Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > コラム > 2017年 > 「Google プロダクトを使った最新のWebマーケティング解説セミナー」1回目を終えて

「Google プロダクトを使った最新のWebマーケティング解説セミナー」1回目を終えて

2017年2月17日

第二事業部 第二部 シニアプロデューサー
田口 公章

当社は2016年11月にGoogle データスタジオの認定パートナーとGoogle オプティマイズの認定パートナー資格を取得しました。それまでに取得していたGoogle アナリティクスとGoogle タグマネージャの認定パートナーとあわせて4プロダクトの認定を取得したことになります。4つの認定を取得したのは日本国内では2番目でした。

この実績を踏まえ、さる2017年2月10日にGoogle プロダクトを使った最新のWebマーケティング解説セミナーを開催しました。セミナーでは4プロダクトの最新情報をシェアするとともに、これら使って実際にサイト改善を行った事例をご紹介しました。

このコラムでは、セミナーでお話した内容を振り返ります。

Google アナリティクス

Google アナリティクスの動向としては次の点を中心にご紹介しました。

新UIは2016年10月24日に「今後数週間で Google アナリティクスの全ユーザーのアカウントに適用されます」と発表されていたのですが、実際には2017年2月現在でもまだロールアウト途中のようで、遅れています。ナビゲーション回りが大きく変わるのではじめは戸惑うかもしれませんが、これまでと同じ操作をするのにもクリック回数が減っていて全体的に使い勝手が大きく向上している印象を持ちました。全体へリリースされる日を楽しみに待ちましょう。

最新のリリース状況は「GAのリリースノート」で確認することができます。

Google タグマネージャ

Google タグマネージャの動向としては次の点を中心にご紹介しました。

2016年にリリースされた機能では「Workspace(ワークスペース)」が便利です。アナリティクスタグと広告タグの管理者が別の場合などに使うと、それぞれ別々に実装~検証~公開を安全に進めることができます。マージするときにバッティング状況が分かりますので、作業が衝突しそうな時にも事前に察知し、修正することが可能です。各種解析ソリューションや広告の効果測定などを伴うサイト運用を安全かつ効率的に進めてゆくべき現場において、いまやGTMは必須といってもよいのではないでしょうか。今後も動向を注視しましょう。

最新のリリース状況は「GTMリリースノート」をご参照ください。

Google データスタジオ

2016年後半には、Google データスタジオが登場しました。

データスタジオは組織内に点在するデータの「可視化」「共有」のためのプロダクトであり、数ある「デジタルダッシュボード」の選択肢のひとつです。

Google らしい洗練された美しい見た目が特長です。お客様からはグラフの見た目に関するリクエストをいただくことも多いので、グラフなどの色を細かく指定できるのはよい点だと思います。あるお客様では、これまでエクセルとパワーポイントで作っていた月次レポートをデータスタジオへ完全移行することに成功したという事例もありますので、データスタジオを使って既存の定型業務を大幅に効率化できる可能性を秘めています。

データスタジオが登場した当初は、ひとつのレポートで取り扱えるデータソースはひとつだけだったようですが、今はひとつのレポート内で複数のデータソースを扱うことができるようになりました。また、接続可能なデータソースが日々増えているなど、ますますデジタルダッシュボードとしての使い勝手が向上しています。2017年2月には通常版の「5レポート制限」が撤廃されるなどますます便利になっていますので、従来からあるカスタムレポートとあわせて積極的に活用してゆきたいものです。

Google オプティマイズ

Google オプティマイズが登場し、限定公開されています。

Google オプティマイズはテストとパーソナライズのためのプロダクトで、個人的にもっとも楽しみにしていたプロダクトです。実際に使ってみたところ、期待通りのすばらしいものでした。

GA・GTMとの連携を前提として設計されているそうですが、たしかにサイトにGTMが導入されている状態であれば、オプティマイズ用のタグとトリガーを作って配信するだけなので利用開始まであっという間です。
注意点として、通常版と360スイートでの機能が違うことが挙げられます。特にGAのオーディエンスデータをターゲティングに使えるのは360スイートのみで通常版では利用できないので注意が必要です。またバリアントを作った後テスト中にオリジナルが更新されてもバリアントのほうは更新されないという点も挙げておきます。

通常版のオプティマイズは2017年2月時点ではまだ全体リリースはされていないので、近い将来に全アカウントで利用可能になるのを期待して待ちたいと思います。

4プロダクトを使ったサイト改善

セミナーの後半ではGoogle アナリティクス、タグマネージャ、データスタジオ、オプティマイズの4プロダクトを組み合わせて実際にABテストを実施した事例をご紹介しました。単にツールの使い方だけではなく、サイト運用チームとの連携も含めた一連のワークフローを説明しましたので、参加されたお客様それぞれの自社サイトに照らし合わせた具体的な進行イメージを持っていただけたのではないかと思います。

私自身も、4プロダクトを組み合わせて使うと進行がスピーティーですしテスト結果が分かりやすいので、結果を基にしたアクションにもつなげやすくなるという実感をもてました。

Google アナリティクス、タグマネージャ、データスタジオ、オプティマイズの4プロダクトの単体や組み合わせての活用については、各プロダクト認定パートナーのミツエーリンクスまでお気軽にご相談ください。

セミナーへのお誘い

同内容のセミナーの2回目を2017年3月7日にも予定しております。1回目はすでに満席だった方やお時間にご都合の付く方は、ぜひお申し込みください。お待ちしております。