ガバナンス強化のためのデザインガイドライン 解説セミナー(2019年10月11日開催)

2019年10月11日、当社セミナールームにて「ガバナンス強化のためのデザインガイドライン 解説セミナー」を開催しました。

デザインガイドラインは、Webサイトの構築時やリニューアルの際に作成されることがほとんどです。しかし残念ながら、十分に活用できていないケースも存在します。本セミナーでは、そんなデザインガイドラインの意義や構成から運用まで、取締役(CTO)の木達が詳しく解説いたしました。

木達の講演の様子

前半では、企業が中長期的に選ばれ続けるために必要なブランディングについて強調。ブランディングには一貫性が求められており、Webサイト運用に一貫性をもたらすツールとしてデザインガイドラインの活用を訴えました。また、ガイドラインの作成と運用について、手順を明示しながら分かりやすくご説明いたしました。

後半では、デザインガイドライン作成後、それを守り続けることの重要性/運用のプロセスについて言及。さらに、複数の過去の実績と関連サービスを取り上げながら、デザインを体系的に明文化した成果物「デザインシステム」について解説しました。

アンケートにお寄せいただいたコメント(一部)

  • ガイドラインの制作フロー・その後のメンテナンスなどについて知ることができて良かったです。
  • 現状を分かりやすくまとめていただいて参考になりました。
  • 説明が丁寧かつ、例が多くてとても分かりやすかったです。
  • 各方面で生きてくる重要な内容でした。非常に参考になったためすぐにでも取り入れたいです。
  • Webサイトの運営において、取り組んだ方が良いことが具体的に分かりました。