リニューアルで後悔しないCMS選び(2021年7月21日開催)

2021年7月21日、「リニューアルで後悔しないCMS選び」をオンラインで開催しました。セミナー後半のデモンストレーションでは、手元の操作をより詳しくご視聴いただくため、録画映像を放映しました。

サイトリニューアル時に何をどう取り組むべきか、お悩みのWeb担当者さまも多いのではないでしょうか。本セミナーでは、Webサイトの最新動向やリニューアルに必要な考え方を解説。さらに、リニューアルの際のCMS選定で参考となるデモンストレーションを実演しました。

若尾の講演の様子

前半、若尾から、サイトリニューアル時の課題と傾向を解説。静的CMS、動的CMS、Jamstackについてそれぞれの特徴や導入例を紹介しました。また、リニューアル時にはフロント面だけでなく運用面を考慮することが大切であると強調。実際の運用やCMSの管理範囲、コストをイメージしてプランを策定することの重要性を訴えました。

藤田の講演の様子

後半、藤田からは実際のCMS「Drupal」のデモンストレーションを実演。企業のWebサイト運用時によく行われる、①お知らせの変更、②メニューの変更、③トップの記事数変更の3つの操作について、操作画面とともに解説しました。


ゼネラルマネージャー 若尾からのコメント

この度はセミナーにご参加いただきありがとうございました。

今回は藤田のデモンストレーションの前段として、弊社のCMS選定のコツなどを中心にご説明し、皆さまの選定の際の一助になればと考えていました。この点は、多くの方にご満足いただけた結果になったようで、非常にうれしく思います。

またアンケートでいろいろなご意見をお寄せいただき、CMSを中心とした環境の変化は企業にとって多くの課題があると再認識しました。今後、セミナーの再演を検討する際は、私のセミナー内容および藤田のデモンストレーションも、より時流や多くの課題感にあったものを提供したいなと改めて思いました。

本セミナーを通じ、少しでも皆さまの課題解決の手助けとなりましたら幸いです。また、何かございましたらお気軽にミツエーリンクスまでご相談ください。


取締役 藤田からのコメント

今回は、現在注目度が高くなってきているHeadless CMSとしての運用の流れをデモンストレーションさせていただきました。

これまでは、静的CMSと動的CMSそれぞれの利点を享受することが難しいところもありましたが、Headless CMSの仕組みにより、解消される面もでてきました。何よりフロントエンドとバックエンドが分離することで、システム的にも人的にもリソースの分離が可能となることは、お客さまのWebサイト運用に大きな利点をもたらすでしょう。

今回のセミナーが皆さまのWebサイト運用の一助になることができれば幸いです。この度はセミナーにご参加いただきありがとうございました。


アンケートにお寄せいただいたコメント(一部)

  • サイトの種類・特徴ごとに選択すべきCMSをわかりやすく教えていただき、最新技術も教えていただけたので、大変参考になりました。
  • 事業会社の視点の逆を見させていただいたので、RFP作成から提案までの間の解像度が最終的にリニューアル成功を左右することがわかり、大変すばらしい内容に感動を覚えました。
  • わかりやすく説明をしていただいたため、技術知識が浅い人間でも有意義な時間となりました。