[既存ブランド×既存市場]の場合、すなわち、ブランドも市場も変えない場合は、そのブランドを強化するしかありません。消費者に広く認知され、長期にわたって一定の支持を得ているブランドの変更はリスクを伴います。企業内の人的、物理的資源や流通チャネルが特定の市場においてのみ有効に活用される場合、市場を移ることは経済的にも労力的にもコストが多大になり、ロスが大きく出る恐れがあります。いったん構築され長期にわたり市場で支持を得てきたブランドも消費者に飽きられ、活力を失い、徐々に弱化することが少なからずあります。こうした場合、ブランド強化戦略を行います。ブランド強化には4Pの基本からの見直し、立て直しが必要です。

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。