Smart Communication Design Company
ホーム > セミナー > これから始めるWebサイトの表示高速化 2019

モバイル全盛の時代、Webサイトに必須の「見えない品質」とは?これから始めるWebサイトの表示高速化 2019

表示パフォーマンスの改善、いわゆるWebサイトの表示高速化に対し、積極的に投資を行う日本企業は比較的少ないと言われています。しかし、世界中のモバイル端末からのWebアクセスが一般化した昨今、たとえコンマ数秒でもコンテンツを素早く表示し、かつユーザーが操作可能にすることは、Webサイトの成否を左右しかねない重要な「品質」として認知されつつあります。

本セミナーでは、表示パフォーマンスの分野で当社が協業している株式会社Spelldataの竹洞氏とInstart Inc.の岩崎氏を講師としてお招きします。これから表示パフォーマンス改善に取り組もうとお考えの担当者の方や、表示速度が特に重視されるグローバルWebサイトの担当者の方に向け、「なぜ」「どのように」表示パフォーマンスを改善すべきか、解説します。

受講料 無料(事前申し込み制)
セミナー日時 2019年6月7日(金)14:30~17:00(受付開始14:00より)
※ 申し込み締切はセミナー当日12:00までとなります参加申し込み
講師
  • 株式会社ミツエーリンクス
    取締役(CTO)
    木達 一仁
  • 株式会社Spelldata
    代表取締役
    竹洞 陽一郎 氏
  • Instart Inc.
    ソリューションエンジニア
    岩崎 輝之 氏
場所 株式会社ミツエーリンクス
本社 セミナールーム
会場までの地図
対象となるお客様
  • Webサイトの表示速度の重要性に興味のある方
  • Webサイトの表示速度の改善をご予定の方
  • Webサイトのコンバージョンやエンゲージメントの向上にお悩みの方
  • グローバルWebサイトのご担当者
  • 当社と同業の企業、および個人の方のお申し込みはご遠慮ください。
定員 60名様

セミナー講師からのメッセージ

株式会社ミツエーリンクス
取締役(CTO)
木達 一仁

Webサイトにおいて表示パフォーマンス、平たく言えばWebコンテンツの表示速度がなぜ重要なのかを中心に、セミナー全体のイントロダクションとして、企画趣旨や近年の表示速度を巡るトピックスについてお話しします。

株式会社Spelldata
代表取締役
竹洞 陽一郎 氏

デジタル経済へと移行した結果、Webを中心として情報が取得され、その情報により貨幣から財への変換が行われ、そして物流が動き、経済循環が発生します。
現在、経産省・IPAが進めているITシステムの品質の可視化の取り組みは、ITシステムの品質が経済発展に大きな影響を及ぼしている事が理由となっています。
企業レベルでは、Webサイトの高速化は、現在の売上規模に比例して、多大な影響をもたらします。
弊社で携わってきたWebサイト高速化の事例を基に、高速化に対する誤解、品質管理としての高速化の肝、実際のビジネスへの貢献について解説します。

Instart Inc.
ソリューションエンジニア
岩崎 輝之 氏

Webサイト上で優れたユーザー体験を提供し、エンゲージメントやコンバージョンを高めるためにはコンテンツの表示速度改善が欠かせません。
弊社パートでは、表示速度改善のためのさまざまな手法をご紹介するとともに、Instartのエンタープライズソリューションの特長をご説明いたします。

セミナーアジェンダ

  1. イントロダクション
    • 表示パフォーマンスとUX
    • 最近の表示パフォーマンス動向
  2. 竹洞氏ご講演
    • 今、何故、品質なのか
    • 高速化による効用 ― 実際の事例を基に
    • 2020年4月1日施行 改正民法債権法について
    • 経産省・IPAが勧めるITシステム品質の可視化
    • 非機能要求としてのWebパフォーマンスと品質管理 ― ISO/JISでの取り組み
    • Webパフォーマンス高速化の取り組みについての誤解とあるべき姿
  3. 岩崎氏ご講演
    • Webサイトの構成要素と表示速度
    • CDNによるグローバル配信とキャッシュ運用
    • コンテンツ最適化とAI技術
    • ページの動的ストリーミング配信によるUX改善
    • 表示速度に着目した外部タグ運用の重要性
    • 高速化対応の運用と予算確保
  4. サービスのご案内
  5. 質疑応答
  • 上記アジェンダの内容は、一部調整中の内容がございますので、変更する場合があります。ご了承ください。

セミナー背景

Web担当者の皆さまは、ご自身が運営されているWebサイトの表示パフォーマンスを、把握されているでしょうか。安定して高速にインターネットへの接続が可能な環境でだけ、ご自身が日常的にお使いの環境でだけ表示を確認しては、「表示パフォーマンスは悪くないはず」などと思い込んではいないでしょうか。

ユーザーはさまざまなデバイス、さまざまなネットワーク環境を介してWebサイトにアクセスします。なかには、不安定かつ低速なモバイル環境からアクセスを試みるユーザーもいるかもしれません。低スペックな端末からサイトを利用しようとするユーザーもいるでしょう。そうしたユーザーは果たして、表示が完了するまでにかかる時間を忍耐強く待ってくれるでしょうか?

Webサイトの表示速度は、コンバージョンやエンゲージメントを大きく左右します。かつては「8秒ルール」と呼ばれた、8秒以内にコンテンツの表示を完了できればユーザーの離脱は防げるとするルールが有効とされた時代もありましたが、今は昔。グローバルにスマートフォンが普及し、モバイルからのWebアクセスが日常的となった今や、その経験則は成り立たなくなってきています。

高まる表示パフォーマンスの重要性を踏まえ、ミツエーリンクスは2016年8月、同分野で高い知見を有し、統計学的手法を用い優れたコンサルティングサービスを提供する株式会社Spelldataと協業を開始。また2018年4月には、AI技術を活用し優れた表示パフォーマンスを達成する米国Instart社のソリューションを、「Webコンテンツ配信 自動最適化」という名前で取り扱い開始しました。本セミナーでは、両社から講師として特別に竹洞氏と岩崎氏をお招きし、双方の視点から表示高速化の「なぜ」「どのように」を解説します。

ご多忙中とは存じますが、皆様のご参加を心よりお待ちしております。

お問い合わせ窓口

個別相談会、セミナーに関するご質問などは、下記までお問い合わせください。

03-5937-2891
受付時間:平日10:00〜16:00
セミナー開催レポート