Smart Communication Design Company
ホーム > 会社情報 > CSRへの取り組み > CSR活動報告 > 2005年度

2005年度 CSR活動報告

環境保全(ISO14001)

環境側面 目標 達成状況
電気の使用 電気の使用手順の維持
電気の使用量の管理
可能であれば電気の使用量削減施策の追加導入
帰宅時チェックシート記入率90% ×
紙の使用 紙の使用手順の維持
紙の使用量の管理
可能であれば紙の使用量削減施策の追加導入
リサイクル製品等環境配慮製品の購入 アスクルでのグリーン購入金額の割合が90%以上(但しグリーン購入対象品目に限る)
クライアントマシンのグリーン購入率100%を維持
サステナビリティソリューションの提供 サステナビリティソリューションの提供 -
外部への環境情報の発信(メール配信) 外部へ環境情報を3ヶ月に1度メール配信
自社のホームページでの環境情報の発信 自社CSRサイトリニューアル
3ヶ月に1度自社のホームページでの環境情報の発信
CSRサイトの総アクセス数の把握と効果的な更新 -
環境関連団体への募金活動の実施 環境関連団体へ年1回寄付
環境教育用Webツールの開発、社内利用、提供 ツールの開発 ×
デジタルデータ受け渡し用ツールの開発、社内利用、提供 ツールの開発、社内リリース、社内利用(案件上でのやりとりにおける使用を開始)、提供
文書管理サーバーの開発、社内利用、提供 文書管理サーバーの開発、社内利用、提供
事業系廃棄物の発生 ごみの廃棄手順の維持
ごみの廃棄量の管理
リサイクルの推進
可能であればごみの廃棄量削減施策の追加導入

品質マネジメント(ISO9001・CMMI)・顧客満足(ISO10002)

対象 目標 達成状況
フロント部門 CSアンケートの「スケジュール管理の満足度」の評価を5段階で2以下をもらわないようにする(目標値5%未満)
制作部門 先祖がえりのトラブル抑制
マネジメントシステム本部 議事録提出率80%の維持
是正処置クローズ率70%
全社 新人の稼働率を半年以内に80%に ×
定期的な勉強会の開催
制作部門・検品部門 (X)HTMLの文法をW3C標準へ準拠させる
Mac/Win両環境での動作確認強化

情報セキュリティ(BS7799)・個人情報管理(JISQ15001)

対象 目標 達成状況
ネットワーク委員会 ホスティング・ハウジングサーバのメンテナンス強化
サーバルームの構築
ネットワークの構築
可用性の高いネットワークサービスを停止しないように事務所移転を行う
社内のサーバをセグメントし、効率的な運用ができるように統合する。
ハードウェア資産とユーザのアクセス権限を一元管理する。
全社 特定のディレクトリについて、自動的にバックアップサーバに保存されるようにプロセスを変更する。
ディスククリーンアップとデフラグを毎月 100%実施 ×

公正な事業活動(ECS2000)

対象 目標 達成状況
全社 ECS2000の手順に従った的確な運用と効果測定、ならびにプログラムの社内浸透 ×

従業員とのかかわり(OHSAS18001)

対象 目標 達成状況
全社 身体の健康 残業時間の削減及び個人別残業時間の平準化 ×
全社 心の健康 心のコミュニケーションの活性化