リニューアルと継続改善で、ユーザビリティランキングの上位常連に

  • 2021年12月に取得した画面データです。

ヒューマン・ヘルスケア(hhc)の理念のもと、常に患者様とそのご家族の願いや想いを第一義に考え、応えることに日々挑戦しているエーザイ株式会社様(以下、エーザイ様)。そのエーザイ様から、デザイン・メッセージの刷新、使いやすさ・わかりやすさの向上、更新業務の効率化を目的とした、公式Webサイトのリニューアルをご相談いただきました。ミツエーリンクスは、ご提案・情報設計・システム構築・デザイン・実装・運用を担当いたしました。

課題と効果

制作前のおもな課題

デザイン・メッセージの刷新

コーポレートブランディングにつながるメッセージを訴求したい

使いやすさ・わかりやすさの向上

スマートフォン対応を含め、見やすくわかりやすいサイトにしたい

更新作業の効率化

ページ更新や文字修正などにかかる時間を短縮したい

制作後の効果

Webユーザビリティランキング2021で8位に

トライベック社が毎年実施しているランキングで、継続的に順位上昇

ページ更新の内製化と時間短縮を実現

文字修正にかかる時間が、30分以上から5分に短縮

お客さまの声

お話を伺った方
  • PR部 吉川 徹 様
  • PR部 岩田 尚之 様
  • PR部 菅原 純子 様
  • PR部 ボルトカン クンドゥス 様

エーザイの理念や価値を、しっかり訴求できるWebサイトを目指して

どのような経緯で、公式Webサイトのリニューアルを検討されたのでしょうか?

前回Webサイトを全面リニューアルしたのは2004年のことです。以降、部分的な改修を繰り返しつつ運用してきましたが、残念ながら所々に古さを感じるWebサイトになっていました。例えばメインビジュアルも1枚の写真を掲載するのみで、コーポレートブランディングにつながるメッセージ訴求などはできていなかったのです。また、一部のページを除いて、スマートフォン対応もできておらず、時代のニーズに応えられていない状態でした。

他にも、当社では月ごとのページ更新や新規記事の公開、既存ページの修正など、サイト運用に関する作業を外部のベンダーに依頼していました。そのため、わずかな文字修正であっても手続きが必要でしたし、最短でも30分以上の時間を要していました。気軽に掲載情報に手を加えることができず、歯がゆい思いをしていたのです。

当然、私たちもこうした問題やリニューアルの必要性は認識していましたが、異動で担当者が入れ替わるなどの要因もあり、全面リニューアルへと舵を切るのに時間がかかっていました。しかし、これまで積み重なってきた各担当者の想いが募り、2017年ついにWebサイトリニューアルに向けたプロジェクトを発足したのです。

Webサイトは、私たちエーザイが一般生活者の皆様に直接、情報を発信できる場所。お越しいただいた方々に、当社のことをより理解していただき、世の中における価値を感じていただくためにも、しっかりとその価値を訴求できるWebサイトが求められました。

パートナーはどのように選定されたのでしょうか?

パートナー選びで重視したのは、経験の豊富さでした。エーザイのWebサイトはページ数が多いため、大規模なリニューアル案件の経験や知見があり、規模や体制がしっかりしているベンダーでなければ、安心してお願いができないと考えました。こうした要素は、ベンダーのWebサイトに記載されている情報だけでは確認できません。そのため、すでに会社としてお付き合いがあるベンダーをピックアップし、社内関係者から実際の対応の印象を確認しました。

開催していたセミナーに足を運んで得た情報や、リニューアル後のサポート面も含めて、選出したベンダーは3社。私たちは各社に、ヒューマン・ヘルスケア(hhc)の理念を大切にしていて、それが伝わるWebサイトにしたいと説明しました。そして各社から提案を募り、比較検討した結果、最終的にミツエーリンクスを選定したのです。

決め手となったのは、エーザイを知ろう、エーザイが抱える課題を理解しよう、という熱意でした。提案までの期間にもそれを感じましたし、実際の提案内容にも表れていました。特に、「トライベック社が毎年実施しているWebユーザビリティランキングで、業界トップを目指しましょう」というWebサイト公開後の目標と道すじを、明確に示していただいたことは大きかったです。

また、Webサイトのリニューアルに臨む体制についても、プロジェクトを進めるための具体的な体制をしっかり提示していただきました。各メンバーの役割もハッキリし、安心感がありました。そして、コスト面について。提案内容と合わせて納得できる内容でした。この点も大きかったと思います。

運用業務が効率化でき、ユーザビリティランキングの順位が大幅に上昇

制作プロジェクトは、どのように進められたのでしょうか?

プロジェクトを開始した2017年当時の私たちは、Webに詳しいとは言えない状態でしたが、ミツエーリンクスの担当者にとてもわかりやすくご説明いただきながら進めることができました。また、毎週の定例会では、今日決めなくてはいけないこと、次回までに検討すべきことなど、どの順番で何をすべきかを明確に示していただきました。おかげで、私たちも迷わずに進めることができたと思います。

デザインを決めていく過程では、苦労もありました。いったん確認したデザインが社内での最終決定に至らず、何度となく制作を依頼することもありました。時間に余裕がない中、再度デザインを制作いただくなど、スケジュール管理もうまく調整いただいたことで乗り越えることができ、新しいWebサイトは2018年3月に、無事公開することができました。非常にわかりやすく、そしてエーザイらしいWebサイトができ、とても感謝しています。

社内外からも良い評価をいただいています。特にグローバルナビゲーションの一番左に、ヒューマン・ヘルスケア(hhc)のタブを配置しているのですが、そうした工夫も企業理念を大切にしているエーザイらしさが出ていると、経営陣は高く評価しています。

Webサイトリニューアルによって、どのような効果が得られましたか?

スマートフォン対応が完了したことで、より多くの方々にとって見やすい、理解しやすいWebサイトが完成しました。そして、デザインにエーザイカラーを使用している点は、海外拠点のWebサイト担当者からも好評で、各国サイトでもこのデザインやカラーを踏襲しやすくなったと聞いています。

運用業務については、CMSとして「PowerCMS」を導入し、外部委託から内製化へと切り替えました。当初は本当に自分たちで内製できるのか不安でしたが、ミツエーリンクスのサポートもあり、今はほぼ思い通りに操作できるようになりました。これまではわずかな文字修正でも30分以上かかっていましたが、今では短時間で修正内容を本番環境に反映できます。

リニューアル後の目標として掲げている、トライベック社発表の「Webユーザビリティランキング」でも顕著な効果が出ました。リニューアル前は企業全体の85位でしたが、リニューアル後には23位にジャンプアップ。その後、運用フェーズに入っても、毎年両社で協議しながら、継続的に改善を続けています。おかげで、23位から9位、そして2021年度は8位とランキング上位を維持できています。

残念ながら、目標である業界トップはまだ獲得できていません。リニューアルから3年半が経ち、世の中のニーズも変わってきていますから、今後も時代に即した観点でユーザビリティを向上させていく必要があります。これからも、エーザイを一番わかっていただいているミツエーリンクスと一緒に、改善を継続していきたいと思います。

今後のWebサイトに関する展望を教えていただけますか?

ミツエーリンクスという、本当に困ったときに相談できる支えがあることは、大変ありがたいです。また、リニューアル時に参加していたミツエーリンクスの担当者の多くが、運用時も継続して担当しているので、エーザイのことを一から説明しなくてもご理解いただいているという安心感・信頼感があります。

私たちはこれからも、ヒューマン・ヘルスケア(hhc)に込めた想いを、世の中に広く浸透させていかなければなりません。そのために、どのような方法で、どのようなメッセージを出すべきか、どのようなコンテンツを作成するべきかなど、ぜひミツエーリンクスと一緒に考えていきたいと思っています。これからも引き続きご協力をお願いいたします。

お客さま情報

医療の主役が患者様とそのご家族、生活者の皆様であることを明確に認識し、そのベネフィット向上を通じてビジネスを遂行すること。エーザイ様はこのことを「ヒューマン・ヘルスケア(hhc)理念」と呼んでいます。最も強みを持つ神経領域とがん領域に立脚し、一人ひとりの人生に寄り添うため、サイエンスに基づくソリューション創出を推進しています。

お客さま名
エーザイ株式会社
URL
https://www.eisai.co.jp/
  • ページ上の各種情報は2021年12月時点のものです。

お問い合わせ・ご相談

サービスのご相談やお見積もり、事例についてなど、お気軽にお問い合わせください

0120-774-771

フリーダイヤル受付:平日9:00~18:00(土・日・祝日・年末年始を除く)