに必要な考え方をお伝えします。

お申し込みおよび詳細についてはMTDDC Meetup TOKYO 2016のサイトをご覧ください。