秘密保持とは、ISO10002:2004(苦情対応マネジメントシステムのISO規格)で定義されている、苦情対応の9つの基本原則のひとつです。苦情申出者個人を特定できる情報は、組織内での苦情対応の目的に限り、必要なところで利用可能とすることが望まれます。また、顧客または苦情申出者がその公開について明確に同意していない限り、この情報を公開しないように積極的に保護することが望まれます。

参考文献

  • 『ISO10002:2004規格』

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。