利用制限の原則とは、1980年9月にOECD(経済協力開発機構)の理事会で採択された「プライバシー保護と個人データの国際流通についてのガイドラインに関する勧告」の中に記述されている8原則の中の一つで、内容は次の通りです。個人データは、目的明確化の原則により明確化された目的以外の目的のために開示・利用その他の使用に供されるべきではないが、次の場合はこの限りではありません。

  1. データ主体の同意がある場合
  2. 法律の規定による場合

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。