消費者にとって商品・サービスの機能、品質は当然重要ですが、使用経験、使用した場・状況とともに記憶されます。商品が独立してあるのではなく、消費者の生活世界の中での文脈としてとらえられます。ブランドは文脈を形成するための器です。企業としては、消費者の生活時空間の中で意味、価値を築くために消費者との間に物語を作るように文脈を通じ合わせなくてはなりません。

参考文献

  • 『文脈創造のマーケティング』青木貞茂(日本経済新聞社)
  • 『ブランド戦略シナリオ』阿久津聡・石田茂(ダイヤモンド社)

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。