セミナー開催レポート

ミツエーリンクスでは、各種サービスに精通した当社スタッフが講師をつとめ、時には外部講師をお招きし、セミナーを開催しています。開催したセミナーの様子は、当Blogにてご紹介しています。

参加者募集中のセミナーは開催予定セミナーの一覧よりご確認いただけます。ご参加をお待ちしています。

コミュニケーションのためのピンポイント講座 / 非対面コミュニケーションにこそ動画活用を(2020月10月2開催)

コミュニケーションのためのピンポイント講座 / 非対面コミュニケーションにこそ動画活用を(2020月10月2開催)

2020年10月2日、「コミュニケーションのためのピンポイント講座 / 非対面コミュニケーションにこそ動画活用を」を開催しました。なお、今回も新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、オンラインで開催いたしました。

本セミナーは、Web担当者の皆さまの業務に関連性が高い情報を伝えることを目的とした、45分間の短縮版セミナーです。コロナ禍により非対面でのコミュニケーションが主流となった今、コミュニケーションツールとして動画をどう使うべきかなどについて事例とともに紹介しました。

宮野の講演の様子

はじめに、当社で映像制作の引き合いの数が増加している状況とその背景を説明。動画に期待している企業が多いことが読み取れます。実際の事例動画を取り上げながら、ニーズがコロナ前後でどのように変わったのかをお話しました。

なお、当社のコロナ後の制作状況においては、撮影のいらないイラストアニメーション需要が増加しています。現地で撮影をする場合は、感染リスクを少しでも抑えるために、マスク着用やアルコール消毒はもちろんのこと、検温や機材の消毒まで徹底した対策で臨むなど、映像の作り方や撮影現場にもコロナの影響は及んでいます。

しかし、コロナだから特別な動画を制作するのではなく、自社の差別化ポイントを見直し、そこを動画制作でどう表現していくかが大切であると強調し、セミナーを終えました。

質疑応答では多くの質問をお寄せいただき、関心の高さがうかがえました。こちらに質疑応答の一部をご紹介します。

Q:自社サイトの紹介・告知など、動画1本あたりどの程度の時間で作成するのがユーザーの視聴率的に良いのでしょうか。
A:動画の内容や掲載場所によって変動するので一概には言えないのですが、一般的に3分を超えると離脱率が大きく上昇する傾向があります。また、スマートフォンでの視聴を前提とした場合は、さらに離脱の可能性が上がるので1分を目安に検討するようにしています。

Q: YouTube視聴者のうちブラウザーのアドインで広告をブロックしている率はどれくらいになるのでしょうか。
A: 30代以下で3割程度との調査があります。配信するターゲットの年齢によって考慮する必要があると考えています。

Q:社内向けの動画(モチベーションアップのための動画や表彰式の様子など)の作成もされたりするのでしょうか?
A:行っています。今はコロナの影響で式典などが少なくなっていますし、対面でのコミュニケーションも難しくなっているので、オンラインコミュニケーションを撮影することも増えています。

映像部 マネージャー兼プロデューサー 宮野 光輝からのコメント

セミナーへご参加いただき誠にありがとうございました。
コロナ禍以降の企業活動におけるヒントになり得たとしたら幸いです。

誰も企業活動における正解を持ち合わせていない状況ではありますが、需要とその結果から鑑みると動画活用は今後、より強力に皆さまをサポートできるコンテンツになっていくと思います。

今回、時間の都合でご紹介できなかった事例もたくさんございますので、テキストや写真だけでは伝えきれないお困り事がございましたら、お気軽にご相談ください。

アンケートにお寄せいただいたコメント(一部)

  • 実例をあげて説明をされていたので、具体的でわかりやすかったです。
  • 実際の事例動画を共有いただけたので、他社事例を知ることができました。
  • 動画のニーズ情報がわかり、大変勉強になりました。

Web担当者のためのピンポイント講座 / コア ウェブ バイタルと表示パフォーマンス(2020月8月21開催)

2020年8月21日、「Web担当者のためのピンポイント講座 / コア ウェブ バイタルと表示パフォーマンス」を開催しました。なお、今回も新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、オンラインで開催いたしました。

本セミナーは、Web担当者の皆さまの業務に関連性が高い情報を伝えることを目的とした、45分間の短縮版セミナーです。今回は、Googleの提唱する評価指標である「コア ウェブ バイタル(Core Web Vitals)」について解説しました。

木達の講演の様子

はじめに、コア ウェブ バイタルとは、Webにおけるユーザー体験の重要な指標であるLargest Contentful Paint(速度)、First Input Delay(応答性)、Cumulative Layout Shift(視覚的安定性)の3つであると解説しました。また、SEO対策の基礎となる「ページ エクスペリエンス」を紹介しながら、今後、HTTPSなどの既存の検索シグナルにコア ウェブ バイタルが統合される動きについて説明。1秒でも速く表示を完了し、操作可能にすることの重要性について訴えました。最後に、今後、表示パフォーマンスの継続的改善がますます重要な時代になってくると強調し、セミナーを終了しました。

取締役(CTO)木達からのコメント

改めてセミナーへのご参加、誠にありがとうございました。

5月に発表されて以来、「コア ウェブ バイタル」という言葉を目にしたことはあるものの、具体的にそれが何かはピンときていなかった......という方にとって、本セミナーが今後の表示パフォーマンス改善に向けた良き出発点となることを願っています。

セミナー中にご紹介しましたように、運用中のサイトでGoogle Search Consoleを導入済みでしたら、同ツールを使いコア ウェブ バイタルの良しあしを把握すると便利だと思います。ページ全体、サイト全体のつくりを変えないまでも、改善すべき対象に優先度をつけ、段階的に取り組んでいただければと思います。

なおセミナー当日、コラム「Web担当者がコア ウェブ バイタルに注目すべき理由」を執筆・掲載しています。私の講演内容の復習がてら、同コラムをお読みいただければ幸いです。

アンケートにお寄せいただいたコメント(一部)

  • コアウェブバイタルとは何かが知れたのと同時に、どのようなサイトで情報収集していくと良いのか、参考サイトもセミナーの中で知ることができたので、とても勉強になりました。
  • 初めてのオンラインセミナーでしたがわかりやすく画面の案内が展開され、一般的な会場のあるセミナーよりもオンラインの方が集中して勉強ができると感じました。
  • 説明が簡潔でわかりやすかったです。今後のためにも早速できる施策から手をつけていきたいと思います。

Web担当者のためのピンポイント講座 / まるわかりクラウド入門(2020月8月18開催)

2020年8月18日、「Web担当者のためのピンポイント講座 / まるわかりクラウド入門」を開催しました。なお、今回も新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、オンラインで開催いたしました。

本セミナーは、Web担当者の皆さまの業務に関連性が高い情報を伝えることを目的とした、45分間の短縮版セミナーです。今回は、エンタープライズWebの現場でも活用が進む「クラウド(クラウドサービス、クラウドコンピューティング)」にフォーカスをしました。「クラウドって何?」「クラウド利用のメリットは?」など、現場の業務課題に即した活用事例とともに解説しました。

榛葉の講演の様子

はじめに、コロナ禍で加速するクラウド移行への現状など、インフラ環境のビジネストレンドについて解説。クラウドは、ムリせず楽にうまくいく仕組み・仕掛けであると強調しながら、「X as a Service(IaaS ・PaaS・SaaS)」という3つのサービス形態について説明しました。また、システムにまつわる「突発的なアクセス負荷でサーバーがダウンしてしまう」などの、Web担当者のよくある問題の解決策について、実際の事例を交えながら紹介。最後に、Web担当者にとってクラウドを活用することは合理的な選択であると訴え、セミナーを終了しました。

プロダクトマネージャー 榛葉からのコメント

オンラインセミナーのご視聴、誠にありがとうございました。

振り返りになりますが、企業Webでもクラウド移行が急速に広がっています。IT管理業務など、差別化につながらない業務(Undifferentiated Heavy Lifting)を減らし、イノベーションに重点を置くと同時に、Webサイトのセキュリティー、可用性、パフォーマンスを高めることが目的です。

今回は「ピンポイント講座」かつ「入門」ということで、クラウドの基本のキに絞ってお送りしました。実際のビジネスの現場では、それぞれにご事情、課題・お悩みがあることと思います。

皆さまのクラウド移行の段階にかかわらず、クラウド移行の成功を達成し、ビジネス上のメリットを最大化する方法を、ぜひ一緒に考えたいと思っています。「システム」としてのWebサイトに不安やお困りごとがありましたら、カジュアルな情報交換からで構いませんのでお気軽にご相談ください。

アンケートにお寄せいただいたコメント(一部)

  • 背景説明がわかりやすく、クラウドの理解が深まりました。
  • お話のスピードがちょうどよく聞き取りやすかったです。また、内容もわかりやすかったです。

Web担当者のためのピンポイント講座 / 画像の代替テキストを考えよう(2020月8月7開催)

2020年8月7日、「Web担当者のためのピンポイント講座 / 画像の代替テキストを考えよう」を開催しました。なお、今回も新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、オンラインで開催いたしました。

本セミナーは、Web担当者の皆さまの業務に関連性が高い情報を伝えることを目的とした、45分間の短縮版セミナーです。今回は、Webアクセシビリティの基本とも呼ぶべき、画像の代替テキストにフォーカスをしました。代替テキストの基本から、いつ・どのように考えれば良いのかまで、わかりやすく解説しました。

木達の講演の様子

はじめに、画像の代替テキストとは何かを解説。視覚障害者や画像を表示できない環境の利用者にとって、代替テキストがいかに重要かを訴えました。また、W3C/WAIが定めている代替テキスト決定ツリーを参照しながら、代替テキストの決定において参考になる5つのステップを説明。最後に、代替テキストとは、さまざまな利用環境下で多くのユーザーにコンテンツを伝えることのできる、Webの魅力と可能性の詰まった象徴であると強調し、セミナーを終えました。

取締役(CTO)木達からのコメント

改めてセミナーへのご参加、誠にありがとうございました。

ニッチなテーマを短い時間で掘り下げる、45分間の「Web担当者のためのピンポイント講座」初めての開催回でしたが、いかがでしたでしょうか。講師としてはやはり、あっという間に終わってしまった......というのが正直な感想ですが、画像の代替テキストの勘所がお伝えできていれば幸いです。

業界にWebアクセシビリティの必要性や重要性が浸透し始めて久しいものの、日々の運用を通じその継続的改善に取り組めている組織はまだ少数派ではないかと思います。まだこれから......という層に向け、よくお話させていただいているのは、「小さく産んで大きく育てる」姿勢で、実践できることをまずは確実に継続しましょう、ということです。

その点、画像の代替テキストを「ちゃんと」考えて指定する、というのは比較的取り組みやすいと思いますし、かかる労力に比して効果は絶大です。なにせ、視覚障害者の方から聞かれる不満には、いまだ代替テキストに関するものが少なくありません。ガイドラインの作成、品質チェックを仕組み化......などといった大仰なことより先に、まずは画像を掲載しようと考えるその都度、代替テキストを考える癖や習慣を身につけましょう!

アンケートにお寄せいただいたコメント(一部)

  • Webの勉強をはじめたばかりの初心者ですが、サイトを運営する上で配慮すべき視点の知識が増え、勉強になりました。
  • alt Decision Treeの考え方がとてもわかりやすく、実践したいと思いました。
  • プレゼンテーションの文字が大きく、要点もおさえられており、声も聞き取りやすかったです。

Webユーザビリティ/UX入門セミナー(2020月7月17開催)

2020年7月17日、「Webユーザビリティ/UX入門セミナー」を開催しました。毎年、多くのお客さまからご好評をいただき満席となるUX入門セミナー。今回の開催は、新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、オンラインで開催をいたしました。

なお、本セミナーは2019年度に開催した内容をアップデートし、さらに、短時間でUXについて理解していただけるよう、45分間の短縮版で開催しました。詳しい内容に関しては、セミナー開催レポート「Webユーザビリティ/UX入門セミナー(2019年7月12日開催)」をご参照ください。

潮田の講演の様子

執行役員 潮田からのコメント

この度は当社セミナーにご参加いただき誠にありがとうございました。

このセミナーは「入門」という位置づけということもあり、UXやユーザビリティの知識や実務上の経験がない方にでもご理解いただけるよう、基本的な考え方や手法に絞りつつ、なるべくシンプルな実例を用いて説明をさせていただきました。

もしかすると、この内容だけでは物足りない、もっと具体的かつ実践的な内容を知りたいと
お感じになる方も多くいらっしゃるのではないかと思いますが、例年、「実践編」という形で、ユーザビリティテストの実施方法、デザイン改善の実践方法など、より実践的かつ中上級者向けのセミナーも開催しております。今回のセミナーでUX・ユーザビリティにご興味を持っていただけたようであれば、ぜひ、今後の実践編セミナーにもご参加いただけますと幸いです。

今回は私自身も不慣れなオンラインセミナーという形での実施となり、至らぬ点・お聞き苦しい点も多々あったかと思いますが、最後までご清聴いただき、心より感謝申し上げます。

アンケートにお寄せいただいたコメント(一部)

  • 初心者でもわかりやすい言葉と事例で解説していただいたので、置いていかれることなく、UIとUXについて理解を深めることができました。
  • ゆっくりした話し方と、要点が絞れていてわかりやすかったです。また、セミナー終了後にQ&Aの対応していただき、ありがとうございました。
  • 端的にまとめられた資料と、口頭で補足されていくコンテンツのバランス。見て、聞いての両立ができたため、最後まで集中できました。

アクセシビリティチェックツール活用セミナー 2020(2020月7月10開催)

2020年7月10日、「アクセシビリティチェックツール活用セミナー 2020」を開催しました。なお、新型コロナウイルスの感染リスクを避けるため、今回もセミナーをオンラインで開催しています。

いかに効率的・効果的にアクセシビリティ品質を確保するか、というWeb担当者が直面する課題の解として、チェックツールの活用があります。本セミナーでは、複数あるアクセシビリティチェックツールの使用方法を解説しながら、各ツールのメリット・デメリットについて紹介しました。セミナーの後半では、米国Deque Systems社が開発し、当社が独自に日本語化、国内のお客さまに向け導入と運用の支援を提供しているアクセシビリティチェックツール「axe Monitor」のデモンストレーションをご覧いただきました。

木達の講演の様子

前半では、Webアクセシビリティの重要性を説明したのち、機械検証の重要性について言及。日々、追加・更新・削除されるWebコンテンツの検証をチェックツールに委ねることで、さまざまな業務をこなすWeb担当者の業務効率化につながるということを強調しました。また複数のチェックツールについて、内容や導入の仕方ごとに分類を行い、それぞれの特徴について紹介しました。

南の講演の様子

後半では、「axe Monitor」のデモンストレーションを実演。また、ツール決定後にどのようにアクセシビリティの対応を進めればよいのかについて、手順を示しながら解説しました。セミナーの最後には、アクセシビリティの向上には、ツール活用による効率化とは別に、マニュアル化などのプロセスと組織の活性化などのカルチャーの2点が必要だと訴え、セミナーを終えました。

取締役(CTO)木達からのコメント

セミナーへのご参加、誠にありがとうございました。

アクセシビリティチェックツールの紹介に特化した、他にあまり類を見ない本セミナー。昨年度は、axe Monitor(旧名称「WorldSpace Comply」)の開発元であるDeque Systems社よりゲストをお招きしたのですが、本年度については当社スタッフのみでの企画・開催といたしました。

当日ご紹介した以外にも、無料で利用可能な、さまざまなチェックツールが存在します。やはり割合としては英語圏のものが多い印象がありますが、ぜひ導入を検討いただいて、段階的に少しずつでも運用されているWebコンテンツのアクセシビリティ品質を高めていただければと思います。

いっぽう、セミナー中にご説明差し上げた通り、品質の良しあしのすべてをツールで判断することはできません。その点はよくご理解いただき、自社内で検証できる部分と切り分けていただいて、当社のご提供するサービスの活用もご検討いただければ幸いです。

アクセシビリティ部 南からのコメント

お忙しいところセミナーへのご参加、誠にありがとうございました。

セミナーでは、axe Monitor(旧名称「WorldSpace Comply」)の一部の機能をデモンストレーションいたしました。デモンストレーションで特にお伝えしたかったのは、グローバル企業に多数導入実績のあるaxe Monitorは、組織の運用に沿って柔軟に対応できる管理機能に強みがあることです。

Webアクセシビリティの品質を向上させていくためには、日々の運用のなかでいかに効率的に業務の負荷を極力増やさず、適切に対応していけるかが重要になります。大規模サイトであっても自動的にアクセシビリティの問題を検出しレポートしてくれるaxe Monitorは、サイトの規模が大きくなればなるほど効果を実感していただけます。

貴社のサイトを用いた個別デモンストレーションも随時受付中でございます。ぜひとも、導入をご検討いただければと思います。

アンケートにお寄せいただいたコメント(一部)

  • チェックツールについて詳しく教えていただいたので勉強になりました。
  • ウェブアクセシビリティについて以前より深く知ることができました。

グローバルWebサイトに求められる品質 2020(2020月7月3開催)

2020年7月3日、「グローバルWebサイトに求められる品質 2020」を開催しました。なお、新型コロナウイルスの感染リスクを避けるため、今回もセミナーをオンラインで開催しています。

現在、国際関係の変化や技術の進化により、さまざまな分野でグローバル化が広がってきています。本セミナーでは、これからグローバルにビジネスを展開しようとお考えの企業のWeb担当者さまに向けて、実際の事例などを踏まえながら品質向上に必要なポイントやトレンドを紹介しました。

前半では、Webアクセシビリティと法令順守について、実際に米国で起きた事例を交えながら、国際的に進むWebアクセシビリティの法制化について説明。2017年から2018年にかけてアクセシビリティ関連訴訟が急増した背景から、誰もがWebサイトを利用できることが、当たり前となってきていると訴えました。また、ユーザビリティとアクセシビリティの違いなどを明示しながら、グローバルUXリサーチの必要性について解説しました。

後半では、表示パフォーマンスの重要性について言及。改善のためのアプローチとして、ブラウザー上の処理・サーバーやネットワーク上の処理の2点を説明しました。加えて、グローバルサイトのWebデザインに求められるものとして、一貫性を強調。見た目や動作、トーン&マナー、ユーザビリティなどの一貫性がブランド認知を高めるということについて解説しました。

取締役(CTO)木達からのコメント

改めてセミナーへのご参加、誠にありがとうございました。トピックが多岐にわたる総花的なテーマのセミナーですと、必然的に「広く浅く」内容をお伝えせざるを得ず、参加者の皆さまにご満足いただくのは難しいものですが、予想に反してアンケートを拝見した限りご好評をいただき、うれしく思います。

Webサイトの「品質」と一言でいっても、思い浮かべる内容は人それぞれ。コンテンツそのものにまつわる品質か、それとも実装上の良しあしか、はたまたサーバーやインフラの性能に関わるものか......それぞれの領域にさまざまな品質が存在しますし、いずれも重要な品質であろうと思います。

本セミナーでは、限られた時間の中で、数ある中から当社の強みとする品質についてお話させていただきました。お聞きいただいて、殊更グローバルサイトでなくとも重要な品質ではないか? と感じられた方、その感想はごもっともです。サイトの規模や扱うコンテンツ、ターゲットユーザーの別を問わず、Webサイトに普遍的に求められる品質こそ、当社が強みとするところです。

ただ、ローカルサイトよりグローバルサイトのほうが、同じ品質であっても要求されるレベルといいますか、満たすべきレベルが(達成の難しいほうへと)格段に上がる印象が私にはあります。そしてそれは、アクセスするユーザーの多様性や、各リージョンとの連携を通じたガバナンスの難しさに由来します。グローバルサイトの運用に関し、お悩みや課題などございましたら、お気軽にご相談ください。

アンケートにお寄せいただいたコメント(一部)

  • パフォーマンスならびにデザインシステムの観点から、自社のサイトを改めて評価するきっかけとなり、大変勉強になりました。
  • グローバルサイトに求められる品質が全判的にまとめられていてわかりやすかったです。
  • 特に表示速度の話など、参考サイトを多数紹介してくださったのが参考になりました。