Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > テックラウンジBlog > 2018年2月 > Vol.66(1月26日開催)

テックラウンジBlog

ミツエーリンクス社内で催されているイベント「テックラウンジ」の模様をお届けします。

テックラウンジは所属部署に関係なく、みんなで教えあって楽しくスキルアップすることが目的のイベントです。

Vol.66(1月26日開催)

Webディレクター 宮代

1月26日に開催されたテックラウンジVol.66の様子をご紹介します。
今回は3名のディレクターにご登壇いただきました。

テックラウンジVol.66(1月26日開催)会場の様子

作業効率化のためにやっていること

1人目の登壇者は4年目のIさんです。日々の業務の中で、作業効率化のために意識していることを紹介していただきました。よく使う情報はなるべく1つの場所に集約しておくことや、ファイルの新旧を管理する際には合わせてバックアップを作成すること、質問にすぐ答えられるように情報の整理をしておくことなど、細やかなところにも気遣いを忘れないIさん。課題管理ツールやフォルダ内の管理ルールはどれも徹底されていて「自分が担当からはずれても、その時々の担当者が困らないように」と、先のことまで考えつくされた内容には、皆さん感心した様子でした。

教えて!仕事効率化!

2人目の登壇者は2年目のKさん。参加されている先輩方に、Kさん自身が困っていることを逆に質問してしまうという、テックラウンジ史上初(?)の双方向なLTでした。まさかの展開に、会場は笑いに包まれるなど盛り上がりを見せました。「デスクトップが超絶汚い」という悩みでは、アイコンで埋めつくされた実際のデスクトップ画面を披露。ある先輩からの回答は「アプリケーションなどはランチャーソフトにまとめたりタスクバーに表示するなどして整理するといいよ」というものでした。案件を進行していく中で困ったあれこれについて会場の色々な方の意見を聞くことができるという、いつもと違う形式は新鮮だったのではないでしょうか。ちなみに、後日Kさんからはデスクトップが綺麗になったという報告がありました。良かったですね!

ミツエー大規模案件の歴史

3人目は、事業部長のMさんです。当社に2000年台前半から在籍しているMさんが、今に至るまでのミツエーリンクスの歴史を担当した案件とともに振り返るというドラマチックなLTでした。とある業界の大手企業様のリニューアル案件を担当した際は、ときには6時間にも渡る打ち合わせや遅くまでの作業などもあったそうです。それを乗り越えて案件を成功させたことが転機になり、その業界の他企業様からも少しずつ大きなプロジェクトをご依頼いただけるようになっていったのだといいます。Mさんは最後にまとめとして、積み上げてきた知見をもとに作られたプロセスを守る重要性と新しいことに挑戦する楽しさを語ってくださいました。皆さんの心にも熱く響いたかと思います!

2018年1回目のテックラウンジ、非常にいい刺激になったのではないでしょうか。今年もテックラウンジをよろしくお願いいたします!次回もお楽しみに!