ブランド連想とは、ブランドに関する記憶をはじめ、イメージなどそのブランドに関するすべての思いです。親が誕生日に買ってくれたといったパーソナルなものもあります。豊かでポジティブなブランド連想をいかに多く、強く、顧客に持たせられるかが企業にとってブランド資産を高めるポイントです。

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。