セミナー開催レポート

ミツエーリンクスでは、各種サービスに精通した当社スタッフが講師をつとめ、時には外部講師をお招きし、セミナーを開催しています。開催したセミナーの様子は、当Blogにてご紹介しています。

参加者募集中のセミナーは開催予定セミナーの一覧よりご確認いただけます。ご参加をお待ちしています。

2020年のWebデザイントレンド 解説セミナー(2020月4月15開催)

2020年4月15日、「2020年のWebデザイントレンド 解説セミナー(第3回)」を開催しました。なお、当初はセミナールームでの通常開催を予定しておりましたが、新型コロナウイルス感染拡大を受け、当社では初の試みとなる、オンラインでの開催とさせていただきました。

Webデザイントレンド解説セミナーは、今年も多くのみなさまからご応募いただき、同内容で3度開催することができました。オンラインでの開催にもかかわらず、多くの方々にご参加いただき、みなさまには厚く御礼申し上げます。

今回も、取締役(CTO)の木達とアートディレクターの遠藤が、企業のWeb担当者さまに向けて、新規構築時やリニューアル時に押さえておきたいデザイントレンドについて、わかりやすく解説しました。

本セミナーは今年1月と2月に開催されたものと同じ内容で行われました。セミナーの内容に関しては「2020年のWebデザイントレンド 解説セミナー(2020年1月10日開催)開催レポート」をご参照ください。

また、セミナーでみなさまからお寄せいただいた講師への質問に対して、今回からこちらのセミナーレポートにて一部回答・公開させていただきます。

お客さまからお寄せいただいた質問への回答

Q. 海外に発信をするWebサイトを検討中なのですが、Webサイトの言語対応について良い運用方法などございましたら、教えていただきたいです。
A. 対応する言語の数は、多ければ多いほどリーチを増やすことができ、望ましいと言えます。しかしながら、Webサイト経由で問い合わせや依頼をいただいても、ビジネスを展開していない国・地域からのものであれば、結局のところ対応に苦慮することになります。従い、Webサイトをビジネスと切り離して考えることなく、しっかり事業計画とひもづけて検討することが必要です。
余談になりますが、「1,000言語:世界で最も多くの言語に対応したWebサイト」や「サポート言語数で差をつける:30言語でも平均に満たない理由」といった記事も、合わせてご覧いただければ幸いです。

アンケートにお寄せいただいたコメント(一部)

  • メモしておこうと思った点が全てまとまっており、資料要約が大変わかりやすく、良かったです。お話の速度もちょうどよく、大変楽しいセミナーでした。
  • Webの動向を毎年知ることができ、とても良いセミナーだと思います。
  • オンラインのため各自のPCで資料を閲覧しながらなので、資料の細部まで見やすかったです。
  • ちょうど自社サイトで改修しようとしていた箇所がトレンドとして紹介されていたので、参考にさせていただきます。

2020年のWebデザイントレンド 解説セミナー(2020年2月14日開催)

2020年2月14日、当社セミナールームにて「2020年のWebデザイントレンド 解説セミナー」を開催しました。

Webサイトの新規構築やリニューアルをお考えの企業のWeb担当者さまに向けて、当社取締役(CTO)の木達とアートディレクターの遠藤が、2020年のWebデザイントレンド予測について分かりやすく解説いたしました。

本セミナーは今年1月に開催されたものと同じ内容で行われました。セミナーの内容に関しては前回開催の「2020年のWebデザイントレンド 解説セミナー(2020年1月10日開催)開催レポート」をご参照ください。

なお、本セミナーは好評につき、2020年4月15日(水)に第3回の開催を予定しております。現時点では実施する予定ではございますが、新型コロナウイルス感染拡大状況により、開催を見合わせていただく可能性がございます。みなさまにはご迷惑をおかけいたしますが、ご理解ご協力の程どうぞよろしくお願い申し上げます。

木達の講演の様子
遠藤の講演の様子

アンケートにお寄せいただいたコメント(一部)

  • 現在のWebトレンドや重要なことが分かりやすくまとめられており、大変ためになる内容でした。説明や資料も分かりやすかったです。
  • 知らない知識や、最新の動向を知ることができ、有意義な時間をいただきました。
  • 事例を交えて説明してくださったため、自社サイトと比較して参考にしやすかったです。
  • 資料に掲載してあるサイトのQRコードが記載してあり、スムーズに確認することができました。

Webアクセシビリティ入門セミナー 2020(2020年2月7日開催)

2020年2月7日、当社セミナールームにて「Webアクセシビリティ入門セミナー 2020」を開催しました。

さまざまなデバイスで、さまざまなユーザーがインターネットを利用するようになった今日、企業にとってWebアクセシビリティは必要不可欠な品質となってきています。そこで本セミナーでは、取締役(CTO)の木達から、Webアクセシビリティの入門的な内容から、Web担当者が今すぐにできるアクセシビリティのチェック方法についてご紹介しました。

木達の講演の様子

前半では、Webを利用するコンテキストの多様化について言及。デバイスやユーザーの多様化により、いつどんな人が使用しても同じ使いやすさを維持することの重要性について訴えました。また、企業でWebアクセシビリティに対応するためのPDCAを紹介。自社サイトの現状把握や方針策定の際に検討すべき水準の目安として、WCAG、ISO/IEC 40500、JIS X 8341-3などのガイドラインについて解説しました。

後半では、自社Webサイトのアクセシビリティを簡単にチェックできる、キーボード操作やChrome拡張機能の紹介を行いました。最後に、継続的にWebアクセシビリティに取り組むためには、「高すぎる目標をたてるのではなく、小さいところから着実に整備していくことが重要です」と強調してセミナーを終えました。

アンケートにお寄せいただいたコメント(一部)

  • 書きとめたいと思ったポイントがすでに書いてあるなど、資料がとてもわかりやすかったです。
  • WebアクセシビリティとSEOの共通点など目からうろこの視点が多く、とても面白く聞かせていただきました。
  • アクセシビリティのチェックツールをたくさん教えていただけたので、実践してみようと思います。

2020年のWebデザイントレンド 解説セミナー(2020年1月10日開催)

2020年1月10日、当社セミナールームにて「2020年のWebデザイントレンド 解説セミナー」を開催しました。

毎年多くのみなさまにご参加をいただき、「Webデザイントレンド解説セミナー」は今年で6年目を迎えることができました。今回も、英語圏で注目されているWebトレンドからパーツのデザイントレンドまで、企業のWeb担当者さまに向けてご説明いたしました。

なお、本セミナーは好評につき第2回(2020年2月14日)、第3回(2020年4月15日)の開催が決定しておりますが、多数のお申し込みをいただいており、第2回は満席となっております。第3回も残席数わずかとなっておりますので、お早めにお申し込みください。

木達の講演の様子

前半に登壇した木達は、英語圏におけるWebデザイントレンドについて言及。海外のサイトを提示しながら、2019年からの継続が予想されるトレンド「ブロークングリット(非対称レイアウト)」や「オリジナルイラスト」などについて紹介しました。また、2020年のWebトレンドとして、「Windows 7/IE 10」のサポートの終了などの近況を伝えつつ、スマホの大画面化に向けた「レスポンシブWebデザイン」や表示パフォーマンスが良好である「JAM stack」、持続可能な開発目標「サステナブルWebデザイン」が進むという予測を発表しました。

遠藤の講演の様子

後半に登壇した遠藤は、より具体的なパーツのデザイントレンドについて解説。以前よりも、簡潔で明快さの重要度が増してきていると強調しながら、①操作のしやすさ②判断のしやすさ③状況の分かりやすさの3つのポイントに分けて説明しました。また、今回は簡単なワークショップを織りまぜ、デザインの考え方についてセミナーにご参加されたみなさまにも取り組んでいただきました。

アンケートにお寄せいただいたコメント(一部)

  • トレンドとともに差別化のポイントなど、幅広い視点で話をしていただき勉強になりました。
  • 現在のトレンドを知ることで、自社サイトの見せ方など役立てることができそうです。
  • 具体例が多く分かりやすかったです。専門家としての意見を聞くことができてよかったです。
  • 毎年参加させていただいていますが、内容が変化していて勉強になります。

今さら聞けない?アマゾン ウェブ サービス~Web担のための知っ得AWS~(2019年12月12日開催)

2019年12月12日、当社セミナールームにて「今さら聞けない?アマゾン ウェブ サービス~Web担のための知っ得AWS~」を開催しました。

近年は社内システムのクラウド基盤として、AWS活用が急速に広がっています。企業Webサイトも例外ではありません。本セミナーでは、当社第一事業部システム本部の榛葉のほか、アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社の中村氏にもご登壇いただき、企業のWeb担当者さまに向けてAWS(Amazon Web Services)の概要から活用トレンドまで分かりやすくご説明いたしました。

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社の中村氏 講演の様子

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社の中村氏は、AWSの基礎について言及。AWSクラウドの特徴とは、①初期投資が不要であること②スケールアップ/ダウンが容易であること③機能やスピード面など、進化し続けていることであると強調しました。また、インフラやセキュリティー面、データ管理など、どのように運用しているのかについても解説。サーバーレスによるお客さまへの効果など他社事例を用いながら説明しました。

榛葉の講演の様子

榛葉は、企業WebのAWSクラウド活用トレンドについて紹介。企業WebにはバイモーダルIT(守りのIT(SoR)と攻めのIT(SoE)の連携)が求められる時代であると強調し、それを可能にするのが、サーバーレス環境だと訴えました。また、業務の貢献度を高める道のりを描いたクラウドジャーニーを示しながら、最新のAWS活用トレンドについて詳しくご説明いたしました。

アンケートにお寄せいただいたコメント(一部)

  • AWSの可能性を感じることができました。
  • 動向トレンドを知ることができて良かったです。
  • 事例をたくさんあげて詳しく説明していただけて、分かりやすかったです。

ミツエーカンファレンス2019「改善DAY」(2019年11月22日開催)

2019年11月22日、当社セミナールーム・ブレイクルームにて「ミツエーカンファレンス2019『改善DAY』」を開催しました。Webサイトの「改善」をキーワードに、UX・動画・SEO・CMS・アクセシビリティ・ガイドラインという6つのテーマを1日に集約。それぞれの専門家が、改善に役立つ情報を短い時間に凝縮し、中身の濃い講演を行いました。

当日の時間割は、以下になります。

  1. 13:30~ セッション1 デザインとUXの「行き来」によるサイト改善の活性化
  2. 14:15~ セッション2 企業動画におけるやりがち失敗の処方箋
  3. 15:00~ セッション3 SEOにおいて表示パフォーマンスよりも重要な改善施策とは
  4. 15:50~ セッション4 業務ダイエットにコミットするCMS乗り換え術
  5. 16:35~ セッション5 今日から始める!Webアクセシビリティの現状把握と改善のポイント
  6. 17:20~ セッション6 デザインの一貫性向上がもたらすブランディング改善

各セッションの内容は、当社・木達のコラム「ミツエーカンファレンス2019『改善DAY』開催報告」をご参照ください。

セミナールームの様子

ポスター展示会を開催

リラックスエリア(ブレイクルーム)では、各セッションのテーマに基づいたポスター展示会を開催いたしました。実際の事例や具体的な課題解決方法などについてご紹介をさせていただきました。

リラックスエリア(ブレイクルーム)でセミナー中継を実施

普段セミナールームでしか聞くことのできない講演内容を、リラックスエリア(ブレイクルーム)で生中継いたしました。セミナールームとはまたちがった、ゆったりとした雰囲気でご聴講をお楽しみいただきました。

アンケートにお寄せいただいたコメント(一部)

セッション1
  • 内容と事例が分かりやすく、社内でのUXデザインの啓蒙活動に参考にさせていただきます。
  • 普段、陥りがちな点でしたので、とても勉強になりました。
セッション2
  • 動画制作に関する知識がなかったため、3Hや動画時間等、勉強になりました。
  • 要件定義、構成案、動画公開後に分けて留意点が示されていて、良かったです。
セッション3
  • Google検索アルゴリズムにいかに適応していくかを検討していく重要さを再認識できました。
  • ここまで教えていただいて良いの?くらいの具体的な内容で良かったです。
セッション4
  • CMSの動向が非常にまとめられており、分かりやすかったです。CMS製品について見極められることが重要であると改めて感じました。
  • 当社でもCMSのリプレースを検討しており、漠然と検討していることを言語化していただいている印象を受けました。
セッション5
  • 自分でも使用できる無料ツールの紹介があり、すぐにやってみようと思えるセミナーでした。
  • アクセシビリティに注目する機会は少なかったので、非常に参考になりました。
セッション6
  • ブランディングの言葉は知っていましたが、その重要性については認識していなかったため、勉強になりました。
  • とても奥深いお話を聞けて、大変勉強になりました。なんとなく思っていたことが、明確な言葉で説明され、今日来て良かったと思いました。

使いやすさを超えたユーザビリティテスト実践方法(2019年11月15日開催)

2019年11月15日、当社セミナールームにて「使いやすさを超えたユーザビリティテスト実践方法」を開催しました。

モバイルの普及でWebサイトの多様で流動的な利用シチュエーションが生まれ、多くのサイトである一定のユーザビリティが担保され始めた今、従来のような検証タイプのユーザビリティテスト(ユーザーの目的達成ができるか)の視点だけでは明確な課題を捉えきれなくなっています。
本セミナーでは、今後、Webサイト改善に向けて企業はどのようにユーザビリティテストを実施していくべきかを、動画を使用した事例を用いながら、UXリサーチャーの亀山が詳しくご説明いたしました。

亀山の講演の様子

前半では、実際よく見受けられるユーザビリティテストの例を紹介。タスク設計の際、作り手の希望に沿ったものを設計していないか、インタビューの際、ユーザーの声のみに引っ張られて問題を見落としていないか、バイアス質問(調査の内容を回答者に推測させてしまうような質問)をしていないか、という課題を捉えきれない原因3つを示しました。

後半では、前半の課題をもとに、これから必要なユーザビリティテスト設計の考え方について言及。また、テストの結果から、データをどう読みデザインにつなげるかまでの思考プロセスについて、ありがちなUI改善議論や図表などを示しながらご説明いたしました。

最後に亀山は、使いやすさを越えたユーザビリティテストの問題を改善するためには、ユーザーをしっかりと観察し、その言動の背景をよく考察する必要があると強調し、セミナーを終えました。

アンケートにお寄せいただいたコメント(一部)

  • 余分な内容がなく、しぼられた内容になっておりとても参考になりました。
  • 従来のユーザビリティテストの問題でご紹介いただいたバイアスの質問がどうよくないのか、どうしたらユーザーの意見を引き出すことができるのか理解できました。
  • 講師のお話の内容、資料、ともに分かりやすくあっという間の2時間でした。
  • 動画での実例を見せてもらえ、課題と改善が分かりやすかったです。