Smart Communication Design Company
ホーム > セミナー > セミナー開催レポート

セミナー開催レポート

ミツエーリンクスでは、各種サービスに精通した当社スタッフが講師をつとめ、時には外部講師をお招きし、セミナーを開催しています。開催したセミナーの様子は、当Blogにてご紹介しています。参加者募集中のセミナーは開催予定セミナーの一覧よりご確認いただけます。ご参加をお待ちしています。

Google プロダクトを使った最新のWebマーケティング解説セミナー(2017年2月10日開催)

Googleプロダクトの変更点や新機能を詳細に解説

2017年2月10日、当社セミナールームにて「Google プロダクトを使った最新のWebマーケティング解説セミナー」を開催しました。セミナーでは、サイト改善のためにアクセス解析を行っている方へ向け、Webマーケティングを成功させるうえで活用が必須になるGoogle プロダクトの最新動向と活用事例を紹介いたしました。おかげさまで本セミナーは、多数お申し込みをいただき満席となりましたので、第2回の開催が決定いたしました。

満員の会場の様子

自社サイトで実際に活用することで培った知見を大公開

第一部ではGoogle アナリティクス、Google タグマネージャ、Google データスタジオ、Google オプティマイズの紹介がありました。Google アナリティクスは大幅な機能やUIの変更があったため、新旧画面を比較しながらの解説となりました。Google タグマネージャは機能の追加があり、Google データスタジオは新しくリリースされたばかりのサービス、Googleオプティマイズはまだすべてのユーザーに公開されたサービスではないこともあり、多くの方が興味をもって聞かれている様子でした。田口の説明でどういったサービスなのかが理解できたという声が、アンケートに多くあげられていました。

第二部では、Google アナリティクス、タグマネージャ、データスタジオ、オプティマイズの4プロダクトを組み合わせてミツエーリンクスのWebサイトで利用した事例をご紹介しました。Google オプティマイズを活用してA/Bテストを行うにあたり、ミツエーリンクスWebサイトの課題から、どこのページをテストするかを決定するまでのプロセスを細かく解説。導き出した仮説を検証するためにどのようなテストパターンにしたのか、結果がどうだったのかを、Google オプティマイズの画面を実際に操作しながらすべて公開しました。

最後の質疑応答では多くの質問が出てきて、関心の高さがうかがえました。現在自社サイトのWebマーケティングに関わっている方ならではの、具体的な利用シーンを想定した質問があげられました。質疑応答の一部をご紹介します。

Google オプティマイズについて
Q. メタタグを変更しての検証はできますか?
A. Head要素内の変更はできません。Body要素内のみ変更ができるようです。
Q. オプティマイズが使えるようになったことで、Google アナリティクスの「Webテスト」は使えなくなるのですか?
A. 今はオプティマイズが限定公開の状態ですので使えていますが、今後どのようになるのか、まだ発表されていません。
Q. HTMLを大きく変更するような場合は、オプティマイズではなくWebテストのほうがいいのでしょうか?
A. オプティマイズにはテスト形式が3種類用意されています。そのケースでは「リダイレクトテスト」を使うのがいいかもしれません。
Google タグマネージャについて
Q. 本日紹介されたGoogle プロダクトは、Webサイトにタグマネージャが入っていないと使えないのですか?
A. 使えます。タグマネージャが入っているとより便利に使うことができます。
Google アナリティクスについて
Q. キーワードが見られなくなったという話がありましたたが、サーチコンソールでもキーワードの順位は見られなくなるのですか?
A. サーチコンソールを使うと、Google 検索上での自サイトの状況を確認することが可能です。
Googleオプティマイズのデモンストレーションの様子

このセミナーは、2017年3月7日にも再度開催されます。Googleプロダクトの最新動向をおさえ、Webマーケティングに活用したい方は、ぜひご参加ください。よい詳しいセミナー内容を知りたい方は、田口のコラムをご覧ください。

アンケートにお寄せいただいたコメント(一部)

2017年のWebデザイントレンド 解説セミナー(2017年2月3日開催)

国内外の事例を交えながらわかりやすく2017年のデザイントレンドを解説

2017年2月10日、当社セミナールームにて2017年のWebデザイントレンド 解説セミナー(第2回)を開催しました。セミナーは、第2回に関わらず、多数のお申し込みがあり満席となったため、第3回の開催が決定いたしました。第3回は、2017年4月18日に開催されます。2017年のデザイントレンドセミナーはこの回で最後になりますので、デザイントレンドを抑えておきたい方は、ぜひご参加ください。

アートディレクター遠藤の講演の様子

セミナーの内容に関しては第1回開催の2017年のWebデザイントレンド 解説セミナー(2016年12月13日開催)開催レポートをご参照ください。

アンケートにお寄せいただいたコメント(一部)

Webユーザビリティ/UXデザイン実践編(2017年1月24日開催)

ユーザー調査を生かし情報設計するプロセスを紹介

2017年1月24日、当社セミナールームにて「Webユーザビリティ/UXデザイン実践編」セミナーを開催しました。セミナーではUXの基本を理解している方に向けて、より具体的に調査をどう情報設計につなげるのか、サイト改善案を考えるのかを解説いたしました。

UXリサーチャー潮田の講演の様子

架空のサイトを定量・定性調査から改善案の立案までを詳しく解説

まず始めに執行役員兼UXリサーチャーの潮田が登壇。入門編のおさらいとして、UXデザインの必要性が高まった背景には、モバイルの普及でWebとつながる時間が増加し、優れた「体験」の対価としてお金を払う時代になっていることが紹介されました。

続く第一部では、同じく潮田が講演。人間中心設計の活動ISO 9241-210のUX向上のプロセスを、Webサイトの構築に当てはめた「調査・分析」「コンセプト策定」「UI設計・デザイン」「評価・改善」というサイクルに沿ってご紹介しました。最初の「調査・分析」のフェーズでは、調査が活用されない問題を指摘し、架空のホテル検索サイトを例に定性・定量調査の代表的な調査手法の紹介と調査結果から導き出される改善案を提示。定性的な調査を行ってもUI改善にとどまることが多く、UX向上までつなげられていない現状を解説しました。同じような課題に直面されているのか、多くの方が共感している様子でした。

第二部では、インフォメーションアーキテクトの谷田が、UI改善のみではなく、UX向上までつなげるための考え方をご紹介しました。「コンセプト策定」「UI設計・デザイン」において、定性調査から見えてきた行動を鵜呑みにするのではなく、一歩踏み込んだ行動の背景にある心理と、心理に基づいたコンセプトや施策を考えるプロセスを解説しました。そして最後の「評価・改善」の段階では、一般的な指標のみをみるのではなく、ユーザーの心理から導き出される改修ポイントと紐付けられた指標を策定する必要があることを訴えました。WACAの上級ウェブ解析士の資格を持つ谷田より紹介されたアクセス解析のトレンドは勉強になったという声が、アンケートで多くあげられました。


インフォメーションアーキテクト谷田の講演の様子

お寄せいただいたコメント(一部)