2021年11月19日 「うぇぶなう!Vol.4」開催レポート

2021年10月21日(木)、オンラインにて「うぇぶなう!Vol.4」が開催されました。

本イベントはWeb業界の魅力やおもしろさ、やりがいなどを伝えWeb業界を志望する学生の増加に寄与したいと考え、ECCコンピュータ専門学校、神戸電子専門学校、東京電子専門学校、日本電子専門学校の教職員のみなさまと企画したものです。

4度目の開催となる今回は、総勢約160名の学生のみなさまのほか、計11社の企業様に参加いただきました。学生のみなさまからの質問や疑問に細かくお答えでき、より充実した内容になったと感じています。オンライン上で学生とパネラーの熱い意見が飛び交う活気ある2時間半となりました。

総勢17名、豪華パネラー陣の紹介

第1部では、各企業を代表するパネラー17名による自己紹介が行われました。今回は、簡単な自己紹介と一言インタビューという形で進行。「Web業界に興味を持ったきっかけ」「学生時代にどんなことを勉強していたか」などの質問に答える形で、パネラーの学生時代や就活時の思い出を紹介しました。

学生160名の疑問にリアルタイムで回答

第2部では、Zoomのブレイクアウトルーム機能を活用し、各社のエンジニア職やデザイナー職のパネラー1名と学生10名ほどのグループに分かれて座談会を開催。各社のパネラーはローテーションで各グループを回ります。短い時間の中で効率的に進められるよう、学生のみなさまには事前に質問を書いたフリップを用意してもらって、パネラーがランダムに選んで回答していくという形で進行しました。当社からは、取締役(CTO)木達と執行役員 遠藤が参加。画面に次々に飛び出す質問に、プロの立場から回答やアドバイスを行いました。

パネラーへの質問を記入したフリップをあげる場面

質疑応答(一部)

Q:デザインをするうえで、一番大切にしていることは何ですか。
A:お客様をよく知ることを一番大切にしています。依頼主であるお客様のことをよく知らなければ、提案活動やお客様が本当に求めていることを理解することができないので、たくさん情報収集を行うようにしています。具体的には、ヒアリングの実施や業界動向・競合調査などがあげられます。(遠藤)
Q:仕事でつまずいたときの、克服方法や心がけていることは何ですか。
A:チームで話し合って解決することが多いです。それでも解決しない場合は、社内SNSに悩みや困りごとを書き込むと、それに知見を持ったスタッフが解決策などをコメントしてくれます。困ったことは1人で抱え込まず、すぐに周りに相談するように心がけています。(遠藤)

アンケートではWeb業界への前向きな回答も

今回のイベントの司会は、Web業界に内定が決まっている2年生2名のかたが務めました。司会の2人による終わりのあいさつでは「ぜひ悔いのない就職活動を送ってください」と、これから就職活動を控える後輩に激励の一言を送りました。

後日、学生のみなさまからいただいたアンケートでは、「業界に入りたい気持ちが高まった」などWeb業界への前向きな回答を多くいただきました。また、「就職に向けてより強い希望を持てた」といった就職活動への不安を拭い去るような声も多く寄せられました。今回のイベントがWeb業界を目指すきっかけとなり、一緒にWeb業界で働く一員となってくれたら幸いです。

ご参加くださった学生のみなさま、企業のパネラーのみなさま、ありがとうございました。

学生のみなさまからいただいたアンケートのコメント(一部)

  • 教えていただいた、就職活動に必要なことや就職活動の仕方を実践できるように今から計画をしっかり立てていきたいと思いました。
  • みなさん明るく仕事のお話をされていたので、Web業界で働くことを本当に楽しんでいるのだなと感じました。
  • 学生のうちにしておくこと、習慣づけておくと良いことをうかがえたので、それをこれから心がけていきたいです。
  • たくさんお話しいただいた身になる話を糧に、自分がやりたいことに対して、ポジティブに研究・行動していこうと思います。