Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > テックラウンジBlog > 2017年12月 > Vol.65(11月29日開催)

テックラウンジBlog

ミツエーリンクス社内で催されているイベント「テックラウンジ」の模様をお届けします。

テックラウンジは所属部署に関係なく、みんなで教えあって楽しくスキルアップすることが目的のイベントです。

Vol.65(11月29日開催)

クリエイティブディレクター 澤田

11月29日に開催されたテックラウンジVol.65の様子をご紹介します。
今回のテーマは「ミツエーの すごい案件 大全集」です。
登壇者の方々から、実はこんな案件もやっています!といったお話を聞ける貴重な機会となりました。

海外の案件って何やってるの?

最初の登壇者は、海外のお客様を多く受けもつUXの方でした。UXでは通常のWebサイト制作とは違い、海外のお客様が持つ「日本の人ってなにをどういう風にしたいの?」という疑問に応えるため、ユーザー調査などをよく行っているそうです。例えば1000人のユーザーにアンケートをしたり、ユーザーテストを繰り返すことで、改善点などを探っていくとのことでした。海外と日本では「当たり前」がまったく違うということもあり、実際に日本人のユーザーの声を調査するというのは海外のお客様にとっては重要なポイントであるということがわかりました。

お客様とともにかたちにした"新しい"プロジェクト

2人目の登壇者はアクセシビリティ対応、サービス開発、セミナー企画など幅広い分野に携わっている第一プロデュース部の方でした。「Webサイトを改善したいけれど、なにをどう改善したら良いかわからない」というお客様の要望を受けて、文献・現地調査や、お客様側の開発スタッフへの研修を実施するなどといった、多岐にわたる支援をしているそうです。他にも大規模なアクセシビリティ対応であったり、一見Web制作とは結びつかないような案件などもご紹介いただきました。お客様の要望を汲み取って形にしていくことで、Web制作に限らず支援ができるというのはミツエーリンクスの強みですね!

今回は通常のWeb制作とはまた違う分野のお話しを聞くことができました。制作スタッフにとっては新しい刺激となったのではないでしょうか!

今年のテックラウンジは今回で最終回となりました。
2017年のテックラウンジはいかがでしたでしょうか?楽しんでいただけていたらなによりです!
次回は新年を迎えた1月に開催となります。2018年もどうぞよろしくお願いいたします!