JIS Q 2001とは、企業活動を行う上でのリスクをコントロールするための規格で2001年度3月に「リスクマネジメントシステム構築の為の指針」として制定されました。組織内のリスクを発見、評価、低減を行う目的で作成されています。自然災害、ヒューマンエラー、経済事故など組織にとってマイナスの影響を与えうるものを、PDCAサイクルでのリスクの低減活動及び顕在化した場合の緊急対応に関して定義されています。

参考文献

  • JIS Q 2001
  • TR Q 0008

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。