アサヒ本生 アクアブルー、ポカリスエット ステビアといったように商品にはいくつものブランドの層が重なっていますが、ブランド階層とはその構造を示すものです。独立(個別)ブランド、企業ブランド、サブブランド、レンジブランドに分けられます。いわば企業内のブランドを整理する棚です。あるブランドを構築できた後、新たなベネフィット、機能をもった商品をどのブランドの層で展開するか選択するためにブランド階層による整理が必要です。

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。