ローカル・ブランドとは、ナショナル・ブランドが全国展開されたものであるのに対し、極めて限定された地域のみで認知され、構築されているブランドのことです。町の商店街の自家製造の菓子屋、豆腐屋、飲食店などがその例です。近年叫ばれている商店街の復興は、ローカル・ブランドの構築が鍵です。なお、吉野家は元は築地のローカル・ブランドでしたが、1970年代に全国展開し、ナショナル・ブランドとなりました。

参考文献

  • 安部修仁・伊藤元重著『吉野家の経済学』(日経ビジネス人文庫)

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。