Web担当者向けRFP作成講座(2020月11月13日開催)

2020年2020月11月13日、「Web担当者向けRFP作成講座」を開催しました。なお、今回も新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、オンラインで開催いたしました。

Webサイトのリニューアルを成功させるためには、課題を明確にし、最適な解決策を提案してもらうためのRFP(提案依頼書)の作成が必要不可欠です。本セミナーでは、今まで多くの企業様へ提案経験のある当社プランナーの湯浅、松川、吉川より、RFP作成時の課題抽出から作成方法、依頼の行い方、ベンダー選定時のポイントまで詳しく解説しました。

湯浅の講演の様子

はじめに湯浅は、当社の案件の規模やトレンドの変遷について紹介。2017年から2019年にかけて規模の大型化、ツールの導入などにより、要件の複雑化が進んできていると解説しました。またマーケティングテクノロジーカオスマップ(セールス、マーケティング領域におけるさまざまなテクノロジーを、業界別などにカテゴライズしたもの)を提示しながら、2019年までの8年間で世界のマーケティングツールが50倍にも増えていることを説明。年々マーケティング領域の高度化が進むなか、それらのツールを使いこなすことも制作会社では必須になってきているとし「当社ではさまざまな分野の専門スタッフが所属しているので、安心してお任せください」と話しました。

松川の講演の様子

松川は、RFPの作成時に押さえておくべきポイントについて紹介。リニューアルを成功させるために、自社のビジネス課題を起点にサイトが果たす役割をゴールに設定すること、課題抽出にあたりゴールに向けたサイトの理想の姿(仮説)を持つことが重要であると説明。さらに課題抽出にあたって行うべきポイントをご紹介しました。

吉川の講演の様子

吉川は、RFPの作成からパートナー選定までのTIPSを紹介。制作会社から優れた提案を引き出すためには要望を正しく伝えることが重要であるとし、要望の伝え方を4つのポイントにわけて説明。また、パートナー選定においては、制作会社探しから選定まで1カ月程度が一般的であると説明。コンペをスムーズに進めるためのポイントもあわせてご紹介しました。

質疑応答(一部抜粋)

質疑応答やセミナー後のアンケートでは、多くの質問をお寄せいただきました。こちらに質疑応答の一部をご紹介します。

Q:RFPの依頼をする際に、どの粒度でインプットを行えば良いかわからないのですが、RFPを作る場合に、これだけは押さえておいてほしいという情報はありますか?

A:リニューアルに至った背景と、リニューアル後に達成したいゴールを最低限押さえていただければ幸いです。どの粒度でインプットを行うべきかという質問に対しましては、弊社でヒアリングをさせていただく他、RFPを作成する際にヒアリングシートをお渡しさせていただくなど、フォローアップもしておりますのでご安心ください。

執行役員 シニアプランナー 湯浅からのコメント

セミナーにご参加いただき誠にありがとうございました。
開催後、「専門知識を持たないWeb担当者はどのようにリニューアルを進めるべきか?」というご質問をいただきました。一例ですが、弊社プランナーがWeb担当者様と伴走し、ともに要件を決める、選定のご支援やセカンドオピニオンのようにご相談をお伺いするなどのサービスもございますので、お困りごとがあればぜひお声がけください。

弊社常務取締役(CCO)森崎のコラム「急なリニューアルにも焦らない!Web担当者がプロジェクト開始までにやっておくべきこと」もあわせてごらんください。

ビジネスプロデュース部 プランナー 松川からのコメント

本セミナーでは、前半パートにてRFPひいてはサイトリニューアルにあたり重要となるリニューアルのゴール設定・課題の洗い出しについてご紹介いたしました。ゴール設定については、"ビジネス課題の解決"を起点として考えていくことの重要性をお伝えできたかと思います。また、課題の洗い出し方については、まず理想の姿を描くこと、それを多角的な視点で分析することお伝えしました。

それぞれを通して必要なことは、自社のビジネスやお客さまの目的達成に貢献するために何をすべきかを考えることに尽きると思います。ご紹介した内容をふまえ、みなさまのサイトリニューアルにお役立ちいただければ幸いです。

ビジネスプロデュース部 プランナー 吉川からからのコメント

私のパートでは具体的な事例を用いて、RFP作成やコンペにおけるコツをご紹介いたしました。特に初めてリニューアルをされる担当者の方にとっては、要件の取りまとめから業者選定までの一連の流れを実施するにあたって、不安に感じられることもあるかと存じます。

そういった場合でも、ご説明させていただいたように「要件を明確にし、正しく伝える」「比較しやすいように基準を設けておく」といったポイントを押さえることで、リニューアルの最初のステップをよりよい形でスタートすることができるはずです。

みなさまのリニューアルにおけるパートナー選定のお役に立てたようでしたら幸いです。

アンケートにお寄せいただいたコメント(一部)

  • どのような観点でRFPを作成すれば良いかを制作会社側からの視点で説明していただき、大変参考になりました。
  • 自社Webサイトのリニューアルを行うにあたり、必要なことがまとめられていて非常に分かりやすく、勉強になりました。
  • 作成にあたっての注意すべき点や、数値分析はどういった数値で分析すべきか、ターゲットの設定はどうするかなど、押さえておくべき点の解説がわかりやすく参考になりました。