Smart Communication Design Company
ホーム > 会社情報 > CSRへの取り組み > CSR活動報告 > 2010年度

2010年度 CSR活動報告

CSR活動ダイジェスト

2010年度のCSR活動のダイジェストは以下のとおりです。2010年度は、品質面では直接部門が目標達成に向けて主体的に取組み、案件で使用するドキュメント類のフォーマットを標準化したり、情報共有やタスク管理のツールを導入したりして業務の効率化が進みました。その他のマネジメントシステムも、コツコツと活動続け、2年越しの目標を達成するなど実りある一年となりました。

品質マネジメント(ISO9001・CMMI)

テーマ 目標 達成状況
パフォーマンスの向上 スケジュール 標準工数のリストを完成させ、ディレクターに共有し、より正確なスケジュールの作成を可能とする 達成
検品
ディレクターや制作からの指示を検品に的確に共有し、検品漏れを防ぐ
1.検品依頼実施率の計測(PID単位)98%以上を目指す 達成
2.JS検品の仕様書添付の促進 JS検品の仕様書添付率70%以上を目指す 未達成
ファイル管理 一定のルールを設定してファイル管理をして、目的のファイルを探しやすくする。 1カ月間に納品された案件のクライアントフォルダに、共通素材フォルダが設置されているかの計測を行なう。 70%以上を目指す。 達成
自己検品 基本項目を立て、自己チェックを行なったかを確認できるようにananaなどに項目を用意し、自己検品の精度をあげる 未達成
Flash案件の効率化 Flashの案件フローの確立 ヒアリングシートを作成、運用し、クライアントからの要求事項をより詳細に把握する 進行中
ActionScriptのLibraryの作成 社内にActionScriptのLibraryを作成し、利用することで効率的な作業を目指す 進行中
ディレクション品質向上 スケジュール表の標準化 テンプレートを作成し、運用することで効率化を目指す 達成
課題の把握 ディレクションにおける課題を明確にし、解決にむけ対策を講じる 達成
システムワークフローの定着 プロセス監査の実施 四半期ごとにプロセス監査が行なわれているか、不合格の場合は是正が図られているかをチェックすることにより品質向上を目指す 未達成
インフラ mikan wikiの導入 制作時に必要最低限の情報が必須化されることにより、情報伝達がスムーズになり、引継ぎに必要な情報も集約できる
新規PID発番された企業ID単位で1つ以上のwiki作成率70%を目指す
達成
トレーニングプロセスの確立 プレゼントレーニング プレゼンでの受注率向上のために、トレーニングを行なう
プレゼン教育をPhase1~3までを対象者に対して全て完了させることを目指す
進行中

顧客満足(ISO10002)

対象 目標 達成状況
全社 是正処置率を70%にする 達成

情報セキュリティ(ISO27001)・個人情報管理(JISQ15001)

対象 目標 達成状況
ネットワーク 製品ライフサイクルに伴うサーバーのリプレイス 達成
ファイルサーバーのバックアップシステムの見直し 進行中
事業継続 リスクアセスメント手法の見直し 達成
基幹サーバー復旧試験の実施 進行中
セキュリティ強化 入稿物へのアクセス制御の徹底 達成
HD暗号化ツールの導入 未達成
最新OSへの全社移行 達成
啓蒙強化 教育および啓蒙の強化 達成
ISO9001とISO27001の社内マニュアルの統合 達成
個人情報保護 個人情報の管理状況を定期点検
点検を実施し、レポートを作成する(1回/月)
達成
個人情報の取り扱いに対する合意書の実施徹底
個人情報を取り扱う対象案件に、クライアントと弊社のセキュリティ体制を確認する書面をあらかじめとり交わすことを必須とする
達成
個人情報保護の啓蒙活動
メルマガ発行を継続する(1回/月)
未達成
部門別研修の実施(MS本部、人事、UT)
個人情報を扱うことが多い部門へ個別教育を行なう(1回/半年)
未達成

公正な事業活動

対象 目標 達成状況
全社 コンプライアンスの啓蒙活動
メールマガジンを毎月2回の頻度で全社に配信する
達成
全従業員を対象としたコンプライアンス・ガイドラインの再教育の実施およびコンプライアンス誓約書の回収 未達成

従業員とのかかわり(OHSAS18001)

対象 目標 達成状況
全社 衛生委員とのスムーズな連携を図る 達成
手順を周知し、浸透を図る 未達成
事務局 事務所内の安全確保を図る 達成
繁忙期の消灯時間の変更を検討する 達成
相談窓口の周知徹底を図る 未達成
スタッフ 上司と部下とのコミュニケーションの活性化 達成