再生効果とは、想起機能の一局面です。清涼飲料→コカ・コーラ、携帯できる朝食→カロリーメイトというように製品カテゴリーを示された時に思い浮かべる場合、ブランドが再生の効果を果たしています。

参考文献

  • 『製品・ブランド戦略』栗木契著、青木幸弘・恩蔵直人編(有斐閣)

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。