Smart Communication Design Company
ホーム > 会社情報 > CSRへの取り組み > CSR活動報告 > 2002年度

2002年度 CSR活動報告

2002年度 目標達成状況

対象 テーマ 目標 達成状況
環境経営 環境教育 教育啓発体制の構築
自社環境Webサイトリニューアル
グリーン調達 オフィス用品グリーン購入の拡大
商品・サービス 環境活動支援 環境報告書評価用Webツールの提供 ×
環境問題に対する啓発活動支援 Webを使った環境教育ツールの開発 ×
事務所 廃棄物削減 全事業所で発生する可燃ごみの削減 ×
一人当りの年間排出量5%削減(2001年度比)
全事業所で発生する不燃ごみの削減) ×
一人当りの年間排出量5%削減(2001年度比)
全事業所で発生する廃棄物の適正処理
普通紙の使用量の削減 全事業所で発生する普通紙使用量の削減
一人当りの年間排出量5%削減(2001年度比)
省エネルギー 全事業所を対象とした電気使用量の削減
一人当りの年間排出量5%削減(2001年度比)
コミュニケーション 情報公開 外部へ環境情報を3ヶ月に1度メール配信
社会との共生 環境関連団体への寄付(毎年)

2002年度 実績

環境マネジメントシステムの維持

2002年7月、2003年1月と2回の維持審査を受けました。

7月審査

  • 是正処置要求(メジャー)0件
  • 是正処置要求(マイナー)1件
  • 観察事項(オブザベーション)2件
  • 不適合ならびに是正及び予防処置(条項4.5.2)

    2001年12月に実施された内部監査において発見された不適合2件が未だクローズアウトされていません。(本来クローズアウトされ、2002年6月の内部監査にてフォローアップされるべきであったことを確認)

  • 目的及び目標(条項4.3.3)

    ゴミの排出と電気の使用量の削減については、2001年度において既に1999年度比でそれぞれ60%、30%削減を達成されていますが、今年度の目標が1999年度比で20%の削減となっています。目標値の適切性を見直されることをお勧めします。

  • 不適合ならびに是正及び予防処置(条項4.5.2)

    省エネチェックシートで不適合とされた事項(会議室の消灯もれ)について、そのフォローアップを担当者に任せるのか、不適合として「不適合事項是正及び予防処置対応書/報告書」を発行して管理するのかが不明確です。
    適切な処置がとられるよう手順の見直し/明確化が望まれます。

1月審査

  • 是正処置要求(メジャー)0件
  • 是正処置要求(マイナー)0件
  • 観察事項(オブザベーション)1件
  • 運用管理(条項4.4.6)

    エアコンやコピー機といった家電、OA機器の導入においても、グリーン購入の可能性が確実に検討されるよう、しくみを整備されることをお勧めします。

結果、いずれも大きな指摘事項はなく、マネジメントシステムの継続的改善が認められました。
また、指摘事項に関しても、全社で是正を図っております。

環境教育

環境管理責任者がフロア環境責任者を教育し、各責任者は自己が管轄している従業員に対して自覚教育・手順教育を行っています。また、新入社員には入社1ヶ月以内に環境教育を実施し、全従業員へ手順・ルールが浸透することを徹底しています。

グリーン調達

2000年度に策定した「グリーン購入・調達ガイドライン」に基づき、OA機器、PC、文房具をグリーン調達しました。これらは弊社の環境負荷を低減すると同時に、環境適合企業を育成する役割をも目標としています。

廃棄物削減(目標削減率:前年度比5%)

2002年度は2001年度比で可燃ごみが2.4%削減、不燃ごみが12.8%増加、と目標を達成することは出来ませんでした。

2001年度実績 2002年度実績 削減率
可燃ごみ 233.0リットル/人 227.4リットル/人 2.4%
不燃ごみ 194.8リットル/人 219.8リットル/人 ▲12.8%

廃棄物の適正処理

前年度に引き続き、古紙、蛍光灯、乾電池、トナー、ダンボール、発泡スチロール、シュレッダーごみ、ペットボトル、PC、家電についてはリサイクルを実施しました。

普通紙の使用量削減(目標削減率:前年度比5%)

社内的ドキュメントの両面印刷や裏紙再利用の徹底のほか、社外への提出書類のデジタル化にも努めた結果、2002年度は2001年度比で43.3%の普通紙の使用量削減を達成しました。

2001年度実績 2002年度実績 削減率
普通紙 17.2kg/人 9.7kg/人 43.3%

電気使用量の削減(目標削減率:前年度比5%)

会議室や給湯室に節電についての張り紙をしたり、エアコンの設定温度に関する啓蒙メールを全従業員に送信するなど、全社で節電に対する意識が向上するよう活動し、2001年度比で10.8%、電気の使用量を削減することができました。

2001年度実績 2002年度実績 削減率
消費電力 1273.2kwh/人 1136.3kwh/人 10.8%

情報公開

弊社と取引関係のあるお客様に対し、弊社の環境への取り組みに関する情報をメール配信で公開しました。また、当環境サイト上でも環境報告書の形を取り、情報を公開しました。

社会との共生

2003年1月に「公益信託 経団連自然保護基金」に寄付しました。