Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > テックラウンジBlog > 2018年8月 > Vol.71「人を観よ! いくぜ東京 夏の人事!(字余り)」(8月23日開催)

テックラウンジBlog

ミツエーリンクス社内で催されているイベント「テックラウンジ」の模様をお届けします。

テックラウンジは所属部署に関係なく、みんなで教えあって楽しくスキルアップすることが目的のイベントです。

Vol.71「人を観よ! いくぜ東京 夏の人事!(字余り)」(8月23日開催)

Webディレクター 佐川
六文銭のモチーフ入りの赤備えをまとったテックラウンジマスコットキャラクターのてっくらうんじちゃん「Vol.71 人を観よ! いくぜ東京 夏の人事!(字余り)」

こんにちは、Webディレクターの佐川です。
今日は8月23日に開催されたテックラウンジVol.71の様子をご紹介したいと思います。

今回のテーマは「人を観よ! いくぜ東京 夏の人事!(字余り)」ということで、ミツエーリンクスの人事の方々が満を持して登場!
イベント名に「テック」がつくことからもわかる通り、普段は技術寄りな話が多いため、いつもとはどこか違った空気感が漂っていました。

入社時には必ずお世話になりますが、いざ仕事が始まってしまうとなかなか業務上で関わる機会がない人事スタッフ。
今回は現場の制作スタッフが人事や採用を改めて考える、絶好の機会となりました。

実はあなたも人事部です!

最初の登壇者は採用担当のHさん。

IT人財※1難と言われているこのご時世、人事だけで人財を集めるのはとても難しく、在籍しているスタッフの協力も実はすごく大切とのこと。
Hさん自身、Web制作や運用に携わっている知人と話してみると意外と仕事上の悩みがあったり、環境を変えたいと考えている人の存在に気付いたそうです。
そういったスタッフ1人1人の声がけや発信が、貴重な人財確保につながるのですね!

また、中途採用者を対象に行っている「オフィス見学ツアー」という会社案内イベントでは、「中途採用でオフィスを見れる機会があまりないのでうれしい」「悩みを聞いてもらえて嬉しい」といったお声もいただいているそうです。

何か伝えたくて 夏 2018 人事Ver

2人目の登壇者は採用担当のNさん。

同じく採用担当をしているNさんからは、「人財」の育成がどのように会社の貢献につながるのか、人事目線でお話いただきました。
「人を育てる」ということは、戦力が増えることで自分が楽になるだけでなく、教える過程での気づきが自分自身の成長にも繋がるとのこと。

今年で入社2年目となる私の心に深く刺さるテーマでした。

人事以外の話題もよろしいでしょうか...コーポレートグループについてお話しします

最後の登壇者はコーポレートグループ統括のMさん。

コーポレートグループとは、ミツエーリンクスの人事部や広報部、経理部など計9つの部・チームを総括したグループを指します。
普段制作業務を行っている現場のスタッフからは業務内容がわかりづらいという事情もあり、統括直々にグループ全体の解説をしていただきました。

コーポレートグループの方々がいるからこそ普段安心して制作業務に専念できるのだと、改めて認識させられる機会でした。

まとめ

普段Webページをつくっている我々も、実は会社の人事に貢献ができるということ、そして教育することの重要性というのは中々意識する機会がないかと思います。
今回のテックラウンジは、スタッフ一丸となってよりよい組織づくりを目指すきっかけとなったのではないでしょうか!

次回の開催は9月を予定しております。お楽しみに!

[1]: 会社にとっての人材とは最大の武器であり、かけがえのない財産であると個人的に考えているため当記事では「人財」と表現しています。