Smart Communication Design Company
ホーム > セミナー > セミナー開催レポート

セミナー開催レポート

ミツエーリンクスでは、各種サービスに精通した当社スタッフが講師をつとめ、時には外部講師をお招きし、セミナーを開催しています。開催したセミナーの様子は、当Blogにてご紹介しています。参加者募集中のセミナーは開催予定セミナーの一覧よりご確認いただけます。ご参加をお待ちしています。

2017年のWebデザイントレンド 解説セミナー(2016年12月13日開催)

予想される2017年のデザイントレンドを先取りすべく詳しくご紹介

2016年12月13日、当社セミナールームにて2017年のWebデザイントレンド 解説セミナーを開催しました。セミナーでは、Web担当者に向け、海外トレンドから読み解いた2017年のデザイントレンドを紹介いたしました。おかげさまで本セミナーは、多数お申し込みをいただき満席となり、第2回の開催が決定いたしました。

取締役社長兼CTO木達の講演の様子

デザイントレンドだけでなく、デザイントレンドを反映させた構築のプロセスまでをご解説

第一部では木達より、海外サイトからトレンドを読み解き、マイクロインタラクションなど8つのキーワードから2017年のトレンドを紹介いたしました。加えて、変化し続けるニーズに応えるためサイトの部分最適化が重要であること、部分最適化を行っていくうえでシステムデザインが必要であることを解説いたしました。

第二部ではアートディレクターの遠藤より、Web制作会社からWebサイトオーナーに向けて、Atomic Designやシステムデザインの考え方に則ったサイト構築はどのように進めていくのかを解説し、来場者の方よりご好評をいただきました。また、シンプルなデザインが増える中オリジナリティのあるサイトとはどのようなサイトなのかという話では、国内外の事例を紹介しながら、オリジナリティを表現するためには統一された世界観を表現するパーツが重要になるという話がありました。

セミナーの最後の質疑応答では、昨年も参加いただいたお客様に、2016年のWebデザイントレンドセミナーで取り上げられていたマテリアルデザインが実際にトレンドとなったかという質問があがりました。初期のフラットデザインにみられた、クリック領域がわかりにくい等の課題を解消できることもあって、一時期と比べマテリアルデザインは浸透してきている、という回答が木達と遠藤よりありました。

アートディレクター遠藤の講演の様子

このセミナーは、2017年2月3日にも再度開催されます。2017年のトレンドを先取りしたい方は、ぜひご参加ください。

アンケートにお寄せいただいたコメント(一部)

Web担当者が知っておきたい常時SSL/TLS対応セミナー(2016年11月22日開催)

常時SSL/TLS化の必要性をわかりやすく解説

2016年11月22日、当社セミナールームにてWeb担当者が知っておきたい常時SSL/TLS対応セミナーを開催しました。セミナーでは、Webサイト担当者の方へ向け、合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ 中川 就介氏をお招きし、なぜ常時SSL/TLS化する必要性があるのかについて解説しました。

合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ 中川氏の講演の様子

概念的な部分から実践的な部分まで、網羅的に常時SSL/TLS化について紹介

第一部では、中川氏より常時SSL/TLS化とはなにかという解説から始まり、海外のトレンドを交えながらなぜ常時SSL/TLS化の必要性の高まりを紹介いただきました。概念的な話のみならず、どこの認定局がよいのかという具体的な紹介をしていただきました。第二部では木達からミツエーリンクスのWebサイトを常時SSL化した際のフローを紹介しました。フロントエンドでの注意点やSSL化する上での注意点など技術的な話が中心となりました。アンケートからも常時SSL/TLS化の必要性が理解していただけた様子でした。

取締役社長兼CTO木達の講演の様子

アンケートにお寄せいただいたコメント(一部)

「データ主導のマーケティング」解説セミナー(2016年11月8日開催)

ダッシュボードの必要性と「DataDeck」の活用方法をわかりやすく解説

2016年11月8日、当社セミナールームにて「データ主導のマーケティング」解説セミナーを開催しました。セミナーでは、マーケティング担当者の方へ向け、株式会社Ptmind 安藤 高志氏をお招きし、意思決定の速度を上げる手がかりとなる統合ダッシュボードについて解説しました。

株式会社Ptmind 安藤氏の講演の様子

Webサイトの現状を測定・管理する手段として「DataDeck」の利用方法を紹介

第一部では安藤氏より、ダッシュボードとはどういったものか、デジタルマーケティングの海外トレンドやダッシュボードを導入することのメリット、ダッシュボードの必要性を紹介いただきました。続いて第二部では田口より、データ統合ダッシュボード「DataDeck」の利点を紹介したのち、実際のダッシュボードを編集しながら使い方のデモンストレーションを行いました。セミナーの最後には執行役員の芳賀をファシリテーターとして、クロストークが行われました。来場者の方の近況を伺いながら、サービスの今後について語りました。

クロストークの様子

アンケートにお寄せいただいたコメント(一部)