移転可能性とは、ブランド要素の選択条件のひとつです。これは製品カテゴリー間の移転と地理的な移転の可能性という二つの側面をもちます。例えば、植物物語は当初石けんからスタートし、シャンプーなどにも移転し、レンジブランドとなりました。また、コカ・コーラはグローバルに展開されています。

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。