Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > テックラウンジBlog

テックラウンジBlog

ミツエーリンクス社内で催されているイベント「テックラウンジ」の模様をお届けします。

テックラウンジは所属部署に関係なく、みんなで教えあって楽しくスキルアップすることが目的のイベントです。

Vol.59(11月16日開催)

クリエイティブディレクター 兼平

11月16日に開催されたテックラウンジVol.59の様子をご紹介します。
今回はコーディング技術に関する内容がメインでした。

Chrome開発ツールでできる表示パフォーマンスアップの一歩 : 初級編

Chrome Developer Toolsを使った表示パフォーマンスの確認・改善方法の説明です。

Timelineパネル・Auditsパネルなどを使い、JavaScriptのソースコードを改善していく様子を実演していただきました。

少しの修正でパフォーマンスが劇的に上がりました。


コードスプリント

先月はデザイナーによるデザインスプリントを行いましたが、今回はJavaScriptのコードスプリントを行いました。

簡単なロジックの問題を複数出し、各チーム1人ずつコードを書いていただきました。

画面をスクリーンに映しているので、書いている様子をリアルタイムで見ることができます。

問題はシンプルですが、各自の考え方や書き方の違いがうかがえる、貴重な機会でした。

次回の開催は1月となります。2017年のテックラウンジもお楽しみに!

Vol.58(10月13日開催)

UI開発者 宇賀

10月13日に開催されたテックラウンジVol.58の様子をご紹介します。
今回のテックラウンジは、 いつもとは一味違う内容となりテックなお話を聞いて学ぶだけではなく、実際に体験する場として賑わいを見せました。

テーマはずばり、「新生・テックラウンジ!!」です。

アジャイル・ビーコン・チームによるミニゲーム

弊社のコラムや、 Mitsue-Links 2.0 Blog でもおなじみの、2016年6月に発足した組織文化の変革を先陣に立って取り組んできたチーム、それが「アジャイル・ビーコン・チーム」です。

内容は「リーン」という考え方を実際に体験してみよう!というコーナーで、チームで複数回同じ作業をしていき、ムダを次々と減らすことができていく過程を身をもって体感することができるというものでした。

デザインスプリント

2つに分かれたチームそれぞれが、案件でバナーに対して修正作業が発生した場合「どのように修正作業を行うのか」を実際に見せていただきました。

用意した2つのスクリーンにそれぞれのチームの画面を映し、解説者とともにライブ実況が繰り広げられました。

普段見ることができない、他の方の「ツールの使い方」や「作成時の過程」などを見ることができる貴重な時間だったと思います。

「新生・テックラウンジ!!」の名に恥じない、充実した1時間でした。

次回のテックラウンジは11月開催となります。次回もお楽しみに!

カズトーーク!Vol.10

取締役 木達

直近一ヶ月間のうち、私が目にした中で気になったWebデザインに関する英文記事を紹介する、というイベント「カズトーーク!」の第10回を、10月6日の晩に開催しました。

カズトーーク!Vol.10 会場風景

この日の「one more thing...」(最後のオマケの紹介)では、私自身2度利用したことのあるカプセルホテル、9h(ナインアワーズ)を取り上げてUXデザインを論じた記事、This Capsule Hotel Shows Us What the Future of Reality Looks Like。施設内の動線や随所に見られる図解は、デザインに関わっている方であればきっと興味深く感じられると思いますから、機会があれば是非。