Smart Communication Design Company
ホーム > 会社情報 > 沿革

沿革

1990年 7月 株式会社ミツエイリンクス設立(資本金200万円)
1991年 3月 事務所移転
5月 音声スタジオを開設
1992年 4月 資本金を600万円に増資
6月 国際音声システム総合展に出展
7月 資本金を1050万円に増資
8月 デジタル音声スタジオを開設
1993年 9月 事務所増床
1994年 11月 インターネットビジネス準備室開設
1995年 3月 インターネットにおけるWebデザイン事業部を新設
7月 社名を「ミツエイリンクス」から「ミツエーリンクス」へ変更
8月 事務所移転
11月 インターネットにおけるシステム(プログラム開発)事業を開始
1997年 7月 資本金を1500万円に増資
1998年 4月 資本金を2000万円に増資
5月 事務所増床
9月 資本金を3000万円に増資
9月 アウトソーシング事業部を増設
1999年 5月 ストリーム(動画配信)コンテンツ制作サービスを開始
7月 事務所増床
9月 資本金を3500万円に増資
2000年 3月 業界初で品質保証の国際規格 ISO9001取得
3月 事務所増床
8月 創立10周年事業として、日本赤十字社への寄付を開始
10月 資本金を4500万円に増資
12月 プロセス給・目標管理給(MBO)・成果給からなる新人事制度を開発
2001年 1月 業界初で環境マネジメントシステム ISO14001取得
5月 ITオペレーションサービス事業開始に伴い新事務所開設
9月 国内初の苦情対応マネジメントシステム JIS Z 9920自己宣言
9月 国内初の情報セキュリティ英国規格 BS7799取得
2002年 2月 シックスシグマを問題解決手法として導入(社内研修開始)
3月 資本金を6000万円に増資
5月 事務所増床
8月 情報セキュリティ管理の適合性評価制度 ISMS認証取得
11月 国内初のコンプライアンスシステム規格ECS2000自己宣言
2003年 3月 資本金を7500万円に増資
7月 プライバシーマーク制度認証取得
2004年 4月 W3Cメンバーに登録
6月 事務所増床
8月 世界初で苦情対応マネジメントシステムの国際規格ISO10002自己適合宣言
10月 CMMI(Capability Maturity Model Integration)レベル2達成
労働安全衛生マネジメント規格 OHSAS18001準拠
2005年 3月 資本金を9980万円に増資
8月 事務所移転
10月 スタジオ移転
2006年 7月 事務所増床
2007年 4月 事務所増床
6月 ユーザーテスト・スタジオを開設
9月 UXalliance に加入
2008年 1月 事務所増床
11月 eZ Systems AS と共同で eZ Systems Japan を開設
2009年 4月 エチオピアのアベベチ・ゴベナ孤児院に校舎が完成
12月 HTML5 Japanese Interest Group 参加
Twitterでの発言の影響力を解析するWebサイト「twimpact.jp」(ベータ版)を開設
2010年 4月 ウェブコンテンツ・アクセシビリティ・ガイドライン(WCAG)2.0への標準対応を開始
BS-TBS番組「未来へのおくりもの」にて弊社CSR活動「エチオピア5年プロジェクト」が紹介される
8月 Google アナリティクス認定パートナー取得
12月 アクセシビリティチェックツールのWorldspace日本語版を提供開始
2012年 4月 レスポンシブWebデザインの提供を本格化
7月 事務所移転
11月 仙台オフィス開設
大阪オフィス開設
2013年 1月 株式会社24-7(本社:北海道札幌市)を連結子会社化
10月 マルチスクリーン・デザインの標準提供を開始
11月 株式会社プロネクサスと資本提携
2014年 4月 事務所増床
8月 スタジオ移転
2015年 4月 大阪オフィス移転
2016年 8月 大阪オフィス増床