今、注目を集めているHTML5を基礎から分かりやすく解説 Webサイト担当者のためのHTML5入門セミナー

HTML5はWeb開発の中核技術にまで広がっています。HTML5とは何か、企業Webサイトの制作・運用に関わるHTML5とCSS3の機能、HTML5への対応の必要性や検討ポイントなどを、初心者向けにご説明します。

日時今後の開催は、お問い合わせ下さい。
講師株式会社ミツエーリンクス R&D本部 モバイルユニット
矢倉 眞隆
場所株式会社ミツエーリンクス
セミナールーム(新宿スクエアタワー18F)
対象となるお客様
  • 企業のWeb関連部門のご担当者
  • WebサイトのHTML5対応について興味をお持ちのWebサイト担当者
  • HTML5やCSS3に関して基本的な情報を知りたいとお考えの方
  • 弊社と同業の企業、および個人の方はご遠慮ください。
定員50名様
お問合せ窓口セミナーに関するご質問などは、下記アドレスにて承ります。
seminar@mitsue.co.jp
03-3344-7401(平日10:00〜16:00)担当:森、中庭

セミナーアジェンダ

  1. HTML5の現状
    • HTML5とは
  2. Webサイト担当者が知っておくとよいHTML5、CSS3の機能
    • HTML5の新しい機能
    • XHTMLから変わった点
    • CSS3の新しい機能
  3. HTML5対応について
    • HTML5対応は必要なのか
    • 対応の際に注意するポイント
  4. スマートフォンとHTML5
  5. まとめ
  6. 質疑応答

セミナー背景

Webサイト構築にはHTML、CSS、JavaScriptといった技術が使われますが、ここ2、3年の間にそれらの技術がこれまでにない勢いで進化しています。その中心にあるのが、これまでのHTMLの発展形という枠を飛び越え、Web開発の中核技術にまで広がったHTML5です。

3月にリリースされたInternet Explorer 9(日本語版の提供開始は4月26日)では、インターフェースの刷新や高速化のほか、HTML5やCSS3といったWeb技術への対応がアピールされています。また、Mozilla FirefoxやGoogle Chromeなどのブラウザでは以前より対応が進められています。ブラウザだけではなく、HTML5は主にスマートフォン向けのWebサービス、Webアプリケーション、ソーシャルゲームなどにも広がりつつあります。HTML5は新しい技術と思われがちですが、すでに実用段階の技術として利用されているのです。

しかしながら、まだまだ多くの企業サイトがXHTML 1.0を利用しています。「HTML5が注目されているが、企業サイトもHTML5に対応させる必要があるのか」「HTML5に対応するためにはどういったことをおこなえばよいのか」「そもそもHTML5とはどういうものなのか」など、様々な点でHTML5というものをつかめていないWeb担当者も多いのではないでしょうか。

本セミナーでは、そもそもHTML5とは何かといった紹介から、一般的な企業Webサイトの制作・運用に関わるHTML5とCSS3の機能、そしてHTML5への対応が必要なのかといった疑問や、対応する場合に検討すべきポイントを初心者向けに説明します。

ご多忙中とは存じますが、皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。