自己宣言とは、マネジメントシステム規格への適合を組織自らが確認し、内外に対して公表する行為を指します。マネジメントシステムの適合の確認方法には大きく分けて、この「自己宣言」と審査を受けて第三者に適合性の確認を依頼する「審査」とがあります。「自己宣言」は、組織自身が選択する場合と、規格が自己宣言を前提とした場合に分かれます。最近では、審査工数と費用の削減などのメリットから自己宣言を検討し始める動きもあります。

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。