Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > テックラウンジBlog

テックラウンジBlog

ミツエーリンクス社内で催されているイベント「テックラウンジ」の模様をお届けします。

テックラウンジは所属部署に関係なく、みんなで教えあって楽しくスキルアップすることが目的のイベントです。

アクセシビリティの祭典 in MLC 2017 開催レポート

クリエイティブディレクター 兼平

8月30日にアクセシビリティの祭典 in MLC 2017という社内イベントを行いました。そのときの様子をご紹介します。

アクセシビリティの祭典in MLC 2017とは?

NPO法人アイ・コラボレーション神戸さんが主催しているアクセシビリティの祭典というイベントにインスパイアされ企画したイベントです。社内でも年に一度はアクセシビリティ関連のお祭りを行って、アクセシビリティに対する理解を深めていきたいと思い開催しました。

※ なお、アクセシビリティの祭典という名称で社内イベントを行うことについては、イベントの主催者より承諾いただいております。

開会式

はじめに当社取締役社長の木達からあいさつがあり、社外で行ってきたアクセシビリティイベントを紹介いただきました。アクセシビリティのトピックは難しいイメージを持たれがちなため、イベントではお祭り感を演出するといった工夫がよくなされるようです。ちなみに登壇する際にいつも着ていらっしゃる法被は、NASAでNASA音頭を踊り宇宙飛行士を送り出そうという企画のために作ったものであるとのことでした。

WorldSpaceについて

当社では、WorldSpace Complyというアクセシビリティチェックツールを提供しています。そのチェックツールの特徴・使い方をアクセシビリティ部のNさんに改めて説明いただきました。ツールにチェックしたいサイトのURLを入力することで、多数の改善点を検出する様子の実演もありました。

社内のAA案件について

アクセシビリティ部のHさんにWCAG 2.0 AAレベル対応の際のチェックポイントや注意点をお話いただきました。AA対応の経験者にヒアリングしたところ、サイトのカラー選定に苦労するケースが多いとのことでした。スムーズに対応するためには日頃からAAを意識して作業をする、作業期間を多めに確保する、ウィジェット制作の際はWAI-ARIA Authoring PracticesのDesign Patterns and Widgetsで紹介されているExamplesに目を通すと良い等のアドバイスをいただきました。

クイズ大会

アクセシビリティに関するトピックのクイズ大会を行いました。クイズを通して、Techniques for WCAG 2.0やNVDAのテキスト読み上げの特徴などを紹介いただき、楽しみながらアクセシビリティへの理解を深めることができました。

グランドフィナーレ ミツエーリンクスのアクセシビリティ検証の歴史と未来

最後に品質管理部やアクセシビリティ部の方々でのトークセッションを行いました。テーマは「アクセシビリティ検証の歴史と未来」ということで、当社の品質管理体制の変遷についてお話いただきました。当社では2010年からアクセシビリティ標準対応を行っています。チェックに工数がかかるということで、オプションとして有料で対応するべきではないかなど、当時は議論を呼んだそうです。しかしこの方針によって、ミツエーリンクスの強みを作ることができたとお話いただきました。いずれ他社も同様の水準で対応するようになることが予想されます。そのとき当社はより高い水準でのアクセシビリティを実現し、Webサイトにとどまらずあらゆるデジタルコンテンツのアクセシビリティを担保できる会社でありたいとのことでした。

今回のイベントはアクセシビリティ部をはじめたくさんの方にご協力いただきました。おかげさまで、楽しみながらアクセシビリティについて学べる良い機会になったのではないでしょうか。テックラウンジでは今後もこのようなイベントを開催していきたいと思います。次回もお楽しみに!

Vol.63(8月9日開催)

UI開発者 宇賀

8月9日に開催されたテックラウンジVol.63の様子をご紹介します。

今回テーマは「なんだろな アクセシブルって なんだろな」です。

登壇者の方々から、これまで関わった案件や自身が気をつけていることなどのアクセシビリティにまつわるお話を聞く会となりました。

品管でのチェックポイント

最初の登壇者は普段納品物の検品を行っている品質管理部の方でした。アクセシビリティの項目を検品する際に、頻出する指摘事項や具体的なチェック方法を事例とともに紹介してくださいました。実際に登壇者の方が使っているという「間違った使われ方をしやすい文字列を検出するための正規表現」なども共有され、参加者の皆さんもよりいっそう細かい自己検品ができるようになったのではないかと思います。

アクセシビリティマン Vs インビジブルマン

次にお話をしてくださったのは、UI開発者の方です。インビジブルデザインという概念と絡めたアクセシビリティへのアプローチを紹介してくださいました。インビジブルデザインとは、よいデザインほどユーザーに気づかれないものである(逆に、文字サイズが大きすぎる、小さすぎるとユーザーに思われた場合よいデザインとはいえない)といった考え方だそう。WCAG 2.0の中には「明確なビジュアル」「シンプルなユーザーフロー」「ユーザーのミスに寛大」などを求める項目があります。そのことからユーザーにとって理解しやすい、使いやすいこともアクセシビリティには含まれるということがわかりますが、アクセシビリティをインビジブルデザインの考え方とあわせることで、よりユーザーがストレスなく利用できるアクセシブルなWebコンテンツが制作できるのではないかとお話を聞いて感じました。

うちのリモコン

最後に、UIデザイナーの方のお話です。WebアクセシビリティにはWCAG 2.0がありますが、ガイドラインはあくまでもガイドラインであるということを忘れてはならないというお話でした。自宅に届いた新しいエアコンのリモコンとご家族との相性が悪く、残念ながら使い方がわかりにくいという印象を持ったそう。そのリモコンはすべての情報が閲覧でき、必要な操作が可能ではありました。しかし、使い勝手は悪く感じたとのこと。そこで大切なのは、ガイドラインを満たすだけにとどまらず、アクセシブルであることを前提としながらその先に踏み込んでデザインを考えることだそうです。最近話題のインクルーシブデザインという言葉がありますが、Webコンテンツにおいても実際のユーザーを中心に考え、体験価値も考慮した設計をする考え方は大切にしていきたいですね。

Mitsue Tech Lounge::after

テックラウンジの後は、その日のテックラウンジへの感想や意見、その他自由な話題で盛り上がり、部署を超えての交流を図るイベント「Mitsue Tech Lounge::after」を行います。

今回は、お題カードを用意してそのお題に沿った座談会を行いました。今まであやふやだったことや、知らなかったことの発見につながる有意義な場となりました。今後の::afterにも期待が高まりますね!

次回のテックラウンジは10月開催となります。次回もお楽しみに!

Vol.62(7月19日開催)

Webディレクター 宮代

7月19日に開催されたテックラウンジVol.62の様子をご紹介します。

今回は「納涼スペシャル!ほんとにあった怖い案件 2017」と題して、日々の業務の中で体験したちょっとヒヤッとしたお話を聞く会といたしました。

テックラウンジVol.62(07月19日開催)会場の様子

消える案件。。

最初のLTは営業スタッフのSさん、Mさんが登壇。それぞれが担当されたリニューアルにまつわるヒヤッとしたお話をしていただきました。順調に進んでいたご提案も、お客様とのちょっとした認識やタイミングのズレから中止になってしまうこともあるとのことでした。そんなそれぞれの経験から、Sさんは社内で決められた手順をしっかり守ることはとても大切である、Mさんはお客様の発した言葉の背景にはどんなことがあるのかを読み取ってものごとを判断するべきだ、という学びを得たそうです。

四ツ谷怪談

続いては、同じ運用案件を担当されているというディレクターとクリエイティブディレクターに日々の運用の中で起きたヒヤッとした体験を話していただきました。毎日のようにいただくご依頼に対しても常に気を引き締めて対応するということがとても大切だという内容で、いつ何時、何が起こるかわからないため、お客様やチームメンバーとの連携が非常に重要であるということを教えていただきました。

他社との「インフラ分担管理」の恐怖

三番目のLTでは、ネットワークエンジニアとしてバックエンドのシステムを担当するスタッフの方にお話しいただきました。日々の仕事の中で体験したできごとを具体的な事例を交えて説明していただいたのですが、他社と共同で手がけた案件では認識の違いのせいで想定していた以上の作業範囲を対応せざるを得なくなってしまうといったような、普段システムには馴染みのない私たちにもヒヤッと感が伝わる内容になっていました。他社との共同案件では、自分の担当範囲外にもよく気を配って作業をしなければいけないということを教えていただきました。

自殺コマンド ~壊れたエンターキーの呪い~

次にご登壇いただいたのは、UI開発者のスタッフです。絶対に使ってはいけない恐怖のコマンドや、案件引き継ぎ時のトラブルなど、たくさんの怖い話を笑いを交えた語りでお話していただきました。夜のオフィスでの本当の恐怖体験談は、「え、うそ......」というような恐怖の声まで上がる内容でした。締めでは案件で怖いことはないです、という勇気づけられるお言葉をいただきました。

品管も見た 世にも奇妙な案件

最後のLTは、品質管理部に所属されているスタッフの方からのお話です。とあるサイトのリニューアル案件で起こった、ファイルのチェック方法にまつわるヒヤッとする体験をお話いただきました。CMSでアップした一万点ほどある膨大なファイルを、一つ一つチェックしていかなければならない状況だったそうです。考えただけでもクラクラしてしまいますね。しかしチームメンバーと共に諦めずに方法を考えた結果、ブックマークレットを用いてより早く検証する方法を編み出すことができ、無事予定通り公開することができたそうです。その体験から、CMSなどのツールは便利であるけれど不便な側面もあり、それを活かすにはコミュニケーションが大切であるということを学んだのだと教えていただきました。

スペシャル回ということもあり、たくさんのスタッフの方々に参加していただき、とても賑わいを見せた今回。これからの業務の教訓となるお話を聞くことができた良い機会になったと思っていただけていれば幸いだなと思います!

次回のテックラウンジは8月開催となります。次回もお楽しみに!