Smart Communication Design Company
ホーム > セミナー > 開催レポート > 2018年 > 2018年のWebデザイントレンド 解説セミナー(2018年1月19日開催)

セミナー開催レポート

ミツエーリンクスでは、各種サービスに精通した当社スタッフが講師をつとめ、時には外部講師をお招きし、セミナーを開催しています。開催したセミナーの様子は、当Blogにてご紹介しています。参加者募集中のセミナーは開催予定セミナーの一覧よりご確認いただけます。ご参加をお待ちしています。

2018年のWebデザイントレンド 解説セミナー(2018年1月19日開催)

デザインのトレンドとそれを反映した構築プロセスを紹介

2018年1月19日、当社セミナールームにて「2018年のWebデザイントレンド 解説セミナー(第1回)」を開催しました。企業のWeb担当者のみなさまに向けて、取締役社長の木達とアートディレクターの遠藤が、Webデザインの最新動向を分かりやすく説明。おかげさまで本セミナーは、多くのお申し込みをいただき、会場は満席となりました。

なお、本セミナーは好評につき第2回、第3回の開催が決定しています。第3回(2018年4月20日)はすでに満席となっておりますが、第2回(2018年3月9日)は若干の空席がございます。ご希望の方は参加をご検討ください。

取締役社長 木達の講演の様子

第1部では木達より、海外サイトを実例としながら、「モバイルファースト」や「マイクロインタラクション」など、2017年からの継続が予想される数々のトレンドを紹介しました。加えて、「デザインシステム」の隆盛が続いていることや、目に見えないWebサイトの3大品質(アクセシビリティ・表示パフォーマンス・セキュリティ)の重要性を訴えました。

第2部ではアートディレクターの遠藤より、注目のトレンドとして「タイポグラフィ」を紹介。昔からあるタイポグラフィがなぜ今注目されているのか、日本語のサイトでも外国語同様に適用できるのか、などについて説明しました。またWebサイトの運用時に発生する多様な変化を見越して、柔軟なデザインを施すことの大切さを伝えました。

アートディレクター遠藤の講演の様子


アンケートにお寄せいただいたコメント(一部)