セミナー開催レポート

ミツエーリンクスでは、各種サービスに精通した当社スタッフが講師をつとめ、時には外部講師をお招きし、セミナーを開催しています。開催したセミナーの様子は、当Blogにてご紹介しています。

参加者募集中のセミナーは開催予定セミナーの一覧よりご確認いただけます。ご参加をお待ちしています。

広報・PRの考え方(2022年4月12日開催)

2022年4月12日、「広報・PRの考え方」をオンラインで開催しました。

Web担当者の皆さまと関係の深い、広報・PR業務。なかなかその全体像を教えてもらう機会は少ないのではないでしょうか。本セミナーでは、当社取締役(CTO)木達より、網羅的に広報・PRの全体像をお話ししました。

本セミナーは2021年12月に開催したセミナーと同内容で行いました。内容についての詳細は「広報・PRの考え方(2021月12月10開催)開催レポート」をご参照ください。

木達の講演の様子

取締役(CTO)木達からのコメント

セミナーへのご参加、誠にありがとうございました。

「広報・PRの考え方」というセミナーは、昨年12月に初めて開催して以来、今回が2度目になります。私自身、この分野は全体像をつかみにくい印象があり、同様のお悩みや課題を抱えている方はいらっしゃるのではないか? との思いが、企画した動機の一端にありました。従い、アンケート結果にて「曖昧であった点が整理できた」「わかりやすく広報PRについて広く学ぶことができた」といったご感想を、大変ありがたく拝見しました。

また、「B to Bだとどこまでマスメディア等の広報活動を行えるのかわからない」というお悩みを聞かせていただきました。一般論になりますが、メッセージを届ける手段としてマスメディアが有効かどうかは、届ける対象のステークホルダーがどれだけマスメディアを利用しているか次第かと思います。またマスメディアを介すとなると、一定の出費を伴うことも想定されますため、短期的な認知獲得など、より具体的な目的や成果指標が重要になるかと思います。

今後も、Webサイトの構築・運用に触れないながらも、皆さまの業務や活動に関連するテーマのセミナーを、企画・開催できればと思います。

アンケートにお寄せいただいたコメント(一部)

  • 資料がわかりやすく、理解が進みました。
  • 要点がまとめてあり、大変わかりやすかったです。
  • 初めて広報を担当することとなり、考え方など理解・整理できてよかったです。ありがとうございました。

eラーニングによる教育支援 e-Links(2022年3月8日開催)

2022年3月8日、「eラーニングによる教育支援 e-Links」をオンラインで開催しました。

Webアクセシビリティに取り組む上で問題となりやすいのが、社内への浸透です。社内に浸透させるためには、継続的な社内教育と情報発信が欠かせません。また、社内教育の実施形式は、コロナ禍により対面形式からオンライン形式へと変化しました。

本セミナーでは、こうした現状を踏まえ、当社の知見を基に開発した「eラーニングによる教育支援 e-Links」サービスについて詳しく説明しました。

南の講演の様子

e-Linksとは、動画を用いた教育コンテンツの配信を通じて、お客さまの社内教育の課題を解決するサービスです。英語圏で新しいトレンドになりつつある「マイクロラーニング」方式を採用し、短い動画で構成しています。セミナーでは、このe-Linksのポイント3つについて、デモンストレーションを交えながら紹介しました。

  1. マイクロラーニングで効率よく学ぶことが可能
  2. 動画は、誰でも何度でも視聴可能
  3. 3つの構造(チャプター、コース、カリキュラム)で柔軟な教育が可能

最後に、導入企業さまのe-Linksを使用した感想や活用方法について取り上げ、セミナーを終了しました。

アクセシビリティ部 南からのコメント

この度は、セミナーにご参加いただき誠にありがとうございました。
Webアクセシビリティの新たな社内研修サービスとして、ミツエーリンクスが提供しているのがe-Linksです。今回はデモを交えてご紹介いたしました。マイクロラーニングによる短時間・高効率の学習スタイルが、Webアクセシビリティの学びをよりわかりやすく、より効果的な社内研修を実現できるとイメージしていただけたかと思います。

学習の目的や解決したい課題に関連したチャプターを、専門家の知見に基づいた効率の良い学習方法として体系化した「カリキュラム」は、現在e-Linksのサイト上にて公開中ですので、ぜひ一度、ご覧いただければ幸いです。今後UXやSEOなど、新たなカテゴリーも追加予定ですので、ご期待ください。

アンケートにお寄せいただいたコメント(一部)

  • マイクロラーニングで、学びたいところが学習しやすい作りになっていることがよく理解できました。
  • Webアクセシビリティのe-Linksはこのコロナ禍の中で非常に学びやすいツールだと思いました。説明もわかりやすかったですし、ぜひ受講してみたいです。

ブランディング強化のためのデザインガイドライン 解説セミナー(2022年2月15日開催)

2022年2月15日、「ブランディング強化のためのデザインガイドライン 解説セミナー」をオンラインで開催しました。

Webサイトの新規構築時やリニューアルの際に作られることが多いデザインガイドラインは、Webサイトの運用を行ううえで、欠かすことのできない存在です。本セミナーでは、そもそもデザインガイドラインを作る意義とは何か、デザインガイドラインをどう活用すれば良いかなどについて詳しく解説しました。

木達の講演の様子

はじめに、ブランディングの重要性について説明。情報過多の今日、選ばれ続けるためには、顧客をファン化する必要があると話しました。ブランディングにおける表現には一貫性が不可欠であり、その手段としてデザインガイドラインを紹介。品質の維持や向上、さらには業務効率化につながると訴えました。デザインガイドラインの運用と作成方法、またそれを守り続けるための施策について解説。最後に、組織でデザインを運用していくための仕組み「デザインシステム」のトレンドについて紹介しました。

取締役(CTO)木達からのコメント

当日、冒頭のごあいさつでも申し上げた通り、日数が少ないのに加え祝日が2回もあるこの2月、大変お忙しくされている方もいらっしゃるかと思います。にもかかわらず、90分という長丁場のオンラインセミナーへのご参加、誠にありがとうございました。

時間、尺の長さにつきましては、アンケートへのご回答の中でも、ご指摘をいただいております。もっと短くするとすれば、ブランディングの重要性をお伝えするパートと、ガイドラインの制作にまつわるパートを分離する案がありますが、いずれか一方だけではバランスを欠くことが否めず、悩ましいところです(ちなみに本セミナーは対面形式では以前、休憩を含め2時間の尺で実施していました)。

ともあれ、多くの方から講演内容に高い評価をいただき、うれしく思っております。個人的には特に、ガイドラインが「作って終わり」ではなく、むしろ「作ってからが本番」という点をご理解いただけたら幸いです。ガイドラインを作るプロセスより、作ったあとでそれを活用し続けるプロセスのほうがはるかに多くの労力が必要なるはずで、そこには一種の覚悟のようなものも必要でしょう。

後半、やや駆け足になってしまい、その点は申し訳なく思っております。その後半で触れたデザインシステムについてはいずれまた機会を改めて、ご紹介できればと思います。

アンケートにお寄せいただいたコメント(一部)

  • 一貫したイメージを継続して表現していくことの重要性が再認識できました。
  • 「サイトを改善すれば勝手に人が来てくれると思っている人がいる」などのあるあるや、そもそもブランディングとは何なのかを具体的に説明していただけたので理解しやすかったです。

効果を生み出すWebサイト運用の取り組み方(2022年2月1日~2022年2月15日限定配信)

2022年2月1日~2022年2月15日まで、「効果を生み出すWebサイト運用の取り組み方」セミナーの期間限定 動画配信を実施しました。本セミナーは、1月25日にオンライン開催を予定しておりましたが、急遽開催日を変更し、動画配信とさせていただきました。開催日の変更により、ご迷惑をおかけしてしまい申し訳ありません。

コロナ禍により、非対面コミュニケーションが普及してきた現在、Webサイトの果たす役割はこれまで以上に大きなものとなりました。そしてWebサイトは、継続的に効果を生み出すために育て上げる(運用する)ことが重要です。本セミナーでは、運用に役立つツールの紹介やデモンストレーションを交え、詳しく解説しました。

河合の講演の様子

前半、河合は「運用とは、あらゆる側面でWebサイトの問題解決を行うこと」であると解説。Webサイトの必要性を感じ慌ててリニューアルするのではなく、その前に一度今のWebサイトにできることはないか考えてください、と訴えました。
後半では、定量目標を設定する、アクセス解析以外でも現状を把握するなど、運用時に大切にするべきポイントを紹介。案件でも使用している、運用に役立つツールをピックアップし、デモンストレーションを交え解説しました。

大阪本部 シニアマネージャー 河合からのコメント

この度はセミナーにご参加いただきありがとうございました。セミナー当日、急遽配信へ変更させていただきましたこと、お待ちいただいた皆さまにはご迷惑をおかけしました。おわびいたします。

今回のセミナーでは、実際にWebサイトを運用いただく際に役に立つ情報を中心にお届けいたしました。結果として弊社サービスのご紹介からは離れてしまったのですが、皆さまが直面されている運用に取り入れやすいお話ができたのでは、と思います。

Webサイトは公開されてからが本番、とよく言われますが、今回のセミナーが、何から手を付けたらよいか迷われている皆さまのお役に立てましたら幸いです。また、Webサイトの運用でお困りの際はお気軽にご相談ください。

アンケートにお寄せいただいたコメント(一部)

  • ユーザーに寄り添ったページ作成をするために、運用面で楽になるためのツール等をご紹介いただいた点は、かなり参考になりました。運用チーム内で一度検討してみます。
  • デモンストレーションがあり、実際の使用イメージがわきました。
  • 後半に説明いただいた、作業自動化は具体的で非常にわかりやすかったです。また、ツール類についても自社で利用しているツールを多く紹介していただいたのでわかりやすく見させてもらいました。

UX向上のための「ユーザーの声」の活用方法(2022年1月18日開催)

2022年1月18日、「UX向上のための「ユーザーの声」の活用方法」をオンラインで開催しました。

「ユーザーの声」に耳を傾けることは、WebサイトのUXを向上させるために有効な手段の1つです。しかし、ユーザーの声を集める際に、「声を得る目的」と「声を得る手段」の2つが適切に設定されていなければ、どんなに大量のデータが得られたとしても、サイト改善には活用できません。

本セミナーでは、「ユーザーの声の活用方法」にフォーカスを当て、WebサイトのUX向上を行うために、「声を得る目的」に応じてどのような「声を得る手段」を選ぶべきかについて解説しました。

潮田の講演の様子

セミナー冒頭、UXデザインのおさらいとして、UX向上のためのプロセスについて紹介。UX=心理を知るための材料として、「ユーザーの声」をとりあげました。また、架空の商品サイトを例に、2パターンの方法でユーザーの声を取得。それぞれで得られた声の違いについて比較し、その活用方法を図を用いて詳しく解説しました。最後に、ユーザーの声を活用するうえで留意すべきポイントを紹介し、セミナーを終了しました。

上級執行役員 UXリサーチャー 潮田からのコメント

この度はセミナーにご参加いただき誠にありがとうございました。
「ユーザーの声」という、一見、データさえ得られれば容易にサイト改善に役立てることができそうに思えるものが、実はやや厄介な性質を持っていることを、ユーザーインタビューの具体的事例からおわかりいただけたのではないでしょうか。

昨今の調査ツールの進化やUXデザインプロセスの重要性の高まりにより、今後のサイトの構築や運用にあたっては、さらにデータドリブンなアプローチが求められるようになるかと思いますが、今回のセミナーが、データをサイト改善により効果的にご活用いただくための一助となれば幸いです。

アンケートにお寄せいただいたコメント(一部)

  • 「顧客の声をうのみにしてはいけない」というのは他の書籍でも読んだことがありますが、今回のセミナーの中で「なぜそれがイマイチなのか?」という理由が丁寧に説明されていて、より腹落ちした気がします。
  • 説明の仕方やスピードなどが分かりやすく、また具体的な例を用いて説明いただいたのでイメージがつきやすかったです。
  • Webサイトの運営者からの質問だと、部分的な目的達成に向けた質問をしがちになるという項目がとても胸に刺さりました。間接的な質問が良いなど、改善するための方法も講義の中にあり、とても勉強になりました。

Webアクセシビリティ入門セミナー 2022(2022年2月8日開催)

2022年2月8日、「Webアクセシビリティ入門セミナー 2022」をオンラインで開催しました。

コロナ禍のもたらしたデジタルトランスフォーメーション(DX)の加速により、Webサイトの果たすべき役割は、ますます大きくなっています。障害者や高齢者を含むさまざまなユーザーが、さまざまなデバイスでアクセスするWebコンテンツには、ユーザーにとっての使いやすさ=アクセシビリティが必要不可欠です。

本セミナーは、これからWebアクセシビリティの向上に取り組もう、あるいは取り組みを強化したいとお考えの方に、その重要性や必要性を解説しました。

木達の講演の様子

はじめに、Webアクセシビリティの基礎を紹介。Webアクセシビリティとは、あらゆるユーザーのために、Webサイト/コンテンツが備えるべき品質であると説明しました。また、アメリカでの訴訟事例を取り上げ、いまや世界中で法制化が進められていると言及。アクセシビリティの向上によって、機械可読性を高める点で検索エンジン最適化(SEO)にもつながると説明しました。

セミナー後半では、「Web担当者によくある誤解10選」を紹介。「障害者や高齢者はWebを使っていない」「アクセシビリティを必要とするのはユーザーの一部だけ」など、誤解されがちな10項目について1つずつ解説しました。


取締役(CTO)木達からのコメント

2022年版としては初回のアクセシビリティ入門セミナーへのご参加、誠にありがとうございました。障害者がどのようにWebにアクセスしているかに触れつつも、基本的にはユーザーやデバイスの多様化ならびに法制化への対応を中心に、「なぜ」Webアクセシビリティに取り組むべきかを解説しました。

いただいたアンケートにはすべて目を通させていただいておりますが、中でも「アクセシビリティについて、特別な対応が必要と思っていたが、意識が変わった」「入門にふさわしく、これから取り組む上での心構えが身に付いたと思います」といったご感想をいただき、大変うれしく思います。定番の企画ではありますが、本セミナーは今後も継続して再演できればと思います。

セキュリティーの確保と同じく、Webサイトを運用する限り必ず必要なのが、コンテンツへのアクセシビリティの確保。今回は、あくまでその必要性や重要性に内容を限定してお伝えしましたが、最初からハードルを上げすぎることなく、ぜひ可能なところから取り組み始めていただければ幸いです。

セミナーの最後で触れましたように、その第一歩として、当社のWebアクセシビリティ診断サービスをご利用いただき、運用されているWebサイトのアクセシビリティの現状をまず把握されることを強くお勧めします。ぜひご検討ください。


アンケートにお寄せいただいたコメント(一部)

  • アクセシビリティの背景やトレンド、ポイントをわかりやすくご説明いただき参考になりました。
  • 動画を交えての事例や世界的訴訟の事例など、なぜ必要なのかをスイッチしながら考えることができました。紹介のあったサイトも見てみたいと思います。
  • 入門にふさわしく、これから取り組む上での心構えが身に付いたと思います。次のステップとして、実践編のセミナーも受講してみたいと思いました。

広報・PRの考え方(2021年12月10日開催)

2021年12月10日、「広報・PRの考え方」をオンラインで開催しました。

広報・PRの仕事を任されたものの、どのような考え方で業務に臨むべきか、戦略をどう作ればよいのかなど、誰かに習う機会は少ないのではないでしょうか。本セミナーでは、改めて広報・PRとは何かを、広報担当者に求められる「考え方」にフォーカスし、その全体像を紹介しました。

木達の講演の様子

はじめに、広報・PRとは、組織の長期的・持続的成長のための活動であると強調。加えて、広報が重視される背景について説明しました。また、広報・PRを下記の7つに分類。各分野の内容について詳しく解説しました。

  1. コーポレートコミュニケーション
  2. マーケティングコミュニケーション
  3. インターナルコミュニケーション
  4. CSRコミュニケーション
  5. インベスターリレーションズ(IR)
  6. メディアリレーションズ
  7. リスクコミュニケーション/クライシスコミュニケーション

最後に、広報・PRと経営は表裏一体であると訴え、広報担当者は、経営トップの分身としての自覚を忘れずに行動することが求められていると強調し、セミナーを終了しました。

取締役(CTO)木達からのコメント

セミナーへのご参加、誠にありがとうございました。

またセミナー冒頭で申し上げた通り、告知当初とは異なる内容・アジェンダとさせていただいたこと、改めておわび申し上げます。アンケートにお寄せいただいた回答でも、戦略ではなく戦術よりの内容を期待されていたとのお声を複数、頂戴しました。より具体的かつ戦術寄り内容につきましては来る2022年、本セミナーとは別途、開催を検討できればと思います。

いっぽう、説明や資料については、おおむね良い評価をいただけきました。ありがとうございます。とりわけ「体系的に広報・PR業務の定義や位置づけについて向き合う時間が取れなかった」という方から、大変ありがたいコメントをいただきました。本セミナーの1番の趣旨であります、広報・PR業務の全体像の把握という点でお役立ていただけたことを、うれしく思います。

主たるビジネスがWebサイトの構築・運用でありながら、それらにほとんど触れることの無い内容・構成のセミナーを開催するのは、当社にとっても私個人にとっても新たな試みでありました。Web技術に強みを持つ当社としては、お客さまの広報・PR業務(やその戦略)にどこまで深いレベルで寄り添い、かつ連携できるかは極めて重要なポイントと認識しており、今後も広報・PR関連のセミナーを継続的に企画できればと思います。

アンケートにお寄せいただいたコメント(一部)

  • PR等に関する新しい情報、考え方を得ることができて良かったです。ありがとうございました。
  • 自社ホームページの作成にかかわり始めたばかりで、広報やPRについてどのように構築するものなのか今一つ理解できていませんでしたが、今回のセミナーで広報・PRの大事さが少しわかった気がします。
  • 広報・PR、IR等の概念の整理、理解の確認に有用なセミナーでした。