Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > テックラウンジBlog

テックラウンジBlog

ミツエーリンクス社内で催されているイベント「テックラウンジ」の模様をお届けします。

テックラウンジは所属部署に関係なく、みんなで教えあって楽しくスキルアップすることが目的のイベントです。

Vol.62(7月19日開催)

Webディレクター 宮代

7月19日に開催されたテックランジVol.62の様子をご紹介します。

今回は「納涼スペシャル!ほんとにあった怖い案件 2017」と題して、日々の業務の中で体験したちょっとヒヤッとしたお話を聞く会といたしました。

テックラウンジVol.62(07月19日開催)会場の様子

消える案件。。

最初のLTは営業スタッフのSさん、Mさんが登壇。それぞれが担当されたリニューアルにまつわるヒヤッとしたお話をしていただきました。順調に進んでいたご提案も、お客様とのちょっとした認識やタイミングのズレから中止になってしまうこともあるとのことでした。そんなそれぞれの経験から、Sさんは社内で決められた手順をしっかり守ることはとても大切である、Mさんはお客様の発した言葉の背景にはどんなことがあるのかを読み取ってものごとを判断するべきだ、という学びを得たそうです。

四ツ谷怪談

続いては、同じ運用案件を担当されているというディレクターとクリエイティブディレクターに日々の運用の中で起きたヒヤッとした体験を話していただきました。毎日のようにいただくご依頼に対しても常に気を引き締めて対応するということがとても大切だという内容で、いつ何時、何が起こるかわからないため、お客様やチームメンバーとの連携が非常に重要であるということを教えていただきました。

他社との「インフラ分担管理」の恐怖

三番目のLTでは、ネットワークエンジニアとしてバックエンドのシステムを担当するスタッフの方にお話しいただきました。日々の仕事の中で体験したできごとを具体的な事例を交えて説明していただいたのですが、他社と共同で手がけた案件では認識の違いのせいで想定していた以上の作業範囲を対応せざるを得なくなってしまうといったような、普段システムには馴染みのない私たちにもヒヤッと感が伝わる内容になっていました。他社との共同案件では、自分の担当範囲外にもよく気を配って作業をしなければいけないということを教えていただきました。

自殺コマンド ~壊れたエンターキーの呪い~

次にご登壇いただいたのは、UI開発者のスタッフです。絶対に使ってはいけない恐怖のコマンドや、案件引き継ぎ時のトラブルなど、たくさんの怖い話を笑いを交えた語りでお話していただきました。夜のオフィスでの本当の恐怖体験談は、「え、うそ......」というような恐怖の声まで上がる内容でした。締めでは案件で怖いことはないです、という勇気づけられるお言葉をいただきました。

品管も見た 世にも奇妙な案件

最後のLTは、品質管理部に所属されているスタッフの方からのお話です。とあるサイトのリニューアル案件で起こった、ファイルのチェック方法にまつわるヒヤッとする体験をお話いただきました。CMSでアップした一万点ほどある膨大なファイルを、一つ一つチェックしていかなければならない状況だったそうです。考えただけでもクラクラしてしまいますね。しかしチームメンバーと共に諦めずに方法を考えた結果、ブックマークレットを用いてより早く検証する方法を編み出すことができ、無事予定通り公開することができたそうです。その体験から、CMSなどのツールは便利であるけれど不便な側面もあり、それを活かすにはコミュニケーションが大切であるということを学んだのだと教えていただきました。

スペシャル回ということもあり、たくさんのスタッフの方々に参加していただき、とても賑わいを見せた今回。これからの業務の教訓となるお話を聞くことができた良い機会になったと思っていただけていれば幸いだなと思います!

次回のテックランジは8月開催となります。次回もお楽しみに!

Vol.61(6月14日開催)

クリエイティブディレクター 澤田

6月14日に開催されたテックラウンジVol.61の様子をご紹介します。
今回は、入社から1年が経過した16新卒ディレクターの「1年振り返り」をテーマとしたフレッシュな話を聞ける機会となりました。

登壇した3名のスタッフの発表タイトルと共に、その様子をお伝えしたいと思います。

システムのディレクションとは? ~1年間の振り返り

最初のLTはテクニカルディレクターのKさん。そもそものシステムとは?という点からそのディレクションについてまで、わかりやすくお話いただきました。そして1年間で学んだこととして、「コミュニケーションが何よりも重要!」とのことです。コミュニケーションをしっかりとることで、ミスが減り楽しく仕事ができるようになったそうです。確かに、コミュニケーションをとることは、社内社外問わず、またどの職種に限らずとも大切にしていきたいことですね。

わたしの失敗と挑戦

2番手はWebディレクターのAさん。配属されてからこの1年間で、サイトリニューアルや構築、運用などさまざまな案件に携わってきたそうですが、失敗も多くあったといいます。その中で学んだこととして、 「制作担当との認識のズレをなくす」「わからないことはすぐ確認する」「指示をするときは箇条書きでわかりやすく」という3点をあげていただきました。そして今後Webディレクターとしてもっと成長するために、お客様への提案をよりわかりやすく伝えられるよう日々挑戦しているとのことです。失敗を経験することで成長でき、その後の挑戦にもつながるということを教えていただきました。

1年の振り返り

最後に、WebディレクターのNさんのお話です。Webに関しては未経験で入社したとのことで、配属当時はよく先輩や周りの方にアドバイスをいただいていたそうです。この1年間で約120ページ規模の案件のメインディレクターを担い、苦悩することもたくさんあったとのことですが、プロジェクトチームの方々のおかげで無事に公開を迎えることができたといいます。人に頼ることも大事だけれど、今後は人から頼られる人になりたい、と意気込みを語ってくださいました。

新生・Mitsue Tech Lounge::after

テックラウンジの後は、その日のテックラウンジへの感想や意見、その他自由な話題で盛り上がり、部署を超えての交流を図るイベント「Mitsue Tech Lounge::after」を行います。

今回は、::afterでより交流を深められるようにレクリエーションを用意しました!

レクリエーションは新しい試みでしたが、部署を飛び越えた交流が芽生え、とても充実した場となりました。今回の交流が、これからにつながってくれることを期待しています。
今後もテックラウンジ、そして::afterを含め、さらなる盛り上がりを見せてくれることでしょう!

次回の開催月は7月となります。お楽しみに!

Vol.60(5月11日開催)

UIデザイナー 佐々木
テックラウンジVol.60(05月11日開催)会場の様子

5月11日に開催されたテックラウンジVol.60の様子をご紹介します。
新年度1回目の開催となる今回は、「デザイン」や「コーディング」のみとテーマを絞らず、様々なジャンルのお話を聞ける機会としました。

デザインの小ネタ

デザイナーにお客様とのやりとりのポイントやデザインを作成する上で気をつけていることをお話しいただきました。デザインのイメージについてお客様に質問をする際には、思いをくみ取るために、ピンポイントな質問よりも幅のある質問をして、答えやすい空気をつくるようにしているとのことです。

PCのスペックとアプリケーションのお話 ~スペック以上のことはできません

社内システム担当に、PCの管理・操作に役立つ方法などについてお話していただきました。普段の生活から、PCのエアーフローをきれいにする意識をしてほしいとのことでした。PCの吸気にほこりがたまってしまうと、CPUが壊れてしまう可能性があるそうです。私たち制作者にとっては、PCは仕事をする上で大事なものであり、身近な点から注意していく必要があると感じました。

人力飛行機とデザイン

テックラウンジ最高顧問に、人力飛行機を制作したことがある経験とデザインに対しての考え方を結びつけた、興味深いお話をしていただきました。人力飛行機が安定して飛ぶためには、「Drag」「Lift」「Thrust」「Weight」の4つのバランスが大事。また構造が優れていることも重要で、外見の美しさだけでなく、意図したとおりの機能を発揮することが本当の意味での美しさであると感じられたそうです。こうした経験を元に、人力飛行機とデザインには共通点があると体で理解できたとのことでした。

新卒のみなさんや制作・ディレクターの方々にも参加していただき、充実した時間となりました。

今後、テックラウンジ運営委員は新しいメンバーが加入予定です。新年度気持ちを新たに、活動に取り組んでいきます。次回もお楽しみに!