適用宣言書とは、ISMS認証基準(Ver.2.0)において「組織のリスクアセスメント及びリスク対応プロセスの結果及び結論に基づき、組織のISMSに適切で当てはまる管理目的及び管理策を記述した文書。」と定義されています。ISMSで必要とされる文書のひとつで、規格の付属書「詳細管理策」の各項目について、適用の有無と適用する(またはしない)理由を記述します。また、組織で必要と判断した管理策が、詳細管理策の項目になかった場合は、項目を追加しその内容と理由について記述します。

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。