間接性とは、ブランドの特殊性のひとつです。ブランドはその価値を認める顧客が存在して初めて企業にとっての価値が生じ、資産となります。企業が直接ブランドの価値や資産を増減することはできません。顧客に働きかけ、顧客に認めてもらうという間接的な方法をとらなくてはなりません。このことを間接性と呼びます。

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。