ブランドの再活性化とは、衰退しかけたブランドに活力を与えることです。

  1. ブランド・エクイティの源泉を再確認し、確立する
  2. 消費者がそのブランドを使用する回数が増えるようにする

ことによって行います。1.はブランド・アイデンティティを見つめ直し、なぜそのブランドが消費者に支持されたのか、今はどうなのかを状況の変化とともに再検証することです。2.の例としてはカルピスウォーターがあります。希釈飲料のままでは家庭でしか飲めないため衰退していきましたが、水で薄めて缶、ペットボトルに入れることでどこでも飲めるようになり、再活性化されました。

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。