Smart Communication Design Company
ホーム > セミナー > サイトリニューアル時に検討必須!5年後を見据えたWeb基盤とは?

~CMS選定からクラウド活用まで、Web担当者が知っておきたい7つの留意点~サイトリニューアル時に検討必須!5年後を見据えたWeb基盤とは?

近年、管理されずに放置されたWebサイトや関連して導入されたWebサーバー、CMSがITガバナンス上の課題になっています。また、大規模災害やDDoS攻撃が頻発するなか、Webサイトが停止することによってビジネスに与える影響を、いかにして最小限におさえるかも大きな関心事です。

本セミナーでは、「限られた予算、限られたリソース」のなかで企業のWebサイト運営業務を担当あるいはサポートされている皆さまに向けて、商用CMSとパブリッククラウドを活用した、トータルコスト(TCO)最適化とITガバナンス強化を実現するポイントをご紹介します。

受講料 無料(事前申し込み制)
セミナー日時 2016年9月9日(金)15:00~17:00終了
講師
  • 株式会社ミツエーリンクス
    システム本部 第二部 部長
    榛葉 裕幸
  • 株式会社フレームワークスソフトウェア
    代表取締役
    桝室 裕史 氏
場所 株式会社ミツエーリンクス
本社 セミナールーム
会場までの地図
対象となるお客様 次のような課題をお持ちのIT部門、経営企画部門(広報、コーポレートコミュニケーション)、事業部門(マーケティング部門)のWeb担当者
  • CMSを導入してサイト運営業務を効率化・適正化したい
    Webサイトを複数部署、複数ユーザで運用でき、多段階の承認ワークフロー、バージョン管理など、組織的なサイト運営を支援する仕組みがほしい
  • 複数のWebサイトを共通のCMSで一元管理したい
    複数の海外販社サイトを運用しているグローバルサイトや事業部が独自に運営するWeb媒体などを、全社共通で利用できるCMS基盤に移行・統合したい
  • Webサーバーをオンプレミスからクラウドに移行したい
    自社データセンターでオンプレミス運用しているWebサイトをパブリッククラウドに移行し、運用・保守もアウトソースしたい
  • 全社WebサイトのITガバナンスを強化したい・最適化したい
    事業部門や関連会社が独自に運営しているWebサイトが脆弱性を抱えたままメンテナンスにされずに放置されている
  • 全社Webサイトが共通利用できるプラットフォームに移行・統合して、セキュリティレベルを均一化、トータルコストを最適化したい
  • 企業サイト運営に最適なセキュリティ対策を委託したい
    コストメリットのある企業サイトにマッチしたセキュリティ強化策を実現したい
  • 当社と同業の企業、および個人の方のお申し込みはご遠慮ください。
定員 30名様

セミナー講師からのメッセージ

株式会社ミツエーリンクス
システム本部 第二部 部長
榛葉 裕幸

日ごろプリセールス活動を通じて、企業様のサイト運営業務にまつわる課題解決を、CMSやサーバインフラなどテクノロジ面からご支援しています。このセミナーでは、これまで様々なプロジェクトを通じてお聴きした「現場の課題」に即した具体例とともに、私どもが考えるTCO最適化とITガバナンス強化のポイントをお伝えできればと思います。リプレース時のご予算獲得や社内説得のためのヒントになれば幸いです。

株式会社フレームワークスソフトウェア
代表取締役
桝室 裕史 氏

WebReleaseは、弊社自社開発・純国産のエンタープライズ向けCMSです。大手企業や官公庁など600社を超えるお客様に採用されています。最近では「セキュリティ」「配信性能」「維持コスト」などを課題に、他CMSから乗り換えるお客様が増えています。今回は、そうしたリプレース事例をご紹介しながらWebReleaseの特長をご説明させていただきます。CMS選定時のご参考になれば幸いです。

セミナーアジェンダ

  1. はじめに
  2. 企業ウェブサイト運営の課題と、クラウドファースト時代のミツエーリンクスのアプローチ
  3. エンタープライズCMS製品のご紹介
  4. 「MLCエンタープライズクラウド on AWS CMSパッケージ- WebRelease」のご紹介
  5. 質疑応答
  • 上記アジェンダの内容は、一部調整中の内容がございますので、変更する場合があります。ご了承ください。

セミナー背景

あらゆる企業にとってWebサイトは、自社の「顔」であり、かつ自社製品・サービスの重要な顧客接点・販路として、ビジネスの成功に必要不可欠な経営資源となっています。さらに、自社製品・サービスのマーケティング戦略により複数のWeb媒体を所有し使い分ける企業も少なくありません。また、サイト運営業務の効率化・適正化のためにCMSを導入している企業も一般的となりました。

一方で、様々な目的で事業部門や海外販社などによって運営されているWebサイト、関連して導入されたWebサーバーやCMSが公開後に管理されることなく放置され、サイバー攻撃の対象となるなど、ITガバナンス上の課題となっています。また近年、大規模災害やDDoS攻撃の頻発を受けて、機会損失や社会的責任の視点から、Webサイトが停止することによってビジネスに与える影響をいかにして最小限におさえるかも大きな関心事となっています。

本セミナーでは、情報システム部門からの支援を受けることができず現状のサイト運営のあり方に不安や課題をお持ちの業務部門の方や、ITガバナンスの視点からWebサイトの運営、システム運用に課題を感じているCIO、IT部門のリーダー層の方に向けて、パブリッククラウドと商用CMS製品を活用したミツエーリンクスのアプローチについて、これまで様々なプロジェクトを通じてお聴きした現場の課題に即した具体例を交えて解説します。また、国内トップクラスの導入実績を誇るCMS「WebRelease」の製造元であるフレームワークスソフトウェア・桝室様をお迎えし、デモンストレーションや事例を交えて、企業のサイト運営に最適なCMSソリューションをご紹介します。

ご多用とは存じますが、皆様のご参加を心よりお待ちしております。

WebRelease

WebReleaseは、株式会社フレームワークスソフトウェアが開発した国産の企業向け商用 CMS です。企業ウェブサイトの構築・運用に求められる機能をパッケージソフトウェアでご提供します。2000年7月の出荷開始以来、大手メーカーや金融機関、官公庁や大学など、600社を超えるお客様に採用されています。

お問い合わせ窓口

個別相談会、セミナーに関するご質問などは、下記までお問い合わせください。

0120-774-771
受付時間:平日10:00〜16:00
セミナー開催レポート