Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > テックラウンジBlog > 2017年11月 > 第1回 デザインスプリント

テックラウンジBlog

ミツエーリンクス社内で催されているイベント「テックラウンジ」の模様をお届けします。

テックラウンジは所属部署に関係なく、みんなで教えあって楽しくスキルアップすることが目的のイベントです。

第1回 デザインスプリント

UIデザイナー 佐々木

10月25日に開催されたデザインスプリントの様子をご紹介します。

デザインスプリントを始める前に、ディレクターとデザイナーにデザインに関連したお話をしていただきました。

バランス感覚

最初の登壇者はディレクターのGさん。とあるメーカーの構築案件が実装に入る段階で、お客様からデザインについての追加のご要望があったそうです。対応するためには当初のスケジュールでは時間が足らず、Gさんはお客様と制作者それぞれの意見をヒアリングしたうえで、すり合わせを行いました。その結果、デザインの修正はスケジュールどおりサイトを公開後、別フェーズとして対応を進めるということで納得いただけ、この問題を乗り切ることができたとのこと。いろいろな立場や意見の「バランス感覚」を考えることが大切だと教えていただきました。

ひきだし

次の登壇者は韓国出身のデザイナーのBさん。デザインをするときに役立つ、「ひきだし」を増やすコツをお話いただきました。Webデザインだけでなく、韓国のアーティストのCDジャケットやミュージックビデオなどを見ることもヒントとなるそうで、デジタル媒体やメディアのトレンドとどこか近いものを感じるとのこと。衣装で流行りのファッションを着ていたり、ブランド物を身につけたりしていることもあり、すばやく情報を入手するのに適しているそうです。

デザインスプリント

デザイナーが2チームに分かれ、既存のバナーを仮想の顧客からのリクエストに合わせて画像を修正する様子を見学するイベントです。用意した2つのスクリーンにはそれぞれのチームの画面が映され、解説者がリアルタイムで解説をすることで、より理解が深まりました。
リクエストの内容は「文言を目立たせてほしい」というもの。両チームとも素敵な画像を作成していただきました!Aチームは、既存のバナーの世界観を守りつつ、高級感のある仕上がりに。Bチームは既存のバナーにはない新しい色味を加え、わかりやすくはっきりとした印象に仕上げていただきました。
他の方の作成の過程などを見ることができた貴重な時間となりました。

今回は、テックラウンジとは異なる臨時イベントとして行いました。LTだけではなく、このようなスタッフ参加型のイベントを今後増やしていきたいと考えております。
次回の開催もお楽しみに!!