日本情報処理開発協会のISMS認証基準Ver.2.0の定義によると、情報の可用性とは、「認可された利用者が、必要なときに、情報及び関連する資産にアクセスできることを確実にすること」です。言い換えれば、情報の紛失・破損やシステムの停止などから保護するということです。

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。